ドメインキー - 設定と検証

ドメインキー

ドメインキーはドメインレベルのメール認証メカニズムで、ドメインのDNSレコードに基づいてドメインから生成されたメールの信頼性を検証できます。ドメインキーを使用すると、ドメインが承認する有効なサーバーから生成されるメールヘッダーに一意のデジタルコードを追加し、特定のサーバーを通じて生成されたすべての送信メールを認証できます。ドメインキーは、ドメインのDNSで公開されている公開キーに基づいて送信メールを認証する、公開キーと秘密キーの組み合わせです。

ドメインのドメインキーを有効にする手順: 

ドメインのDNSマネージャーで必要なテキストレコードを作成した後、Zoho Mailのコントロールパネルからドメインキーを有効にできます。ドメインキーには3つの段階があります。Zoho Mailで自分のドメインに固有のドメインキー値を生成し、DNSにその値を使用してテキストレコードを作成し、Zoho Mailでドメインキーを検証して有効化できます。 

  1. Zoho Mailで固有のドメインキーを生成する。

    1. 特権管理者としてmail.zoho.comにサインインしてください。
    2. [コントロールパネル]>>[組織設定]をクリックしてください。 
    3. [ドメインキー]タブを選択して、ドメインのドメインキーを有効にしてください。 
    4. ドメインキーを生成するドメイン名を選択してください。
    5. テキストボックスに「セレクター」名を入力してください。セレクター名は、Zoho Mail専用の識別子です。例:zoho
    6. [生成]をクリックして、テキストボックスにドメインキーテキストを入力してください。
    7. テキスト値全体をコピーしてください。
  2. DNSマネージャーでTXTレコードを作成する。

    1. ドメインのDNSマネージャーにサインインし、<zoho>._domainkey.<ドメイン名>という名前でDNSにテキストレコードを作成してください。
    2. テキストレコードにテキスト項目からコピーした値全体を入力し、そのファイルを保存してください。
    3. DNSマネージャーにTXTレコードを保存してください。
    4. この外部サービスのリンクを使用すると、ドメインキーの有効性を確認できます。 
  3. ドメインキーを有効化する。

    1. TXTレコードを検証したら、[認証を開始]をクリックしてください。テキストレコードが検証され、入力したドメインのテキストレコードが有効な場合は、そのドメインのドメインキーが有効になります。
    2. テスト結果に問題がない場合は、テキスト値からt=yというテキストを削除し、TXTレコードを再度保存します(t=yはテストモードを意味します)。
    3. ドメインキーが必要ない場合は、ドメインのドメインキーを無効にできますが、DNSに追加したTXTレコードを削除した後に限ります。
    4. 必要に応じて、ドメインの別の公開キーを再生成し、TXTレコードを置き換えることでドメインに新しい一連のドメインキーを作成することもできます。

ドメインにドメインキーを追加する利点:

ドメインキーの検証は、次の識別に役立ちます。

  1. [送信者]欄に表示されているメールアドレスの有効性
  2. [送信者]欄にリストされているドメインが承認され、実際にそのメールを送信したかどうか
  3. メールの内容が作成/送信後に変更されていないかどうか
  4. このメールが、特定のドメインアドレスからのものであるように見えるように偽装されていないかどうか

そのため、ドメインキーが有効な場合、受信者は、リストされたメールアドレスから送信されたメールがなりすましではないと信頼できます。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com