データのインポート

Zoho Reportsは、他サービスのデータを簡単にインポート・同期し、レポートを作成できます。 ファイルはもちろん、フィード、クラウドストレージのサービス、データベース(ローカル・クラウド両方)、NoSQL、独自のアプリケーションなどさまざまな経路からデータを取り込めます。
データ連携機能の詳細はこちら

下記画像は、ローカルからCSVファイルをインポートする際の画面です。

作成するデータベースの名前を入力し、必要に応じて説明を記載できます。ローカルから直接ファイルを選択する方法と[データの貼り付け]のメニューからデータをコピー&ペーストする方法でもデータをインポートできます。また、WebサイトやURLから直接データをインポートすることも可能です。

データインポート方法の詳細は、ヘルプをご参照ください。デモ動画を見る

インポートの設定

データはテーブルと呼ばれる場所に保存されます。Zoho Reportsにデータをインポートする際に、取り込み先のテーブル名を選択できます。

必要に応じて、最初の行を列名として指定したり、日時の値の形式を設定したりできます(標準で自動判別し、必要に応じて変更できます)。

CSVインポート時には、区切り文字やコメントの文字を設定したり、最初の任意の行数をスキップしたりできます。

Zoho Reportsは、インポートされたファイルの最初の行の値を自動的に取得し、一覧(この場合は日付、地域、商品カテゴリ、商品など)で表示します。 また、ファイルの最初の4行がプレビューとして表示されます。

処理の完了後、Zoho Reportsにインポートされたデータの概要が表示されます。

 

 

 

表計算シートの形式でインポートされたデータが表示されます。

 

 

様々な形式のデータに対応

ファイル形式はもちろん、フィード、データベース、クラウドストレージサービス、オンライン/オフラインアプリケーションなどに散在しているさまざまなデータをZohoレポートに同期し、レポートを作成できます。データの同期は、スケジュールを指定して自動的に実行することも可能です詳細はこちら

 

 

Zoho Reportsに関する詳しいご質問・お問い合わせ