新機能

2021

5月

Zoho Recruitで営業時間を記録

さまざまなタイムゾーンのさまざまな地域で事業を運営する組織では、スケジューリングが課題となる可能性があります。より良いコラボレーションを構築するには、お客さまの側が自らの営業時間を明示できる必要があります。ミーティングや面接のスケジュールを設定する際には、営業時間を明確に定義することで、プロセス全体をよりスムーズに進めることができます。

詳細はこちら

Zoho Recruitでのカレンダー予約について

カレンダー予約機能は、相手がアポイントメントをかんたんに取りつけられるよう、自分の空き状況を表示したい場合に便利な機能です。予約リンクをメールで直接候補者と共有したり、Webサイトに埋め込んだりできます。

詳細はこちら

4月

Zoho Recruitのカスタムポータルのご紹介

Recruitのカスタムポータルは、管理者の手でZoho Recruitのアクセスをクライアントや連絡先、候補者に拡張できるよう設計されています。ポータルユーザーは、アカウントに存在する求人、候補者、面接などに関するタブやその関連データにアクセスできます。

詳細はこちら

承認プロセスをより速く、適切かつスマートに

まったく新たな承認ルートマップを使用して、求人ごとの承認プロセスを管理できます。Zoho Recruitのルートマップで承認プロセスの停滞を防ぎ、プロセスに関与するユーザーの意欲を高めましょう。

詳細はこちら

3月

分析タブの導入

採用分析はデータ分析と予測分析を組み合わせたものであり、採用をより迅速にするためにリアルタイムの情報を提供します。分析タブにより、採用データの分析、洞察に満ちたレポートの作成、データに基づく優れた意思決定などを行うことができます。

詳細はこちら

Zoho RecruitのApply with SEEKの導入

Zoho RecruitのSEEK連携により、貴社のキャリアサイトとSEEKの求人掲示板でApply with SEEKが利用可能になりました。Apply with Seekは、Zoho Recruitがホストするフォームに、候補者の応募内容の一部を事前入力したり、保存済みの履歴書を添付したりなど、候補者体験の向上に寄与します。

詳細はこちら

2月

Zoho Recruitはアラビア語を含む27か国語をサポート

Zohoでは、Zoho Recruitがソフトウェアとして、できる限り包括的な製品となるよう懸命な取り組みを続けています。これが今回、Zoho Recruitでのアラビア語サポートをリリースした理由です。言語やタイムゾーンの設定、テンプレートやタブの作成、候補者データの管理、メールの送信など、すべてアラビア語で行えるようになります。

2020

12月

求人応募の自動化と深いつながりの構築

採用においては、すべては会話から始まります。候補者とのコミュニケーションの仕方によっては、相手に大きな影響を及ぼす場合もあります。ここでチャットボットのご紹介です。Zoho Recruitのチャットボットなら、人材プールを受動的に拡大し、キャリアサイトから候補者が適切な求人を見つけ出せるようサポートできます。 

詳細はこちら

独自の人材ネットワークを構築

Zoho Recruitは新たに、SkillSurvey Referenceと提携しました。これにより、候補者のリファレンスチェックを迅速に実施し、候補者の離職率を低減させると同時に、パフォーマンスの向上を図るのに必要な洞察を取得できます。

詳細はこちら

10月

Zoho Recruitの面接の記録機能について

予定外の面接や自発的な面接でも、候補者の反応を記録できるようになります。面接の記録機能により、面接の背景や内容に関する詳細な概要を保持できます。こと面接に関しては、どんな詳細も見逃すわけにはいきません。 

9月

Zoho RecruitのHackerEarth連携について

Zoho RecruitとHackerEarthとのパートナーシップについてご紹介します。HackerEarthによる一連の評価製品を使用することで、採用に伴う時間と労力を節減し、組織に最適な開発者のみを確実に採用できるようになります。

詳細はこちら

面接通知の管理

面接通知を手動で管理することに疲れませんか?Zoho RecruitのRSVPを使用することで、候補者や面接官に面接通知を効率的に送信し、状況を管理できます。 

Enhancement

フィードバックやコメントの適切な管理

候補者と求人の関連付け、面接に関するフィードバックの送信など、アクションの実行中にコメントを提供すると、そのコメントがアクション名をメモのタイトルとして、プロセスに関連するレコードのメモセクションに追加されるようになります。

