Deluge 関数で サーバーレス構築を実現

サーバーレスで実行できるDeluge コードを使って、ワークフローを構築できます。 また、イベント駆動型の自動スケーリング機能をZoho CRM アカウントに追加することもできます。

  •  

    Zoho CRM と各種SaaSアプリケーション間で、イベントベースのアクションを実行できる

  •  

    拡張性やプロビジョニングの対応も不要

  •  

    Zoho CRM のバックエンドインフラで実行できるため、コードをグローバルにスケーリングできる

  •  

    基盤インフラの管理をすることなく、リリース準備が整ったコードのみを反映できる

  •  

    実装コストとオーバーヘッドを大幅に削減できる

あらゆる規模に対応

Zoho CRMでは、Deluge 関数を使用して、エンドツーエンドのコードをサーバーレスで実行できます。
コードはクラウド上に実装され、自動でスケーリングされます。
基盤インフラやミドルウェアの要件に左右されません。

複雑なワークフローを調整

Deluge 関数は、Zoho CRM のデータ、ワークフロー、プロセス、APIにより複雑な機能を追加できます。
また、高度な業務フローを大規模に実装させる際に欠かせない、
イベント駆動型のオーケストレーション/演算プラットフォームを利用できます。

  • インフラ不要

    コードの実行とスケーリングは、Zoho のインフラを使用して安全に実行できます。

  • 開発チームの生産性を向上

    Zoho CRM のDeluge 関数は、サーバーレスのイベント駆動型プラットフォームを利用できるため、コードの実装と本稼働環境への反映がより簡単になります。

  • Zoho CRM にネイティブ対応

    きわめて低いレイテンシーでコードを実行できます。Deluge 関数は、Zoho CRM の一般設定と同程度の実行時間で動作するため、Zoho CRM のワークフロー、アプリのコンポーネント、データ、API から瞬時にコードを取得できます。