複数チャネルを1か所に集約

従来のメール

カスタマーサービス向けの典型的なチャネルが、いくつかの微調整を加えて各段に使いやすくなりました。顧客からのメールはすべて使いやすいインターフェイスに集約され、そこからかんたんに返答できます。複数のメールIDを使用している場合を含め、カスタマーサービスでのメールの運用としてはこれが最適な方法です。

コールセンター全体をブラウザーの中に

リンリン!従来のカスタマーサービス用電話システムを、クラウド向けに再考。IVR、自動転送、ボイスメッセージ、不在着信通知などの機能が装備されています。これらはすべて電話システムのメリットです。デメリットではありません。

詳細はこちら

インスタントメッセージで素早く満足をお届け

今や、ほとんどの人がインスタントメッセージを使用しています。親戚にひとりは必ずいる、おしゃべりな叔母も例外ではないはず。なぜなら、現時点で最も早くて便利なコミュニケーション方法だからです。顧客とチャットをして、その心配事をより深く理解しましょう。タイミングよく、パーソナライズされたサポートを提供して、素早く満足を届けましょう。

自己解決型のカスタマーサービス

質問の答えが分かりやすく1つであれば、顧客は自分で答えを見つけたいと思います。自己解決型のカスタマーサービスポータルを導入しましょう。よくある質問に答えを提示し、カテゴリーに分類することもできます。問題を自力で解決できるのは顧客にとって嬉しいことです。解決できなくても、一声かければそこにあなたがいます!

詳細はこちら

皆は一人のために、一人は皆のために

コミュニティがいつでも親身になってメンバーに対応します。コミュニティを編成・管理・育成するための使いやすい機能を活用すれば、優れたユーザーグループの形成に集中し、メンバー間の支え合いを見守ることができます。

ソーシャルの波に乗る

ソーシャルメディアの台頭が多くの変化を生み出しました。カスタマーサービスも例外ではありません。クライアントは、ビジネスがより積極的にサポートを提供することを期待しています。Zoho Deskは、この進化したカスタマーサービスの形態に合わせて構築されています。タイムラインへの投稿、メッセージ、@メンションが自動的に集約されるため、複数のタブを行き来する必要はありません。ツイートの嵐が発生する前にアラートを受信するよう設定することもできます。

詳細はこちら

実績のある手段

昔から言われているように、ときには基本に立ち返ることが重要です。Webフォームは作成・カスタマイズ・導入がかんたんで、Zoho Desk内のどのチャネルと比べても遜色ない効果を発揮します。

細部が重要

複数チャネルでの問い合わせ管理をビジネスで効果的に活用するためには、小さなことをたくさん集約する必要があります。たとえ小さくても、ゼロからカスタマーサービスデスクを構築するためには、それぞれが重要なのです。構成要素をなるべく抑えて、素晴らしいカスタマーサービスの提供に集中しましょう。

詳細はこちら