詳細はこちら
Enhancement

Zoho Recruitの候補者レビューフォームの一新について

Zoho Recruitのまったく新たな候補者レビューフォームを使用することで、送信された候補者プロフィールをクライアントがかんたんかつ効率的にレビューできます。その方法をご紹介します。 

詳細はこちら

Zoho RecruitとCentral Testとのパートナーシップ

この最新のパートナーシップにより、採用担当者はかんたんに採用前の評価を候補者に送信し、Zoho Recruitから直接ステータスレポートを取得できるようになります。

詳細はこちら

Zoho Recruitでのリモートジョブの求人について

リモートジョブに特化した求人を広告に出したり、投稿したりできます。「リモート」ジョブに採用される候補者は、自宅や個人オフィスから柔軟に業務を行うことができます。

詳細はこちら

8月

Zoho RecruitとHireRightとのパートナーシップ

今回の新たなパートナーシップにより、採用担当者は候補者の身元調査をHireRightを通じてシームレスに実施し、Zoho Recruitで直接レポートを取得できるようになります。

詳細はこちら

6月

Enhancement

求人ごとに一意の解析用メールボックスをご用意

求人メールボックス機能により、システムを通じて求人ごとに一意の受信トレイが作成されます。履歴書が自動的にこの受信トレイに転送され、解析された後、求人と関連付けられます。

詳細はこちら

HireSelectによる候補者の評価

HireSelectのPro Criteria Corpアカウントをお持ちであれば、Zoho Recruitと連携させることで、採用チームのメンバーがZoho Recruitから直接、評価を送信できるようになります。Zoho Recruitから離れることなく、テストを選択して送信したり、結果を確認したりできます。候補者プロフィールからさまざまな作業を行えます。

詳細はこちら
Enhancement

カスタムホームタブでデータをより適切に監視・分析

役割ベースのユーザー向けダッシュボードを構築できます。このダッシュボードにより、ユーザーは採用プロセスの重要な部分を完全に把握できます。Zoho Recruitのホームタブのカスタマイズ機能を使用して、データを視覚的にレイアウトしたり、実用的な洞察をユーザーに提供したりできます。

詳細はこちら

5月

Enhancement

新たなキャリアサイトのご紹介

本日、最も野心的なプロジェクトの1つ、新たに強化されたキャリアサイトの立ち上げについて発表いたします。今回の更新により、採用担当者の皆さんは先頭に立って、優れた人材の発掘とオンボーディングを成功へと導くことができるようになります。

詳細はこちら

4月

Zoho Recruit用Gmailアドオンの発表

採用担当者の仕事に、メールは絶対に欠かせません。メールをチェックすることから、毎日の仕事が始まるはずです。今回の更新により、Gmailインターフェイスから直接、候補者や連絡先を取り込むことができるようになります。


 

詳細はこちら

Zoho RecruitによるSpark Hire連携

Zoho Recruitから候補者を一方向のビデオ面接やライブビデオ面接に招待し、面接の完了を確認できます。Spark Hire連携により、自動生成されるリンクを介して面接をかんたんに共有できます。ぜひ面接プロセスを強化してください。

詳細はこちら

Zoho Recruit用Outlookプラグインの強化について

Zoho Recruit用Outlookプラグインに、これまでで最大の更新を行いました。新たに強化されたOutlookプラグインにより、受信トレイから離れることなく、添付ファイルを解析して、候補者や連絡先を追加したり、求人を関連付けたり、メモを追加したり、ToDoを作成したりできます。

詳細はこちら
Enhancement

クライアントとの共有 - クライアントポータルの更新

Zoho Recruitで、データベース内の任意のクライアントと候補者を共有できるようになります。迅速な対応が必要な場合は、便利な通知をクライアントに送信できます。クライアントへは、クライアントポータルから自動的に通知が送信されます。 

詳細はこちら

Zoho RecruitのVonage連携

Zoho Recruit用Vonage拡張機能により、候補者や連絡先にZoho Recruitから、SMSや音声メッセージを送信できます。SMSや音声メッセージを介して候補者と接触することで、より的を絞った、パーソナライズされた採用プロセスを進めることができます。

3月

Enhancement

ポータル管理をかんたんに

ポータル体験の強化により、ユーザーと外部ユーザーとのコミュニケーションの改善が図られました。クライアントやベンダーを含む、すべてのポータルユーザーを一元管理できます。今回の更新により、ポータルユーザーを招待し、アクセス権限を付与することで、作業を迅速に進めることができます。

