プロジェクト管理ソフトウェアをカスタマイズ

ビジネスはそれぞれ異なり、何が必要かも同じではありません。つまり、「できあい」のプロジェクト管理ツールを使用することは最適な選択とは言えません。ビジネス用に選択するすべてのツールは、柔軟で、具体的なニーズに合わせて調整できる必要があります。

ユーザー登録

プロジェクトダッシュボードウィジェットの有効化/無効化

ウィジェット

  • マイルストーンステータス
  • タグ
  • 上位5人の抽出
  • タイムシートサマリー

レイアウトと項目

カスタム項目を使用して、それぞれのプロジェクト要件に合わせてプロジェクト、タスク、問題のカスタムレイアウトを作成できます。カスタム項目には、単行、ピックリスト、複数ユーザー、複数選択、日付、数字、メール、電話番号、URLフィールドなどを使用でき、適切な情報を取得できます。

サービス内容合意書(SLA)

エスカレーション手順を設定して問題を細かく追跡し、期限までに是正することで、より効果的に顧客をサポートできます。問題をエスカレーションする条件を定義し、エスカレーションレベルを設定して、適切なタイミングで適切な担当者に通知できます。

SLA管理の詳細はこちら

テンプレート

同じようなタスクリストを持つ類似プロジェクトはありませんか?同様のプロジェクト、タスクリスト、タスクがある場合、ゼロからプロジェクトタスクやスケジュールを作成するのではなく、カスタムテンプレートを作成できます。その場合、類似プロジェクト用の共通テンプレートを作成するか、既存プロジェクトからコピーし、必要に応じて再使用できます。

ワークフロー

カスタムワークフローを使用すれば、チーム全体が問題の進捗状況を理解できます。ワークフローは、問題が次に変わる可能性があるステータスを定義するものです。既存のステータスやワークフローを編集したり、新規作成したりすることで、カスタマイズできます。

プロジェクトのカスタムワークフローに関する詳細はこちら

カスタマイズが重要な理由

  • カスタマイズされたプロジェクト

    すべてのニーズを満たす万能なソリューションはありません。ビジネスニーズはそれぞれ異なり、それを満たす柔軟なプロジェクト管理ツールが必要です。カスタム項目、ビュー、テンプレートを使用することで、適切な情報や正確なレポートを取得し、常に必要な情報をすべての人に提供できます。

  • 従業員への周知

    カスタム項目やカスタムワークフローを使用すれば、より正確な情報を提供できるだけでなく、特定のプロジェクトに直接関わっていない従業員にも進行状況を知らせることができます。情報が多ければミス発生の余地が少なくなり、最終的にはプロジェクトの成功率が向上します。

  • 顧客満足度の向上

    適切な量の情報をクライアントに提供することで、クライアントは週次報告を待つことなく、プロジェクトの進捗状況や特定問題のステータスを正しく把握できます。透明性と適切なタイミングでのエスカレーションにより、顧客との信頼関係を強化できます。

  • 生産性の向上

    カスタムテンプレートやカスタムワークフローの機能は、チームが少ない時間で多くを完了するための機能です。カスタマイズ機能を使用して繰り返しの業務や日常業務を自動化すれば、そこに費やす時間を短縮し、より充実した創造的な業務に多くの時間を割り当てることができます。

We found Zoho Projects the best fit, as we got everything we were looking for at a very affordable price.

Rakesh Nautiyal Sunnyland Tours