自由にカスタマイズし自信を持って導入

開発者をサンドボックス環境に追加すれば、開発者はあなたのZoho CRMデータにアクセスしなくても、アカウントをカスタマイズし、それをテストすることができます。どの変更セットをアカウントに公開するかを選択し、サンドボックスの高度導入オプションを使用して依存チェックを実行します。

開発のための完璧な環境

サンドボックスは組織のZoho CRMアカウントのミラーで、設定、構成、機能などのすべてのメタデータがクローンされている場所です。あらゆる既存のユーザーまたは外部サービスの開発者をサンドボックスに追加できます。彼らをあなたのアカウントのライセンスユーザーとして含める必要はありません。サンドボックスでは、ユーザーはライブのZoho CRMアカウントと同じ構成で作成を行い、その変更をテストすることができます。

すべての変更を100%の精度で確認

サンドボックスは、ただ開発者がアカウントのカスタマイズを行う場所ではありません。変更内容を導入する前にベータテストし、期待通りに機能するかどうか確認できます。新しい設定がチームに受け入れられるか心配ですか?サンドボックスでは、数人のユーザーだけにアクセスを許可できるため、彼らは自身の実際のアカウントと同じアクションを実行し、変更を確認することができます。

高度導入オプション

変更は必ずしも作成した順ではなく、好きな順序で導入できます。サンドボックスの高度導入オプションでは、重要度が低い変更が導入されるのを待つ必要はありません。導入キューの中で重要な変更を先に実行できます。

  • どの変更を導入するか選択

    部分的導入オプションを使用すれば、信頼できる変更のみを公開できます。

  • 依存と競合を判断

    すばやく依存性チェックを実行し、どの変更のセットに競合がなく、導入可能かを判断できます。

  • ログを使用してすべての導入を追跡

    ログを使用してサンドボックスを調べ、導入の履歴から洞察を得ます。