Enhancement

候補者と連絡先の一括変換の導入

候補者や連絡先を1つずつ変換していくのはたいへんな作業です。ボタンをクリックするだけで、候補者を連絡先に、またはその逆に一括変換できるようになります。

詳細はこちら

レイアウトルールでダイナミックなレイアウトを構成

Zoho Recruitのレイアウトルールを使用して、特定の項目値に基づいて動的に変化するレイアウトを構成できます(特定の項目に入力した値によって、その他項目の必要性が決定されます)。

詳細はこちら

2月

Zoho Recruit用の拡張機能を構築

Zoho RecruitのDeveloperコンソールなら、ドラッグアンドドロップツールを使用して、エンタープライズレベルのアプリケーションを短時間で構築できます。サンドボックスでRecruitアカウントを試し、実装の堅牢性、採用に特化したモバイルアプリやWebアプリ、ホワイトラベルの部門別ATSやATS拡張機能などをテストできます。

詳細はこちら
Enhancement

Zoho Recruitがマルチコールをサポート

マルチコールポップアップ機能の強化により、候補者やクライアントとの通話中も、次の着信が保留状態であることが画面下部で確認できます。Zoho Recruitでは、最大5件の通話を同時に保留できます。

1月

Zoho RecruitのJobma連携を発表

従来を上回る効果的な面接プロセスを実行できます。Zoho RecruitのJobma連携により、ビデオ面接のスケジューリングや開催、候補者に関するフィードバックの共有、タグの割り当て、候補者の面接ステータスの段階ごとの管理などを行えます。 

詳細はこちら

Zoho Recruitのサンドボックスの導入

組織が成長するに伴って、採用プロセスもより複雑なものとなります。したがって、プロセスに生じた小さなミスが、連鎖反応の引き金となる恐れがあります。こうした問題に対処するため、Zoho Recruitではテスト環境としてサンドボックスを用意しました。サンドボックスでZoho Recruitの各種設定をテストした上で、本番環境に移行できます。このように、実際の作業システムへの移行前に、問題を特定し、これを修正できますので、より安全な環境下で確実な設定変更を行えます。

詳細はこちら

2019

11月

採用をより協調的に

採用プロセスにおいて、コラボレーションは欠かせません。Slackはそのことを理解しています。Slack for Zoho Recruitの拡張機能を使用することで、Slackチャネルで候補者に関する詳細やレポートなど重要な情報をチームと共有したり、イベントリマインダーを作成したり、ワークフロー通知を設定したりできます。

詳細はこちら

多様な人材の確保に向けた大きな一歩

雇用機会均等法(EEO)が制定され、雇用機会均等委員会(EEOC)が設立された目的は、差別や不平等な雇用慣行の問題に具体的に対処することにあります。雇用機会均等法を推進することで組織は、より多様な人材を引き付け、労働者の生産性の向上を図り、健康かつ幸福な職場文化を推進できます。

詳細はこちら

9月

求人をGoogle検索結果のトップに

Googleの検索エンジンの力で、求人情報の可視性と到達度を最大限に高めることができます。勤務地や役職など、応募者はさまざまな基準で求人情報を絞り込むことができますので、求職活動もGoogle検索同様かんたんになります。 

詳細はこちら

8月

優れた方法で一時的な雇用ニーズを管理

朗報です!Zoho RecruitにZoho Workerly連携が加わりました。これにより、Zoho Recruitの臨時採用候補者をZoho Workerlyの派遣社員として変換し、重複のない派遣社員のスケジュールを設定できます。
派遣社員の力を十分に活用しましょう。 

詳細はこちら

7月

Ziaのサポートで候補者データベースを最新状態に維持

古くなった情報は、情報として信用できません。Ziaによるデータのエンリッチ化機能を使用することで、候補者とその絶え間なく変化する履歴書に関する最新情報を維持できます。レコード情報の更新もワンクリックです。

詳細はこちら

6月

包括的な面接ツールキット

候補者の基本情報、添付の履歴書、事前審査による評価の詳細、面接の詳細、面接担当者とそのフィードバックなどの面接ツールにワンクリックでアクセスできます。面接ツールキットには、面接ごとに詳細なダッシュボードが個別に用意されます。

OutlookデータをZoho Recruitと同期する 

Zoho RecruitとOffice 365との間でデータをシームレスに同期し、カレンダーと連絡先をより適切に管理できます。双方向の同期なので、上記のアプリのいずれかに情報が追加されると、もう一方のアプリにも反映されます。面接のスケジュール設定もかんたんで、同期状態が維持されるので、イベントを見逃すこともありません。

