従来のERPソフトウェアプロジェクトの75%が失敗

驚くべきことに、ERPは事業運営の中核を成しているにもかかわらず、これまでにERP実装の4分の3が失敗に終わっています。その理由をいくつかご紹介します。

膨大なコスト

従来のERPシステムには隠れたコストが多く、支出はソフトウェアの購入費にとどまりません。カスタマイズ、自動化、メンテナンスのニーズに対応するうちに、コストが膨れ上がります。

組織内の先入観

多くのERPソフトウェア実装が失敗する要因として軽視されがちで、しかし多大な影響を及ぼしているのは、ERPベンダーやシステムインテグレーターが特定のERPソリューションに対して抱く先入観です。結果として、顧客は固有の課題への対処が不十分で、十分にカスタマイズできず、長期的な実装サイクルのないERPソフトウェアを実装することになります。

複雑なカスタマイズ

FinancesOnlineによれば、事業や業務の状況に応じたERPのカスタマイズに要する期間は、平均して16.9~17.4か月に及びます。従来のERPシステムは技術的専門知識やニッチなスキルセットを必要とするものが多いため、このように時間をかけてカスタマイズする必要があるのです。

低いデータ品質

多くの企業は、古いシステムからERPソフトウェアに移行したデータの危険な状態や品質を軽視しています。ERPシステムが情報の品質を改善してくれるという前提は、多くの場合誤っています。ERPソフトウェアは、そこにプッシュされたデータと同程度の品質しか実現できません。

カスタムERPとは?カスタムERPとは?

カスタムERPとは?

カスタムのERPソリューションまたはプラットフォームでは、コーディングをほとんど(あるいはまったく)行うことなく、ERPを短期間で新規構築できます。企業システムの構築、管理、自動化、連携のために、Zoho Creatorなどのローコードプラットフォームが利用されることが増えています。企業はコストを大幅に抑えながら、有意義な形で情報の統合とプロセスの合理化を実現しています。

Zoho Creatorを使用したカスタムERPソフトウェア

自動化最優先の考え方

ローコードプラットフォームを基盤とし、高度なビジュアルワークフローエディターを備えているカスタムERPシステムでは、自動がERP実装の単なる付加価値として軽視されることはありません。かんたんに導入できる高度な自動化ワークフローにより、ERPシステムを運用の最前線に据えることができます。

高い使用率と低いメンテナンスコスト

カスタムERPでは、構想や観念化に時間がかかりますが、構築やメンテナンスにはあまり時間がかかりません。リリース時点で業務に本質的に不可欠な要素に焦点が当てられるからです。どの機能も企業固有の要件に合わせて構築されるため、機能の使用率はほぼ100%に達します。

隠れコストなし

カスタムERPソリューションの決定的なメリットは、価格体系の透明性です。自動化、カスタマイズ、外部サービス連携のレベルに応じて料金を支払うのではなく、プラットフォームとデータストレージに基づいた料金なので、ERP支出を常にコントロールできます。

クラウドベース

クラウドベースのERPでは、大幅にコストを抑え、固定資本ゼロで、迅速な実装、優れたコラボレーション、稼働率の向上が実現します。そのため、メンテナンスやセキュリティの問題は専門家に任せて、主要な業務に専念できます。Zohoが完全に所有する暗号化されたデータセンターは、99.9%の稼働率を誇り、データリスクから完全に防御します。

貴社の運営を映し出すERP

ERP構築に対してボトムアップのアプローチを採用するカスタムERPプラットフォームは、企業のプロセスと文化をERPソフトウェアの中心に据え、データ、設計、開発、パフォーマンス管理など、ERP構築、リリース、メンテナンスのあらゆるステージにそれを適用していきます。

シームレスなメール移行

Zoho Creatorのエンタープライズグレードのデータ管理機能により、データのインポート、変換、メンテナンスをかんたんに実行できます。レガシーアプリケーションからのデータ移行は、暗号化、クラウドベースのバックアップ、スムーズな連携によって保護されており、高いデータ品質を維持します。

市民開発の促進

ビジネスユーザーがビジョンを達成するために従来のプログラマーに依存する必要があると、期待と結果の間にギャップが生じます。複雑なカスタマイズとワークフローを展開できるプラットフォームと視覚的に統合された開発環境をビジネスユーザーに提供することで、サイクルタイムを短縮しながら、エンドユーザーにとって本当に役立つERPを実装できます。

お客さまの声

As a small business, we were able to fully digitize our processes and improve our operations without having to break the bank! We’d have spent a fortune if we had to go with other so-called “Enterprise ERP” platforms for the same level of functionality and flexibility.

