CRMヘルプ

Android用ネイティブアプリの使用

CRMホーム画面の整理

Android用Zoho CRMのホーム画面には、その週の活動が表示されます。その表示に基づき、その日の作業に優先順位を付けることができます。また、完了した活動にチェックを付けたり、ホーム画面から新しい活動を追加したりすることもできます。

曜日を切り替えると、選択した日のタスク/予定/通話を表示できます。予定/タスク/通話の追加(+)アイコンをクリックして、それぞれ新しい活動を追加してください。

完了した予定/タスク/通話をグループ化して、活動を保留リストと完了リストに分類してください。予定/通話/タスクを選択すると、完了にマークされます。

フィードを使用したコラボレーション

Android用Zoho CRMのフィードでは、同僚とコラボレーションしたり、組織における自分や同僚の活動を追跡したりできます。また、ステータス更新の投稿と表示、コメントの追加、ファイルの添付、フィード更新のタブ別抽出を実行できます。

フィード更新を作成/表示するには

  • Zoho CRM Androidアプリで、[フィード]に移動してください。
  • [追加]アイコンをタップして、ステータス更新を作成してください。
  • 同僚によるデータ更新にコメントしてください。
  • [フィルター]アイコンをクリックすると、選択したタブの更新が表示されます。

    [ステータス]をタップすると、ステータス更新のみを抽出できます。

データの作成

Android端末から、サポートされるタブでデータを作成できます。見込み客と連絡先の追加時に使用できる2種類のオプション:新規データの作成とアドレス帳からのインポート。

新規データを作成するには

  1. タブ([見込み客]、[取引先]、[連絡先]など)に移動してください。
  2. 大きな[データの追加]アイコンをタップしてください。

    見込み客と連絡先の場合、[新規見込み客/連絡先][アドレス帳からインポート]のいずれかを選択できます。
  3. [[データ]の追加]画面で、詳細を指定してください。
  4. [OK]アイコンをタップしてください。

見込み客の変換

見込み客ステータスが特定のステージに達すると(交渉を進める可能性がある場合)、商談として認定されます。その後、見込み客を取引先、連絡先、商談に変換できます。

見込み客を変換するには

  1. [見込み客]タブをタップしてください。
    選択したビューの見込み客がすべて表示されます。
  2. 変換するデータをタップしてください。
  3. [変換]アイコンをタップしてください。
  4. [見込み客の変換]画面で、必要な詳細を指定して[OK]アイコンをタップしてください。
    見込み客が変換され、[変換された見込み客]のビューで使用できるようになります。

データの編集

データを編集するには

  1. タブ([見込み客]、[取引先]、[連絡先]など)に移動してください。
  2. 編集するデータをタップしてください。
  3. [編集]アイコンをタップしてください。
  4. [[データ]の編集]ページで、データの詳細を変更してください。
  5. [OK]をタップしてください。

データの削除

時にはデータを整理するために、Zoho CRMから不要なデータを一部削除しなければならないこともあります。Zoho CRMアプリ(Androidバージョン)のサポートされるタブからデータを削除できます。

データを削除するには

  1. タブ([見込み客]、[取引先]、[連絡先]など)に移動してください。
  2. 削除するデータをタップしてください。
  3. [詳細オプション]アイコンをタップして、[削除]をタップしてください。
  4. [はい]をタップして削除を確認してください。データが削除されます。

ビューの変更

ビューを変更することで、指定した条件に基づき必要なデータを抽出できます。各タブで、事前定義済みビューとユーザーが作成したビューが表示されます。

ビューを変更するには

  1. 任意のタブに移動してください。
    事前に選択されたビューに基づき、データが表示されます。
  2. [ビュー]をタップして、タブをビューにしてください。
  3. 表示されたビューから、要件に一致するものを選択してください。

注:

  • Webバージョンで使用できるビューのみが表示されます。
  • Zoho CRMモバイルアプリで新しいビューは作成できません。

メールの送信

メールを送信するには

  1. [見込み客]、[連絡先]、[問い合わせ]タブ(または他のカスタムタブ)のいずれかに移動してください。
    メールアドレスが使用できる場合、連絡先へのメール送信オプションがあります。
  2. メール送信先のデータをタップしてください。
  3. [データ情報]ページで、[メール]アイコンをタップしてください。
  4. メールの送信に使用するアプリケーションを選択してください。
  5. メールを作成して送信してください。

注:

  • 現在、[メール]タブでモバイルCRMアプリはサポートされていません。

Android端末でのメールマグネットの使用

Zoho CRMアカウントにZoho Mailアドオンを設定すると、受信トレイに見込み客や連絡先に関連付けられた顧客からの重要なメールが送信されるようになります。顧客からのメールには適切なタイミングで返信することが重要であり、そのためにはメール通知が不可欠です。メールマグネットは、その役割を果たします。