詳細はこちら
Major

Developerコンソールでアプリケーションを構築

Zoho RecruitのDeveloperコンソールは、開発者向けの無料クラウドプラットフォームです。すぐに導入できるクラウドアプリケーションをZoho Recruitのプラットフォーム上で構築できます。Recruitでは、従来のクラウドプラットフォームと異なり、かんたんに使用できるドラッグアンドドロップツールを使用して、エンタープライズレベルのアプリケーションを短時間で構築できます。

 

詳細はこちら
Enhancement

クライアントからの承認がこれまでになくかんたんに

強化されたZoho Recruitのレビューフォームを使用して、候補者の提出書類に関する承認を、クライアントからスムーズに取得できます。今回の更新により、クライアントはレビューフォーム内の添付ファイルを確認したり、状況に応じて候補者プロフィールを評価したりできます。

5月

Major

Facebookでダイナミックな人材の調達を 

Zoho Recruitは現在、Facebook公認のATSパートナーです。RecruitのFacebook連携により、組織のFacebookアカウントを同期し、世界最大規模のソーシャルネットワークに求人を投稿できます。 


 

詳細はこちら

 組織階層をZoho Recruitに組み込む

レポート階層機能があれば、組織階層を採用プロセスに組み込むことで、組織の明確なブループリントを提示できます。その仕組みはどのようなものでしょうか。Zoho Recruitで、組織内のユーザーに上司を割り当て、レコードへの効率的なアクセスを確保し、データを共有しましょう。
 

詳細はこちら
Major

Zoho Recruitによる承認フローの自動化

レポート階層のあらゆるレベルを対象とした承認プロセスを設計し、これを実行して、標準化された双方向の情報交換システムを構築できます。どのレコード(候補者、求人など)を承認する必要があるか、これらを誰が承認するか、承認または拒否された後の処理などを指定します。

詳細はこちら
Major

Zoho Recruitへのベンダー管理の導入

候補者プロフィールが不足していませんか?こんなときこそ、ベンダーの出番です。ベンダー管理ポータルを通じて、ベンダーと共有した求人を可視化し、最適な候補者に関する情報を受信できます。候補者についてレビューし、ベンダーにフィードバックを提供できます。

詳細はこちら
Major

ZiaとZoho Recruit:採用担当者にとってのドリームチーム

Ziaの候補者マッチにより、従来よりも迅速に、適切な候補者を求人とマッチさせ、関連付けできます。Ziaが、職務要件とのマッチ度に基づき、評価・格付けされた候補者一覧を提示します。

詳細はこちら

包括的でアクセス可能な候補者体験

Zohoでは、すべての人々に均等な機会を提供するという当社のビジョンを、ソフトウェアにも反映させたいと考えてきました。基本的に採用を完全にデジタルで実施する場合も、その応募プロセスは、障害を有する応募者にとっても親しみやすいものでなければなりません。ZohoのWebフォームは現在、ADAに準拠しています。画面読み上げ機能や対話型のキーボードショートカットが備わっていますので、応募プロセスがもはや課題になることはありません。

4月

人材派遣会社向けクライアントポータルの導入

このたび導入されたクライアントポータルは、複数のクライアントを管理しなければならない、人材派遣会社のニーズに応えるZoho Recruitの特別プランです。今後は、クライアント側の管理機能の向上を図れるだけでなく、最善の候補者の獲得に向けて、クライアントとの柔軟性の高いコラボレーションを展開できます。メモの追加、履歴書やファイルの共有、通話のスケジュール設定はもちろん、採用プロセスのあらゆる段階で、クライアントによるセルフ管理が可能です。

詳細はこちら

最高の人材の採用に向けて貴社をサポート

社員からの紹介は、会社組織の採用スキームにおいて大きな役割を果たします。社員からの紹介を活用すると、その他のソースよりも採用までの時間が50%近く短縮されることがわかっています。Zoho Recruitの社員からの紹介機能により、従業員はスムーズに求職者の紹介状を送信できます。また、紹介状の管理機能により、採用マネージャーをサポートできます。

詳細はこちら

Zoho RecruitとFacebook Job Postingsの連携

世界最大規模のソーシャルネットワークに求人情報を投稿できます。迅速かつかんたんに投稿でき、多彩なターゲティング機能を使用できます。Zoho Recruitから、会社のFacebookアカウントに求人情報を投稿し、その確認や管理を行えます。

