Zoho Analytics の導入事例

B to B、B to Cを問わず、幅広い業種での導入実績があります。
ここでは、Zoho Analytics の導入によってビジネスにおける課題を解決した
お客さまの事例をご紹介します。

50
200
5000

世界での導入実績

Case 12週間のタイムラグをゼロに。課題に対してタイムリーな打ち手が可能に

「今までは集計・可視化・分析と打ち手を実行するまでに大変な時間を要していたが、リアルタイムで何がボトルネックになっているかを確認し、非常に短いサイクルで有効な打ち手を実行できるようになった」

----株式会社星野リゾート(ホテル・ブライダル)

導入前の課題

タイムリーなデータ集計の実現と「勘頼みの
状況判断」からの脱却

導入以前は顧客との接点情報などは施設の営業拠点ごとにすべてエクセルに手入力で管理をしていたが、成約率や全社のKPIなどの状況を把握しようとすると、拠点ごとに分散されたデータを集約し、手作業で再集計する必要があった。タイムリーな集計が難しく、過去の実績とヒューリスティックによる仮説により判断していたところがあった。

導入の決め手

状況を把握するためのスピード改善と、客観的なデータの分析

エクセルによる顧客管理では発生した事象に対する対策や施策が遅れてしまうリスクがあったことから、さまざまな事象の原因をデータから深掘りし、課題に対してタイムリーな打ち手を可能にするために、Zoho Analytics を導入。

導入効果

施策に対する検証を重ねることで、状況が
停滞したときにすぐに対策を打てる

課題や問題を確認し次の対策を打っていく過程で、どのような媒体にどのような広告を打てば最も効果的なのかが分かり、施策の精度が向上。さらに、クラウド型顧客管理・営業支援システム「Zoho CRM」と連携して、営業プロセスの詳細を分析することができている。

事例の詳細はこちら

Case 2データ収集の手間が大幅減。グループ全体の営業活動が一目で把握可能に

「従来、手間がかかっていた海外拠点からのデータ収集や集計が驚異的に効率化され、アクセスするだけでグループの営業活動の全体像を把握できるようになりました」

----サラヤ株式会社(メーカー)

導入前の課題

海外拠点とのさまざまな差異を考慮した上で、
全体像を把握することの難しさ

海外事業を展開する企業の担当者やセグメンターは、海外拠点の営業活動のデータを収集して、適切な業務支援を行わなければならないが、遠く離れた海外拠点とのコミュニケーションには手間がかかり、また、拠点ごとに使用言語や事業環境は異なる。海外拠点からの効率的なデータ収集や、そのデータを一元化して集計する作業は、海外事業本部にとって重要な業務であり、作業の効率化に課題を感じていた。

導入の決め手

幅広いデータソースからのインポートに対応し
ているため、データの収集が効率的に

データの集計をする際、国によって事業環境や特色が異なるため、全拠点のデータ形式を統一することが困難だった。各拠点から収集したデータをスムーズにインポートできるZoho Analyticsは、まさに海外拠点を多数展開するサラヤに最適なツールだったという。

導入効果

不確実性が高まる経営環境の中で、迅速な
経営判断を下すことができる

導入以前は顧客との接点情報などは施設の営業拠海外拠点の状況を、スピーディーかつ視覚的に把握・分析できるようになり、海外拠点の売上額や顧客数を、一目で把握でき、経営層への速やかなレポーティングが可能になった。

事例の詳細はこちら