欲しいモバイルアプリを自分で作れる

Zoho CRMのiOS/Android対応のモバイルアプリ開発キット(Mobile SDK)は、自社のビジネスニーズに対応した独自のCRMのモバイルアプリを構築できます。

オリジナルモバイルアプリを構築するメリット

  • 働きやすい環境づくり

    サービスが快適であればあるほど、働きやすい環境が構築され、業務効率が飛躍します。 CRMに必要なデータを簡単に追加、処理できるアプリを構築することは、生産性をアップさせる方法としてとても有効といえるでしょう。

    効率的なデータ管理

    社内スタッフは、担当業務によって業務内容が大きく異なるため、営業事務など一部のデータで十分に業務ができ、すべてのCRMデータを必要としない方もいるでしょう。こうした職務内容に応じたアプリを構築することで、業務を効率的に行えるようになります。

  • データ入力の手間を最小限に

    データやステータスなどが更新されると集計などに必要なデータが該当する項目に自動的に入力されるよう設定することが可能です。これにより、入力にかける時間を大幅にカットできます。

    顧客満足度の向上

    モバイルだけで業務を処理できる環境を構築することで業務効率を飛躍させるだけでなく、顧客対応をよりスピーディーに行えるため、顧客満足度の向上へとつながります。

カスタムモバイルアプリ

  • ドキュメント管理もスムーズに

    モバイルアプリを利用すると、外出先からドキュメントのアップロード、編集などができるようになります。また、Zoho CRMのデータにドキュメントを関連付けることもできます。

  • よりパワフルなモバイルアプリを

    モバイルアプリから社内全体の売上を管理したり、販売パイプラインの検討などが可能になります。

モバイルアプリを構築する際の4ステップ

  • 1.アプリを作成する目的を明確化

    なぜ、モバイルアプリを構築したいのか、どのような効果を期待しているのか、などを明確に整理しましょう。

  • 2.ユーザーシナリオをまとめる

    ユーザーがどのようにデータを使うのかなど、あらゆるケースを洗い出します。役職に応じて整理すると想定漏れを防げます。

  • 3.プロトタイプを設計

    スキャフォールディング(足場作り)、認証、APIラッピング、バージョンのアップグレード、データモデリングなどの技術ステップは、ZohoのSDKが処理しますので、ユーザーは、UIコンポーネントの構築に集中できます。

4.モバイルアプリの配布

お客さま向け

ZohoのSDKで構築されたアプリは、App StoreとPlay Storeの両方で配布可能です。

社内向け

Zohoのモバイルデバイス管理サービスと連携すると、社内メンバーのモバイルアプリ使用状況を確認したり、すべてのアプリを単一のダッシュボードから配布できるようになります。

 

Zoho CRMのSDKを利用し、Android/iOS向けモバイルアプリを開発しましょう。

Mobile SDKに関するヘルプドキュメントはこちら