詳細はこちら
Enhancement

複雑な作業もテンプレートでかんたんに

Zoho Recruitは、Zoho Sign連携により作業がますますかんたんになります。Zoho Signで作成したテンプレートをZoho Recruitから使用することで、内定通知もかんたんに送信できます。 

詳細はこちら

3月

フォームで機能をフォロー

履歴書は定期的に届きます。そのため、候補者の詳細な情報を収集して処理する作業が、採用担当者にとっての課題であることは間違いありません。Zoho RecruitのZoho Forms連携により、高度なフォームを作成し、エントリーの送信と同時にデータを収集し、このデータをRecruitのタブに自動的にプッシュできます。

詳細はこちら

ソーシングサマリーのサブタブの導入

ソーシングサマリーのサブタブは、求人情報を公開した場所を一目で確認できるダッシュボードです。このダッシュボードには、視覚的な指標とKPIが表示されますので、各求人のステータスをかんたんに管理できます。

詳細はこちら

2月

面接担当者による評価

面接担当者によるまったく新たな評価で、応募者に対する評価プロセスを強化できます。複数の評価を実施し、これらを面接と関連づけた上で、Zoho Recruitのコアとなる評価タブに基づき、応募者をスムーズに評価できます。詳細はこちら。

履歴書プレビュー

今回の更新により、添付ファイルのサブタブに移動することなく、候補者の履歴書の添付ファイルをプレビューできます。クイックビューボタンは、候補者の氏名のすぐ下、ソーシャルプロフィールのクイックリンクの近くにあります。 


 

Enhancement

解析レビュー

解析レビュー機能で候補者の履歴書を解析することにより、誤りやデータ損失を確認し、該当箇所を編集できます。解析レビュー機能をオンにすると、Resume Extractor、Resume Inbox、Paste the Resumeなど、Zoho Recruitのさまざまな履歴書解析機能を使用して取得情報を編集できます。詳細はこちら。

デフォルトドメイン

Zoho Recruitのデフォルトドメイン機能を使用して、組織のブランド価値を表現しましょう。Webサイトを開設していない場合も、Zoho Recruitでデフォルトドメイン名を作成し、これを活用することで、求人を候補者にとってより魅力的なものにすることができます。詳細はこちら。 

求人掲示板との新たな連携

最大規模のオンライン広告プラットフォームに、求人広告を掲載しましょう。OLXは45か国以上で運営される、世界最大規模のオンライン広告プラットフォームです。求人に対して最大限の可視性を確保し、豊富な人材プールから人材を採用できます。

VDABは、ベルギーで最も信頼度が高く、多彩な人材が揃う求人掲示板の1つです。ヨーロッパのフランデレン地域の採用担当者のニーズに適う、多様性に富んだ人材プールを提供しています。その他、求職者を「即戦力」とするためのトレーニングも実施しています。


スイスの大手求人サイトjobs.chで、情報の可視性を高め、候補者トラフィックの増加を図り、求人に相応しい優れた人材を獲得しましょう。jobs.chでは、求職者の可視性を高め、採用担当者の検索にヒットし、より迅速に応募できるよう求職者にもサポートを提供しています。



詳細はこちら。

1月

組織ドメインの検証によるメール配信率の向上

Zoho Recruitのメール認証機能を使用してドメイン名からメールを認証し、3つのかんたんなステップで送信メールの配信率を向上できます。その仕組みをご紹介します。

LinkedInによる応募で迅速かつ適切な応募

最新のLinkedIn連携(LinkedInによる応募)では、候補者がかんたんに求人に応募できるよう、応募書類の一定の項目に情報が事前入力されます。しかも、操作はワンクリックで完了です。詳細はこちら。


 

Resume-Library Source Booster

最新のResume-Library Source Boosterを公開しました。アメリカで高い人気を誇る求人掲示板の1つから、最高の人材を探し出し、調達できます。100以上もの求人サイトからなる巨大なトラフィックネットワークで情報を共有できるので、求人広告が確実に求職者の目に届きます。追加費用は必要ありません。今すぐ確認しましょう。

求人掲示板新着情報

JobCloudは、スイスのオンライン雇用市場を代表する企業として、さまざまな採用ソリューションを提供しています。求人ポータルに加えて、そのポートフォリオには、独創性に富んだ数々の技術が含まれています。詳細を見る。 

 