Mehmet ozkan, Proprietor, Ozelia

詳細はこちら

無限の可能性を秘めたカスタムERP

400以上のすぐに利用できる外部サービスアプリ連携により、カスタムERPソリューションの新規構築がこれまで以上にかんたんになりました。構築しやすいZoho CreatorのAPIを活用すると、外出先でも、単一の統合インスタンスから、あらゆるビジネスアプリに保存された情報を分析、モニタリング、管理できます。

  •  Box
  •  Dropbox
  •  GDrive
  •  OneDrive
  •   Zoho Docs
  •  WordPress
 

カスタムERPシステム用のビルド済みサンプルアプリ

ERPと営業リソースプランニング(SRP)のニーズに応えるZoho Creatorのモデルアプリスイートは事業の基盤となり、迅速なスタートとカスタマイズを実現することを目的として構築されています。これらのアプリは、Zohのプラットフォームの機能に関するアイデアを提供するものです。これらは、ZohoのERPソリューションプラットフォームがサポートする豊富なカスタマイズを制限するものではありません。また、事業のニーズに合わせて、複数のカスタムERP向けアプリスイートをかんたんに連携させることも可能です。

営業&マーケティング

営業とマーケティングのサイクル全体をすみやかに開始していただけるよう、ビルド済みサンプルアプリをご用意しました。製品カタログの作成、コンテンツの生成、フランチャイズ管理、見込み客管理、顧客/営業活動/見積もりの管理など、Zohoのスイートはプロセスの大規模かつ迅速な自動化を支援します。

詳細はこちら

運用

ビジネスプロセスの自動化は、Zoho Creatorのローコードフレームワークの中核を成すものです。運用向けのモデルアプリにより、注文の管理から社外関係者の管理まで、エンタープライズ全体の運用を一元化できます。さらに、業界を重視するZohoのモデルアプリは、業界固有のニーズを満たすカスタマイズを実施するうえで参考になります。

詳細はこちら

HR

積極的で有能な労働力は、事業の主な成功要因となるため、HRの担当役員は従業員の意欲を維持するうえで極めて重要な存在です。しかし彼らは、中核能力を発揮する十分な時間を確保できているでしょうか。HRチーム向けに構築されたZohoのモデルアプリスイートで、すべての処理業務を自動化しましょう。

詳細はこちら

財務

財務/会計向けのサンプルアプリスイートは、債権/債務管理、キャッシュフロー分析、税管理、請求書処理など、さまざまな領域を網羅しています。優先度の低い処理業務から専門家を解放することで、コンプライアンスを高め、セキュリティリスクを回避できます。

詳細はこちら

IT&総務

クラウドベースのアプリは、総務/IT管理の主な業務(予約管理、会議室管理、チケットの解決、ITソフトウェア、資産管理など)の中心となっています。IT管理/総務のハブを一元化することで、チームは社内顧客満足度の向上に注力できるようになります。

詳細はこちら

カスタマーサポート

カスタマーサポートがビジネスを生むことも、壊すこともあります。マーケティングや営業に労力を費やしても、顧客を維持し、顧客対応全体で顧客を支援できなければ、ほとんど価値はありません。顧客への情報提供と対応を継続できるよう、Zohoのモデルアプリをご検討ください。

詳細はこちら
Zoho Creatorメダル

Gartner Magic Quadrant for Enterprise Low-Code Application Platformsにも掲載

詳細はこちら  
7百万の
6百万の

Zohoプラットフォームを利用している一流ブランド

最も優れたローコードプラットフォームとしてユーザーから評価されているZoho Creator

を超える

5,000

レビュー数

  •  4.7/5
  •  8.3/10
  •  4.5/5
  •  8.7/10
  •  4.2/5
  •  4/5
  •  4.2/5
  •  4.2/5
  •  4.2/5

よくある質問

エンタープライズリソースプランニングとは何ですか?

エンタープライズリソースプランニング(ERP)の最も広範な定義は、部門やサービスの垣根を越え、一元化/連携された形で、すべてのビジネスプロセスや情報を管理することです。当初、1960年代に製造部門における原料調達管理と在庫管理に導入されたERPシステムは、急速な発展を遂げ、あらゆる業界や分野の事業運営に欠かせない存在となりました。製造部門向けのソリューションスイートについては、こちらでご確認ください。

企業にERPソフトウェアが必要なのはなぜですか?

ERPは基本的に、スマートなプロセスの自動化と堅牢な情報管理システムをインテリジェントに組み合わせることで、企業が経営方法を変革できるようにサポートするものであり、主要な洞察を企業全体が重要なものとして利用できるようにします。

Zoho Creatorではアプリを無料作成できますか?

はい。Zoho Creatorのローコード機能を使用すれば、一から、または既存のデータベースを使用して、クラウドベースのアプリケーションを構築、管理、拡張できます。利用可能なプランと全機能については、こちらをご覧ください。

Zoho Creatorで一からアプリを作成するのは、どれほどかんたんなのですか?

Zoho Creatorの直感的なローコードプラットフォームでは、数回ドラッグ&ドロップを行うだけで、数分以内にアプリケーションを作成できます。Zoho独自のプログラミング言語であるDelugeは、非技術系ユーザーのために概念化されており、技術的なノウハウがほとんど(またはまったく)ないユーザーでも高度な機能やワークフローをすばやく構成できます。

Zoho CreatorはiOSやAndroidのネイティブ開発をサポートしていますか?

はい。Zoho Creatorは、アプリケーションのアーキテクチャやUI/UXから、高度なワークフロー自動化、パフォーマンスモニタリングに至るまで、モバイルアプリケーション開発ライフサイクル全体に対応します。詳細はこちら

すばやくカスタマイズして利用できる、ビルド済みのアプリテンプレートはありますか?

はい。Zoho Creatorには60を超えるビルド済みのアプリが用意されており、多様なビジネス機能や幅広い事業部門/業界に対応しています。こちらから、すべてのアプリをご確認いただけます

カスタマイズされた見積もりを依頼

当社の専門家にご相談いただければ、ビジネスニーズに応じた料金プランをご案内します。

見積り依頼