SMTPサーバー設定 - Zoho Mail

SMTPサーバー設定 - Zoho Mail

 SMTP - 簡易メール転送プロトコル

SMTP(簡易メール転送プロトコル)を使用すると、メールアプリケーションから特定のサーバーを介してメールを送信できます。たとえば、Zoho Mailアカウントを使用して、別のメールクライアントからメールを送信する場合、ZohoのSMTP情報を使用して、そのクライアントを設定する必要があります。

 Zoho MailのSMTP設定 - SSL

送信サーバー名:smtp.zoho.com
ポート:465
セキュリティタイプ:SSL 

認証の要否:必要 

メールアドレスは、認証の詳細を入力したアカウントのメールアドレス/エイリアスと一致している必要があります。 

 Zoho MailのSMTP設定 - TLS

送信サーバー名:smtp.zoho.com
ポート:587
セキュリティタイプ:TLS 

認証の要否:必要メールアドレスは、認証の詳細を入力したアカウントのメールアドレス/エイリアスと一致している必要があります。 

2段階認証を有効にしている場合、他のデバイスのアカウントを設定するには、アプリケーション固有のパスワードが必要になることがあります。

 送信済みコピーが重複している - 送信済みフォルダーにコピーを保存しない

Outlookなどの他のメールクライアントから、smtp.zoh.comを使用してメールを送信すると、それらのメールは自動的に送信済みフォルダーに保存されます。ただし、送信したメールのコピーをローカルの送信済みフォルダーに保存するメールクライアントもあります。そのため、送信済みフォルダーにメールが重複して作成されます(メールクライアントによって保存されたメールと、Zohoサーバーによって保存されたメールが重複します)。この場合は、重複を避けるために、[送信済みフォルダーにコピーを保存しない]オプションを選択できます。 

  1. Zoho Mailにサインインしてください。
  2. [設定]を選択してください。
  3. [メールアカウント]>>[SMTP]に移動してください。
  4. smtp.zoho.com設定を使用して送信されたメールを保存しない場合は、送信フォルダーの[送信済みメールのコピーを保存する]チェックボックスをオフにしてください。 

送信サーバー/SMTPサーバーに接続できない

メールクライアントがSMTPサーバーに接続する際、初期設定のポート(25)に接続することがあります。Zoho Mailの場合、SSLポート(465)またはTLSポート(587)でsmtp.zoh.comに接続する必要があります。たとえば、Outlookでは[サーバーの詳細設定]セクションを確認する必要があります。 

ポートの詳細が正しくても、サーバーへの接続に問題がある場合は、サーバーのtracerouteの詳細を取得し、アカウントやメールクライアントの詳細情報、設定のスクリーンショットなどとともに、support@zohomail.comまで連絡してください。

認証エラー

SMTP/送信サーバーを設定する際には、認証用のメールアドレスと正しいパスワードを入力する必要があります。2段階認証を有効にしている場合、他のデバイスのアカウントを設定するにはアプリケーション固有のパスワードが必要になることがあります。 

 中継拒否エラー

アプリケーションに入力したメールアドレス(またはサインイン認証情報)が、アカウントの送信サーバーのメールアドレス(または認証情報)と一致しない場合、メールを送信しようとすると「中継拒否」エラーが表示されます。メールアドレスが一致しないため、SMTPクライアントはメールを送信できません。 

これは、コーディングされたプログラム内でメールアドレスが既定として使用されている場合や、メールの受信トレイの設定時にメールアドレスを誤って入力した場合に発生します。メールの受信は問題なく行えます。「中継拒否」エラーを解決するには、入力したメールアドレスを修正する必要があります。 

Outlook予定表とメールの使用中に、中継拒否エラーが発生する

Outlookから直接「予定表のイベント」を転送すると、Outlookは開催者のメールアドレスを差出人アドレスにして送信しようとします。この場合、「中継拒否」エラーが表示されます。

招待の送信時にメールアドレスの不一致が発生しているため、招待を直接転送できません。回避策として、予定を右クリックして[添付ファイルとして転送]を選択すると、予定の招待状を送信できます。

Webサイトの連絡先フォームから、メールを受信できない

Webサイトでお問い合わせフォームやWebフォームを使用する場合、通常は送信オプションを使用してメールを送信します。これらのメールは、Webサイトのホスティングプロバイダー(Webホスト)から実行されます。大抵の場合、Webサイトのドメイン名は、送信元メールアドレスのドメイン名と一致します。例:www.yourdomain.com/contact.htmlページから、詳細情報がcontact@yourdomain.comに送信されます。 

この場合、ドメイン名が同じであるため、メールを実行するWebホストやメールサーバーは、メールはローカルに配信されるものと誤って想定してしまいます。これを修正するには、Webホスト設定を開き、このようなメールが外部に配信されるよう、リモートメールサーバーオプションを選択してください。ローカルのメール配信設定をチェックし、Webホストのローカル設定をオフにする必要があります。これにより、Webフォームから送られたメールがZoho Mailサーバーに届き、正しいメールアカウントに配信されます。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com