Enhancement

電子署名で内定通知をかんたんに

Zoho Sign、DocuSign、Adobe Signなどを使用して、候補者の受入プロセスをデジタル化できます。電子署名入りの内定通知の送信開始まで、わずか数クリック。内定通知に署名を施すための迅速かつかんたんで、しかもフルペーパーレスのプロセスです。詳細はこちら。

2018

12月

Diceソースブースター

Diceの候補者データベースには、Zoho Recruitのソースブースターからかんたんにフルアクセスできます。Diceは、世界中のテクノロジーやエンジニアリング関係者の間で人気の高い、代表的なキャリアサイトの1つです。詳細はこちら。

 

 

Checkr連携により身元調査がかんたんに

候補者の身元調査を実施することで、法令を遵守した安全で多様性ある雇用慣行を維持できます。Zoho Recruit最新のCheckr連携により、アメリカで高い人気を維持する身元調査ソフトウェアを使用して、候補者チェックを素早くかんたんに行うことができます。候補者レコードをZoho RecruitからCheckrに直接エクスポートし、審査の種類とパッケージを選択するだけです。審査が完了すると、候補者レコード内のレポートがCheckrにより自動更新されます。詳細はこちら。 

Zoho Recruitへのデフォルトドメインの導入

貴社のブランドを反映するドメインで、積極的な求人を展開しましょう。2019年度のロードマップ計画の策定に間に合うよう、デフォルトドメインを導入できます。詳細はこちら

 

採用KPIで採用チームに関する指標を明確に

人材獲得リーダーには、採用に関する一般的な業績指標を熟知しておくことが求められます。採用KPIを導入しましょう。これにより、採用チームに関する指標をかんたんに把握し、データに基づいた成功を導き出せます。詳細はこちら。


 

Zoho RecruitでのSkillsetの提示

Zoho RecruitのAIアルゴリズムを導入することで、応募者のスキルスコアを算出し、適切な候補者を特定できます。結果はSkillsetとして表示されます。

11月

Zoho RecruitがMicrosoft Office 365マーケットプレイスに登場

Zoho Recruitが、Microsoft AppSourceとAzureのマーケットプレイスで公開されるようになりました。こうした連携により、採用担当者は、Microsoftのシングルサインオン(SSO)を利用できるようになります。したがって、今後Zoho Recruit用のパスワードを個別に保持する必要はありません。その他、Office 365ユーザーをZoho Recruitにインポートすることもできます。

Microsoft AppSourceでの検索はこちらから、Azure Marketplaceでの検索はこちらからどうぞ。
 

Enhancement

Resume Inboxのアップグレード

従来のResume Inboxの機能を一段引き上げました。解析モード機能の組み込みにより、メール解析結果の精度と成功率を制御できるようになります。解析モードは「弱」、「中」、「強」に分類されます。各モードには、候補者レコードに関する一連の項目値が予め定義されており、アクティブ化されると、パーサーが解析対象となるコンテンツを検索します。

デジタルマーケティング担当者に、50人の候補者から履歴書が受信トレイに送信される場合を想定してみましょう。候補者プロフィールをデータベースのレコードとして迅速に追加できる方法が必要となるはずです。「弱」解析モードの出番です。このモードでは、履歴書の内容と候補者の氏名のみが解析の対象となります。追加されるレコードには、候補者の氏名と履歴書だけが添付されます。ここで採用担当者は、履歴書の書式設定機能を使用して、候補者の元の履歴書のブランドバージョンを迅速に作成できます。一方、同様の状況で、例えば履歴書が2枚しか届かなかった場合は、解析モードを「強」に切り替えることで、より詳細かつ豊富な情報を伴った候補者レコードを追加できます。「中」モードでは、これら2つのモードの中間的な量の情報を追加できます。詳細はこちら。

Zoho Recruitのレポート階層機能のご紹介

従業員が組織内で果たす役割に基づき、組織の階層構造を設定し、ユーザーに上司を割り当てることで、レコードへの効率的なアクセスを確保できます。この階層構造で、ユーザーに割り当てられる上司には、ユーザーのデータを表示、またはこれにアクセスする権限が付与されます。ユーザーの上司として設定できるのは、組織内でユーザーと同等以上の役割を有するメンバーのみです。また、上司が設定されていないメンバーを、上位の役職の上司が管理するか、管理者や特権管理者が管理するかを選択することもできます。こうした階層構造により、ユーザーに対して1人の上司のみを割り当て、組織内の情報へのアクセスを確実に制御できます。詳細はこちら。

