自動化で余計な手間を省略

柔軟で使いやすいイシュー管理機能を使用して、メールの自動化、更新をトリガーするルールの設定、Webhookを使用した外部サービスアプリケーションへの接続を自動化し、必要なアクションを実行するためのカスタム関数を記述しましょう。サービス内容合意書(SLA)を自動化することで、クライアントの期待を上回る成果を挙げましょう。

通知

問題の登録、割り当て、解決などのさまざまなイベントに関するメール通知をユーザーに送信できます。問題についての通知パターンを設定するだけでメールが送信されます。 

ビジネスルール

問題の重大度の変更やユーザーへの割り当てなど、一連のアクションを自動的に実行するルールのライブラリを構築します。ユーザーはルールをトリガーするタイミングを設定するだけです。

Webhook

問題が最上位レベルにエスカレーションされた場合や、期日を過ぎても未解決のままである場合に、通知を受け取ることができます。SMSの通知の送信、Slackでのメッセージのプッシュ、Webhookを利用した外部サービスアプリケーションへの通知が可能です。Webhookを呼び出すルールを設定するだけで、あとは自動的に実行されます。

カスタム機能

通知以上のことが必要な場合があります。たとえば、問題が最上位レベルにエスカレーションされたら、マネージャーへの自動的な割り当て、SMSを使用したマネージャーへの通知、問題へのコメントの追加を実施する必要があります。また、問題解決に取り組んでいることを顧客にメールで通知する必要があるかもしれません。カスタム関数により、通知の自動化、Webhookの呼び出し、ルールがトリガーされた場合のビジネスロジックの実施が可能になります。