移動中の外回り営業担当者にとって、メールマグネットはすぐに通知を受信するための非常に便利な機能であり、これにより見込み客や連絡先からの重要なメールにすぐに気付くことができます。メールマグネットは、受信トレイをインテリジェントにスキャンし、CRM上の潜在顧客や顧客からのメールを通知します。

メールマグネットを使用するには、Zoho Mailアドオン機能を有効にし、POP3設定経由でZoho CRM内にメールアカウントを設定してください。関連項目:Zoho Mailアドオン

注:

  • 見込み客や連絡先からメールを受信すると、メールマグネットに表示されます。メールマグネットに送信メールは表示されません。
  • ユーザーがメール受信者の場合(メールの宛先またはCC項目にメールアドレスがある場合)に限り、メールマグネットでメールを受信します。
  • グループメール(info@zillum.com、sales@zillum.comなど)もメールマグネットには表示されません。
  • メールマグネットは、3分ごとにメールを取得します。
  • メールマグネットには、100件までのメールが表示されます。

メールへの返信

メールに返信するには

  1. Zoho CRMアプリの[メッセージ]オプションをタップしてください。
    見込み客と連絡先から受信したメールのリストが表示されます。
  2. メールをタップして開きます。
  3. [返信]アイコンをタップし、メールを作成してください。
    必要に応じて、[全員に返信]アイコンも使用できます。
  4. [送信]をタップしてください。
    メール送信時に、次に行うタスクやメモを関連付けるかどうかを選択できます。

次に行うタスク/メモの追加

次に行うタスク/メモを追加するには

  1. Zoho CRMアプリの[メッセージ]オプションをタップしてください。
    見込み客と連絡先から受信したメールのリストが表示されます。
  2. メールをタップして開きます。
  3. [詳細]アイコンをタップしてください。

    必要に応じて、[タスク]か[メモ]を選択してください。
  4. [タスクの追加]画面で、タスクの詳細を指定して[保存]をタップしてください。

    メモを選択した場合、メモを入力して保存してください。

CRMアプリでのブループリントの実行

Zoho CRM Webアカウントで設定したブループリントは、モバイルアプリで実行できます。商談のために顧客を訪問し、商談が[認定]から[交渉]のステージに進んだとします。この場合、アプリを使用してその場でステージを更新できます。すべての商談にプロセスが設定されている場合、アプリケーションで必要なブループリントの移行を実行し、プロセスの次の段階に進めます。

たとえば、[交渉]という移行を設定したとします。次の段階に進むには、これを完了しなければなりません。[交渉]の段階では、営業担当者は承認可能な割引を入力し、メモとして交渉の詳細を入力してください。これらの要件は、[交渉]の段階を実行することで、モバイルアプリ上で適切に満たすことができます。

関連項目:ブループリントの作成

CRMアプリでブループリントを実行するには

  1. ブループリントを実行するタブをタップしてください。たとえば、[商談]です。
  2. 該当するデータをタップしてください。
    [現在の段階]と、次の段階に進むために実行が必要な移行を示す[ブループリントストリップ]が表示されます。
  3. 必要な[移行]をクリックし、指示に従って必要条件を完了してください。たとえば[交渉]です。
    入力した値が承認されない場合、ブループリントで設定されている関連エラーメッセージが表示されます。

    このようにして、CRMが営業プロセスを誘導し、検証します。
  4. 適切な値を入力したら、[保存]をクリックしてください。
    データは、プロセスの次の段階に進みます。
    同様に、プロセスが完了するまで次の移行を実行してください。

クイックメモ

段階:ブループリントでは、プロセスの各ステージを「段階」と呼びます。たとえば営業パイプラインの商談は、認定、要分析、交渉などのステージを経て、成立/不成立に至ります。これらの各ステージを「段階」と呼びます。

移行:移行は、プロセスにおける段階の変化を指します。データが、ある段階から別の段階に移行するために必要な条件セットを設定しています。

  • ブループリントは、(V3.2.16)以降のAndroid用Zoho CRMで使用できます。
  • ブループリントは、(V3.2.9)以降のiOS用Zoho CRMで使用できます。

写真のアップロード

見込み客や連絡先の画像は、写真を撮影するか、Android端末にある既存の写真を使用してアップロードできます。

写真をアップロードするには

  1. [見込み客]または[連絡先]タブに移動してください。
  2. 写真をアップロードするデータをタップしてください。
  3. [データ情報]ページで、[詳細]アイコンをタップしてください。
  4. [写真のアップロード]をタップしてください。
  5. [写真の撮影]または[ギャラリー]をタップしてアップロードしてください。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohocrm.com