10月

Enhancement

Formatted Resumeの刷新

Zoho Recruitの履歴書の書式設定機能を使用すると、ボタンをクリックするだけで、書式設定された履歴書をデザイン、カスタマイズ、作成できます。今回新たに、履歴書のヘッダー、フッター、本文のセクションを編集したり、さまざまな要件に合わせてテンプレートを変更したりできるようになりました。ただし、現在ご利用いただけるのはこの機能のベータ版です。いち早くお試しになりたい場合は、製品にサインインして、通知アイコンをクリックし、先行アクセスリンクを取得してください。 

採用担当者による評価の刷新

Zoho Recruitの評価機能により、採用担当者は、一連の標準化された作成済み評価テンプレートを使用して、採用プロセスの各段階で応募者を評価・格付けできるようになります。採用担当者は応募者をその資質に基づき審査し、メモやフィードバックを作成できます。これを受けて、採用マネージャーは平均格付けに基づき応募者をいち早く比較し、面接チームの準備を整えることができます。 

その他注目すべき点として、評価の仕組みそのものが刷新されています。これにより、その種類や種別に応じて評価結果をフィルタリングし、それに従って採用担当者や候補者と共有できます。一般審査、事前審査、行動審査、身元審査など、さまざまなタイプの評価が新たに追加されています。詳細はこちら。 

Enhancement

Simple Searchで、効果的な結果

Simple Search機能をさらに強化。Zoho Recruitのデータベースで、レコードを素早く検索し、探し出せるようになります。使用中のタブでレコードと検索語句を照合できる他、クイックビューや詳細ビューでレコードにアクセスすることもできます。従来からの改善点として、最近の検索結果がすべて、検索バーに一覧表示され、作業を効率的に進めることができます。詳細はこちら。

求人掲示板新着情報

あらゆる業界や職業に対応する求人ポータル、Gigajobと連携できます。このポータルを求職者はすべて無料で、雇用主は基本サービスを無料で利用できます。Gigajobでは、雇用主は履歴書データベースにアクセスもできます。検索条件に一致する求人広告についての最新情報をお知らせするメール通知を、すべてのユーザーが無料で受信できます。詳細はこちら。

求人掲示板新着情報

DrJobsと連携できます。DrJobsは、応募者に無限の機会を提供し、雇用主と求職者をつなぐ架け橋となる、先端の求人検索エンジンです。詳細はこちら。

Nexxtソースブースター

Nexxtの候補者データベースにフルアクセスできます。Nexxtは、職務内容はもちろん、多様性比率やさまざまな地理的要件にも的を絞った検索を行える求人掲示板サイトです。詳細はこちら。 

9月

Enhancement

Resume Extractor 2.0

Zoho RecruitのGoogle Chrome向けResume Extractorに最新の拡張機能が登場。新たな対話型のユーザーインターフェイス、詳細な候補者情報の解析などの機能により、候補者のソーシングをスムーズに進めることができます。詳細はこちら

Resume Extractor拡張機能はSSOに対応します。 
従来よりも迅速に候補者情報を特定し、収集・解析できます。
フロントエンドの重複検出
候補者の詳しい学歴や職歴を解析できます。 

8月

Resume-Library Source Booster 

Resume-Libraryの候補者データベース全体にアクセスできます。ここでは50業種の求人情報がリストアップされており、求職者に対して求人検索や面接プロセスなどに関するヒントを提供しています。詳細はこちら

求人掲示板新着情報

スロベニアを拠点として国内数業種の求人情報を掲載し、リクルートの最新トレンドに関する出版物もリリースする求人掲示板サイト、Moje Deloと連携。詳細はこちら

内定通知の管理

最有力候補が迅速に採用されるように、採用担当者が面接プロセスの後に内定通知を作成し、候補者へ送れるようになりました。詳細はこちら

MailChimp連携

マーケティングの自動化プラットフォームとして広く知られているMailChimpと連携。採用担当者がメールキャンペーンを送信し、開封率やクリック率を、いずれもZoho Recruitから追跡できます。詳細はこちら。

Enhancement

Simple Search

Simple Searchを使うと、検索内容に最も適合する結果が素早く得られるため、候補者や欠員、依頼元部署の記録を容易に検索、表示できます。 

7月

Monster India Source Booster

Source Boostersの既存のリストにMonster Indiaが加わり、Monster India内の候補者全体にZoho Recruitのユーザーインターフェイスでアクセスできるようになりました。詳細はこちら

