RingioのZoho CRM連携

RingioのZoho CRM連携

Ringio連携の設定

Ringio電話連携プロバイダーは、Ringio環境内で一連の設定を行うオプションを提供します。Zoho CRMで必要な操作は、連携を設定するための認証と、ビジネス用に購入したさまざまな電話番号の追加だけです。Zoho CRMでは、次の2つの手順を実行してください。

  1. Ringioの認証
  2. 着信通話と発信通話へのRingio番号の追加

ステップ1:Ringioの認証

Ringioを認証するには

  1. [設定] > [チャネル] > [電話連携]に移動してください。
  2. [Zoho電話連携]ページで、電話連携プロバイダーとして[Ringio]を選択してください。
  3. Ringioからの認証トークンを指定してください。
  4. [認証]をクリックしてください。
    Ringioアカウントが認証されます。

注:

  • 認証トークンが再生成された場合は、Ringioを再認証できます。[Ringioの設定]ページで、[Ringioの再認証リンクをクリックしてください。

ステップ2:Ringio番号とZoho CRMユーザーの関連付け

Ringio電話番号をZoho CRMユーザーに関連付けるには

  1. [設定] > [チャネル] > [電話連携]に移動してください。
  2. [Ringioの設定]ページで、[電話番号の追加]をクリックしてください。
  3. Ringioから購入した電話番号を入力してください。電話番号だけでなく国コードも入力する必要があります。次に、[ユーザーの関連付け]をクリックしてください。
  4. ドロップダウンリストからCTIエージェント名/内線番号を選択してください。
    このリストには、番号の設定に使用される名前が含まれます。内線番号、個人名、またはその他のカスタマイズされた値のいずれかです。
  5. 前のステップで選択した値をドロップダウンリストからZoho CRMユーザーに関連付けてください。
  6. 着信通話と発信通話の権限を付与する場合は、それぞれ[着信][発信]のチェックボックスをオンにしてください。
  7. [追加]アイコンをクリックしてさらにユーザーを電話番号に関連付けます。
    この関連付けに基づいて、着信通話がユーザーに転送され、発信通話できるようになります。
  8. [保存]をクリックしてください。

注:

  • [着信]タブでは詳細は電話番号に基づいて表示されますが、[発信]タブでは詳細はユーザーの名前に基づいて表示されます。
  • 既存の番号を編集し、CTIエージェント名/内線番号にユーザーをさらに関連付ける場合は、ステップ2で説明したのと同じ電話番号を再度追加する必要があります。

電話番号の編集または削除

電話番号を削除するには

  1. [設定] > [チャネル] > [電話連携]に移動してください。
  2. [Ringioの設定]ページに、追加された電話番号が表示されます。
  3. [着信]または[発信]タブをクリックしてください。
  4. 電話番号にマウスポインターを移動し、いずれかのリンクをクリックしてください。
    • 編集 - 電話番号と、その番号に関連付けられているユーザーを編集できます。
    • 削除 - 電話番号がリストから削除されます。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohocrm.com