世界で13,000社を超えるお客さまから信頼されています!

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ワークフローの自動化とは?

ワークフローの自動化とは?

一連の操作を自動化し、人による操作を最低限に抑えてタスクを完了することを、ワークフローの自動化と呼びます。かんたんに言うと、繰り返しのタスクを自動化して作業を楽にするということです。

なぜ重要なのですか?

今日の顧客は短期間で成果を望んでおり、デジタル化はそれを実現するための唯一の手段となります。組織は発生頻度の高いタスクを自動化することで、時間、労力、コストを削減できます。また、質の高い業務を迅速かつ正確に実施することで、手作業に依存している競合他社より優位に立てます。ただし、このすべてを実現するには、効果的なワークフロー自動化ソフトウェアを用意する必要があります。

なぜ重要なのですか?
効果的なワークフローを構築する方法は?

効果的なワークフローを構築する方法は?

シンプルなドラッグ&ドロップインターフェイスで複雑なワークフローを構築できるワークフロー自動化プラットフォーム、Zoho Creatorをご利用ください。連携、複数プラットフォームのサポート、アクセス制御、ガイド付きスクリプトなどの豊富な機能スイートにより、各プロセスのワークフローをかんたんに設計し、自動化できます。Zoho Creatorのワークフロー自動化ツールを使用すると、短時間で多くの業務をこなし、拡張性の高いワークフローソリューションを構築することが可能です。

ワークフローの自動化のメリットは何ですか?

生産性の向上

冗長なプロセスを自動化することで、単純作業に要する時間を短縮し、従業員がより複雑な問題の解決に注力できるようになります。

手動作業によるエラーの削減

プロセスを自動化するとエラーを回避できます。発生してしまった場合にも、エラーの場所がシステムから通知されるので、すばやく修正できます。

透明性の向上

社内コミュニケーションのワークフローを定義することで、各関係者は部署の垣根を越えてあらゆる詳細情報をリアルタイムに共有、追跡、アクセスできるようになり、完全な可視性が実現されます。

顧客満足度の向上

ワークフロールールを設定し、優先度に基づいてサポートチケットを自動的にルーティングすることで、問題を迅速に解決し、価値ある顧客体験を提供できます。

自動化されることの多いワークフローはどのようなものですか?

自動化されることの多いワークフロー
 
  • 払い戻しプロセス 
  • 新入社員研修 
  • 休暇申請 
  • 購入注文 
  • カスタマーサポート 
 

Zoho Creatorのワークフロー自動化ツールでできること

  • 独自のワークフローを定義

    ワークフローの定義
  • 自動プロセスで生産性を向上

    タスクの自動化
  • 適切なデータを適切な人と共有

    適切なデータの共有
  • チームの状況を確認

    チームの状況を確認
  • ワークフローの定義
    • 32種類を超える項目から選択し、フォームを通じてデータを収集しましょう。項目の自動入力、検証を行い、ロジックを使用して誰でも利用できるフォームを構築できます。
    • ワークフローを可視化し、ユーザーがアプリケーションを操作する方法やタイミングに基づいて、一連の操作をトリガーできます。
    • ドラッグ&ドロップ式のスクリプトビルダーを使用して、計算や複雑なビジネス上のタスクを実行できます。
  • タスクの自動化
    • あらゆるプロセス向けに複数レベルの承認を構成できます。
    • 更新やプロセスの逸脱に関する通知により、仕事の状況を常に把握できます。
    • タスクを予約し、予定した時刻にレポート、イベントへの招待、リマインダーを送信できます。
  • アプリケーションの共有
    • ユーザーを役割ごとにグループ化して権限を割り当て、各自が必要な情報だけを表示できるようにします。
    • レコード監査を参照してデータの編集者を確認し、アプリケーションに対する変更を追跡できます。
    • 顧客の専用ポータルを維持し、サインインや情報へのアクセスを許可できます。
  • 公開とモニタリング
    • ワークフローを公開し、意図したとおりに動作するかどうかをテストできます。
    • ボトルネックを特定し、チームのパフォーマンスを改善するのに役立つレポートを作成できます。
    • 特定の情報に絞り込めるように、ダッシュボードでレポートを統合できます。

お客さまの声

  

冗長で複雑なタスクにさよなら

無料登録