セキュリティとプライバシー

Zoho Assistは、すっきりとしたユーザーインターフェイスを備えたWebベースのソリューションを提供します。2段階認証とSSL証明書を利用し、主要なすべてのウイルス対策ソフトウェアとの互換性を備えているため、セキュリティに関する懸念はありません。顧客がプロキシーやファイアウォールの設定を変更するまで待つことなく、数秒でセッションを開始できます。

無料登録

Two-factor authentication

多要素認証

追加の検証プロセスでセキュリティレベルを高めることで、アカウントを保護しましょう。SMSやタイムベースOTPを認証の二次要素として使用して、インターネット詐欺からアカウントを保護できます。

Action Log Viewerで組織をモニタリング

Action Log Viewerは、監査目的や管理目的で、組織内で実行されたアクティビティの追跡に役立ちます。 

Action Log viewer
Firewall friendly

ファイアウォールに対応

リモート接続を確立し、すぐに無人アクセス用にコンピューターを設定できます。その間はずっと、顧客のプロキシーやファイアウォールの設定において、インターネットセキュリティを侵害する例外やポートを心配する必要はありません。

SSLと256ビットAES暗号化によりセキュリティを確保

Zoho Assistでセッション中に行われるデータ交換は、業界標準のSSLと256ビットAESプロトコル経由で行われます。セッションは、共有データに対する侵入や改ざんから安全に保護されています。

SSL encryption
Antivirus Compatible

ウイルス対策との互換性

手間をかけずトラブルシューティングするためには、リモートサポートソフトウェアとリモートアクセスソフトウェアがウイルス対策ソフトウェアとの互換性を備えている必要があります。Zoho Assistは、主要なウイルス対策ソフトウェアすべてと円滑に連携します。

非アクティブセッションタイムアウトによりセッションのセキュリティを確保

開いたままのアイドルセッションについてサポート担当者と顧客が心配する必要はありません。非アクティブセッションのタイムアウト設定により、事前定義された期間を超えてアイドル状態が持続すると、セッションが自動的に終了されます。

Inactive session timeout
Data annonymization

データを匿名化し、プライバシーを保護

インターネットプライバシーで重要なのは、機密性の高い個人情報の保護です。データの匿名化により、情報をいつでも匿名化できるため、技術者のIPアドレス、顧客のメールアドレス、顧客のIPアドレスといった個人を特定できる情報(PII)が保護されます。 

同意に基づくアクセスを、セッション確認プロンプトで

セッションの確認では、無人アクセスセッションを開始しようとしている技術者に対して顧客に同意してもらうことができます。カスタマイズし、独自のタイムアウト制限と確認メッセージの設定もできます。

Session Confirmation
  • GDPRコンプライアンス

    Zohoはプライバシー意識の高い文化で遅れをとりません。GDPRは1年前から当社のポリシーとなっています。

    詳細はこちら
  • セキュリティ

    Zoho Assistを安心してご利用いただくために、Zohoの操作、ポリシー、技術はすべての面でデータの安全性を常に保証します。

    詳細はこちら

かんたんにトラブルシューティング。慌てたり、混乱する必要はありません

無料登録