アンケート結果のスコア測定

アンケート結果のスコア測定や重み付けを行い、各回答者について理解を深めることができます。教育者であれば、Zoho Surveyでペーパーレステストを作成できます。

Zoho Surveyを試す

分析を簡略化

スコア測定により、データを数値で表すことができます。結果を数値化すると分析が容易になります。

たとえば、製品を品質、カスタマーサービス、価格、梱包などの要因で分析する場合、各要因に10点を割り当てると、合計スコアが48点以上であればかなり成功した製品であると推定できます。この単一の指標により、対象が置かれている状況について全体像を把握できます。

重み付けの重要性

それぞれの要因の重要度が同じであるとは限りません。おそらく品質は梱包よりも重要でしょう。このような場合、品質評価の重みを増やすことで、より関連性と正確性の高い結果を得ることができます。

教師向けのスコア測定

正解に点数を割り当て、誤答は点数をゼロにすることで、Zoho Surveyをテストに使用できます。学生がテストを受けた直後に、リアルタイムレポート機能を使用してスコアを確認できます。

組織向けのスコア測定

スコアが高いほど、回答者による組織の認知度が高くなります。必要な作業は、肯定的な選択肢には正の値を、否定的な選択肢には負の値を、中立的な選択肢にはゼロを割り当てるだけです。この機能をZoho CRM連携と組み合わせることで、見込み客が提案に対して満足しているか、不満か、中立的であるかを明確な理由を添えて営業チームに示すことができます。