グラフの作成

新規作成->新規グラフをクリックし、データ元のテーブルを選択して表示項目を選択すれば、すぐにグラフを作成できます。動画を観る

ドラッグ&ドロップ操作でグラフを作成

左側に表示された列からドラッグし、右側にドロップすると、表示項目として追加されます。 動画を見る

複数のY軸の指定

複数のY軸を持つグラフを作成できます。下図は、Y軸に売上、費用、純利益を指定した例です。

フィルター

フィルターを用いてデータを抽出できます。

下図は、2015年のデータのみを表示した費用対利益レポートのグラフの例です。詳細はこちら(英語)

動的フィルター

作成したレポート上で動的に範囲を指定できるフィルターを追加できます(ユーザーフィルター機能)。
ユーザーフィルター機能を利用すると、レポートにアクセスしたユーザーが自由にフィルターを適用できます。詳細はこちら(英語)

データの詳細の表示(ドリルダウン)

グラフの中をクリックすると、対応するデータの詳細を表示できます(ドリルダウン機能)。これにより、レポートの詳細を同じウィンドウですぐに確認できます。詳細はこちら(英語)

豊富なグラフの種類

様々な種類の中から、データに応じて最適なグラフを選択できます。

グラフの種類の例:折れ線、棒、積み上げ棒、面、積み上げ面、円、散布図、複合グラフなどから、自由に選べます。

Zoho Reportsについて、ご質問、ご不明な点などがございましたら、