Zoho Projectsでプロジェクトのポータルをカスタマイズするには

組織には、プロジェクトの重要な情報に数回のクリック操作でアクセスできる効果的なコラボレーションプラットフォームが必要です。Zoho Projectsを使用すれば、会社向けのイントラネットやエクストラネットを構築できます。企業のナレッジを集積する強力な基盤を形成して、プロジェクト文書の保存や、作業カレンダーやタイムシートの共有、カスタマイズしたプロジェクト管理ソフトウェアの構築が可能になります。 Zoho Projectsでは、プロジェクトポータル全体を共通のタスク、文書、カレンダー、タイムシートでカスタマイズできます。この共有スペースでプロジェクトの文書やレポートを更新すると、最新の変更内容がチームに自動的に通知されます。

カスタマイズの主なメリット

  • 顧客、クライアント、パートナー、チームメンバー向けにプロジェクトをカスタマイズ
  • タスク、カレンダー、タイムシートなどのアプリケーションへのアクセスを提供
  • 要件に応じて所在地のタイムゾーンを選択し、プロジェクトをローカライズ
  • 数クリックで、プロジェクトメンバーのユーザープロフィールを作成・編集
  • どのプロジェクト情報へのアクセスと作業を可能にするかをユーザーごとに決定
  • ポータル全体を確認することなく、必要な情報に瞬時にアクセス可能

ポータルのカスタマイズ

直観的でシームレスに操作できる使いやすい設定パネルを使用して、ユーザー向けにプロジェクト全体をカスタマイズできます。また、会社のスタイルに合わせてロゴをカスタマイズし、配色を選択することもできます。

プロフィールを作成

自分のことをもっとよく知ってもらうには、プロジェクトに自分のプロジェクトプロフィールを作成し、カスタマイズしましょう。自分のプロジェクトプロフィールに自己紹介を加えてパーソナライズし、お気に入りの画像をアップロードすれば、チームメンバーに仕事中に確認してもらえます。

ポータルを管理

共有文書へのアクセス権限、共有のカレンダー、タイムシート、連絡先などを指定して、チーム全員用にプロジェクトポータルをカスタマイズできます。プロジェクトの詳細を迅速に把握できるため、多数のメールや電話に悩まされることなく時間を節約できます。