タイムシート

タイムシートを使用すれば、請求可能な時間と請求不可の時間を追跡し、時間記録を承認し、作業項目に必要な時間を予測できるため、各スプリントの予測精度が向上します。

タイムログの追跡

タイムシートを使用して、スプリントの各チームメンバーのタイムログを追跡し、表を作成します。

グローバルタイマー

作業項目を選択し、Sprint内の任意のポイントからタイマーを開始します。タイマーは一時停止や停止が可能で、当日の作業の内訳を確認することもできます。

作業項目の選択

ユーザーは、自分に割り当てられた作業項目を選択し、各項目に費やした時間を入力できます。

ワンクリック承認

製品責任者とスクラムマスターのワンクリック承認により、手間を省いてプロセスを可視化できます。

請求可能な時間と請求不可の時間を区別

進行中や完了したスプリントの時間記録は、完全に請求可能と請求不可に分類されているため、かんたんに請求できます。