自動で約束を守る

インテリジェントオートメーションとSLAルールを備えたZoho Deskが、ヘルプデスク運営の効率化をサポートします。

Sign Up Now

問い合わせの見落としをなくす

サービス内容合意書(SLA)は、問い合わせを受け付けたチャネル、問い合わせを行った顧客、問い合わせのステータスなどを基に問い合わせの締め切り時間を自動設定する際に役立ちます。これによって、エージェントは問い合わせの優先順位を判断できます。

ミスへの素早い対応

SLAの違反が生じた場合、Zoho Deskが締め切りを超過した案件を担当マネージャーやエージェントに自動的に報告します。業務や問い合わせの管理をより効果的に行えるように、ルールをシンプルにカスタマイズできます。

積極的な問い合わせ管理

マネージャーやスーパーバイザーはSLA違反の案件リストを確認できるカスタムビューを作成できます。各問い合わせを直接自分で管理したり別のチームメンバーに割り当てたりして、タイムリーに解決できるようにします。

進捗のモニタリング

締め切りを超過した問い合わせ、SLA違反、平均回答時間など顧客サービス全体の進捗を観察します。これらの数値は、お客様のチームがどれくらい上手く機能しているかを示す重要な指標です。カスタマイズしたレポートを使用してこれらの指標を管理します。レポートはかんたんに生成され、自動的に受信トレイに送信されます。

15日間の無料トライアル

Get started