建設業における課題

依存関係の管理

依存関係の整理が不完全な場合、施工中に問題が1つでも発生すると、他の作業が保留状態になってしまいます。

納期との戦い

納期に間に合わないと、多くの場合、予定外の経費が発生します。納期通りにプロジェクトを進めることが必要不可欠です。

リアルタイムな状況の把握

今、建設現場では何が起きているのか?資材の出荷は誰がすることになっているのか?ミーティングはいつなのか?自分の作業を止めることなく、状況をリアルタイムに把握することが重要です。

意思の疎通

1つのプロジェクトには複数の人が関係します。そのため、適切な情報が適切な担当者に適切なタイミングで伝わらないと、ミスコミュニケーションが重大な過失につながる恐れがあります。

Zoho Projects が必要な理由

  • 詳細な計画策定
  • コミュニケーションの効率化
  • 透明性の確保
  • リアルタイムの共有
  • 人材管理
  • ワンストップ型ソリューション
詳細な計画策定

階層化は、プロジェクトをマイルストーン、タスクリスト、タスク、サブタスクなどの作業項目に分割するのに役立ちます。それぞれの作業項目には、オーナー、開始日、終了日などが明確に定義され、作業の内容が細部にいたるまで反映されます。

コミュニケーションの効率化

施工管理システムでは、プロジェクトの文書化が重要です。重要な情報を安全に保存し、プロセスや安全対策についてチャットやコメントを通じて議論ができます。

透明度

内外とのコミュニケーションにより、プロジェクトの状況を把握できます。これにより、進捗レポート、写真、請求書の共有がかんたんになります。

リアルタイムコラボレーション

エンジニアが問題の回避策を練っている間に、現場がひたすら待つ必要はありません。状況がリアルタイムに更新されるので、同じ場所にいなくても、全員の認識が一致します。

人材管理

従業員の満足度維持のためには、勤務時間と休暇が適切に管理され、現場が時間的余裕を確保することが重要です。リソース使用率チャートを分析して調整を行うことで、従業員の働き過ぎを防止します。

ワンストップ型ソリューション

プロジェクト管理ばかりに時間を取られるのは効率的ではありません。Zoho Projects は、計画策定、進捗管理、共有のすべてを1カ所で行うことができます。建設プロジェクト管理ツールを使えば、予算の設定から最終的な請求書の送信まで、あらゆる作業に対応できます。

Zoho Projects が業務の効率化にもたらす効果

請求書を作成してクライアントにメールで送ります。

請求書のメール送信

タスク間の依存関係を設定して、実行の順番を管理します。

ガントチャートの詳細はこちら依存関係を設定

Webベースの施行管理ツールを使用して、ダッシュボードで進捗状況を把握し、対応が必要な領域に焦点をあてます。

進捗

契約書、画像、同意書、あらゆる知的財産の関連文書をアップロードします。

ドキュメント管理に関する詳細はこちら契約書のアップロード

期日を設定してタスクを計画し、それぞれに適切な人材を割り当てます。

タスクのスケジュール

従業員プロフィールをカスタマイズして、役職別のレートを割り当てます。

従業員プロフィール

無料の施行管理ツールを使用して、トラブルを記録し、迅速に解決します。

問題管理の詳細はこちら問題の記録

連携

複数のZoho アプリやその他の外部サービスアプリと連携できます。

詳細はこちら
  • +
  • +
  • +

施工管理ツールの概要

施工管理ツールとは

  • 施工管理ツールは、建設プロジェクトの計画策定、進捗管理、共有支援するツールです。建設業界に特化したタブが用意されているため、作業が効率化され、建設業者、請負業者、クライアント、その他の関係者を1カ所に集めることができます。

施工管理ツールの主な機能とは

    主な機能は次のとおりです。

  • 詳細な計画策定を維持するWBS(Work Breakdown Structure)
  • 計画を保存するための文書管理
  • 現場と現場以外の担当者とをつなぐコラボレーション機能
  • 作業の委任を最適化するためのリソース割り当て
  • クライアントに請求するための時間管理と請求書発行
  • 依存関係とプロジェクトタイムラインを管理するためのガントチャート

施工管理ツールを使用する理由

    専用ツールを使用して施行管理をするメリットは次のとおりです。

  • 建設業者、請負業者、クライアントが共同で計画を策定
  • すべての主要な関係者がリモートでコラボレーションに関与
  • すべての契約計画、入札、ドキュメントの最新バージョンを管理
  • プロジェクトタイムラインの進捗を管理してボトルネックを特定
  • クリティカルパスを分析してリアルタイムで変更に対応
  • 有益な進捗レポートを作成して分析

施工管理ツールの利用者

    施工管理ツールの主なユーザーは、建設業界と不動産業界の担当者です。

  • 建築家
  • 建築技術者
  • 請負業者
  • 設計者
  • 供給業者
  • クライアント

施工管理ツールのメリット

  • 予算管理によるすべてのプロジェクト関連コストの管理
  • ワークフローの自動化によるプロセス管理の効率化
  • オンラインコラボレーションによる分散型ワーカーへの対応
  • ファイルのバージョン管理によるプロジェクトデータの保護
  • 進捗を評価するためのベースライン付きガントチャート
  • 請求書と経費管理によるクライアントへの請求

適切な施工管理ツールの選び方

    予算やビジネス要件に応じて、以下に基づいて選択できます。

  • テクノロジー:クラウドベース / オンプレミス
  • 予算:中小企業 / エンタープライズ向け
  • 端末の互換性:デスクトップ、iOS/Androidアプリ、ブラウザのバージョン
  • セキュリティー:セルフホストサーバー、プライバシー法準拠など

施工管理ツールの費用

  • ブランド、機能詳細、テクノロジー、実装に応じた、あらゆる料金プランが用意されています。

Zoho Projects が最適な施行管理ツールである理由

  • Zoho Projects は、価格が手頃なだけでなく、直感的で機能が豊富であるという理由で、最適な施工管理ツールです。この製品には、無料版のほか、有料プランすべてに無料お試しオプションが用意されています。Zoho Projectsは、直感的なガントチャート、ポートフォリオダッシュボード、詳細な計画策定タブ、ドキュメント管理、予算管理、時間管理、レポート作成などの機能を備えた、安全でかんたんに導入できるという特長もあります。
    • The TATA Chemicals Limited
    • The stanford university
    • Dell
    • vodafone