6月

求人掲示板新着情報 

毎月何百万人もの求職者がアクセスする人気の求人掲示板サイト、Neuvooと連携。求人内容にぴったりの候補者を、Nuevoで65か国から検索できます。詳細はこちら

求人掲示板新着情報

職務内容の説明だけでなく、多様性を表す比率やさまざまな地理的多要件にも個別に焦点を当てて検索を行える求人掲示板サイト、Nexxtと連携。詳細はこちら

5月

Enhancement

採用ステージすべてを1つのウィジェットで

Hiring Pipelineウィジェットを使って、すべての求人内容と各候補者のステージが集約された画面を、ダッシュボード1つで表示できます。詳細はこちら

求人掲示板新着情報 

毎月700万件を超える求人情報が配信される、アイルランドを拠点とする求人掲示板サイト、Jobs.ieと連携。求人対象が最大限に広がります。詳細はこちら。

4月

Zoho RecruitがGDPRに準拠

GDPRの発効に伴い、Zoho Recruitは、採用担当者がGDPRを順守し、採用プロセスの過程で個人データが使用されることを候補者が了承する機能を提供してきました。詳細はこちら

セマンティックマッチエンジン(SME)

欠員に対して最も適合する候補者を提示する上で、SMEは、採用担当マネージャーが職務内容説明書に記された必要なスキルセットを条件として効率的に検索することに役立ちます。これに追加された拡張機能がRadius Search機能です。この機能により、採用担当者は地理的な半径を指定して、その範囲内で検索を実行できます。詳細はこちら

デフォルトの求人テンプレート

あらかじめ用意された職務内容説明書テンプレートを利用するか、必要に応じカスタマイズして、求人を素早く求人掲示板とソーシャルメディアに投稿できます。詳細はこちら

3月

Hiring Pipelineを利用した進捗状況の評価

Hiring Pipeline機能を使って、特定の欠員に関係する候補者の状況を、採用プロセスの中であらゆる角度から確認できます。詳細はこちら

求人掲示板新着情報

IT企業が開発者やエンジニア、プログラマーの求職情報から最も適合する履歴書を検索するのに役立つ、米国を本拠とする有名求人掲示板サイト、TechFetchと連携。詳細はこちら

2月

チームのコラボレーションを推進

チームメンバーにメンションでタグ付けして自分の活動を常に知らせておくとともに、通知タブでメンバーのタスクと進捗状況を把握できます。詳細はこちら。

1月

Enhancement

Indeedスポンサー求人広告

この連携機能で、採用担当者はスポンサー求人広告をIndeedに投稿できるようになりました。これは有料の掲示で、投稿した求人内容が検索ページでストラテジーに従って目立つように表示されます。詳細はこちら

2017

12月

新機能とアップデート

  •  Zoho Recruitマーケットプレイスをリリース

  •  JobBoom、Total Jobs、CW Jobs、CareerStructure、Caterer、RetailChoiceの各求人掲示板サイトとの連携を開始。

11月

新機能とアップデート

  •  Reed、Zoek、Faces2hire、LogicMelonの各求人掲示板サイトとの連携を開始。

10月

新機能とアップデート

  •  ブループリント機能をリリース。

9月

新機能とアップデート

  •  Bayt求人掲示板サイトとの連携を開始。

7月

新機能とアップデート

  •  予備スクリーニング評価機能をリリース。

  •  Recruit.net、iimJobs、Hiristの各求人掲示板サイトとの連携を開始。

6月

新機能とアップデート

  •  Jora、TipTop Jobs、Jooble、Expertini、Zoekの各求人掲示板サイトとの連携を開始。

5月

新機能とアップデート

  •  候補者のプレビュー機能をリリース。

  •  ApplymyJOBS、Trovitの各求人掲示板サイトとの連携を開始。

4月

新機能とアップデート

  •  Zoho Campaignsとの連携を開始。

  •  Dice UK求人掲示板サイトとの連携を開始。

3月

新機能とアップデート

CV-Library求人掲示板サイトとの連携を開始。

2月

新機能とアップデート

  • CareerJet求人掲示板サイトの有料求人広告料金を値下げ。

    • Single Booster:70ドル
    • Double Booster:105ドル
  • Seek求人掲示板サイトとの連携を開始。
  • Zoho CRMとの双方向同期機能をリリース。
  • 候補者の格付け機能をリリース。