問題追跡とワークフロー

問題をすばやく記録し、難なく対処しましょう。すべての問題を表示する統合ビューを使用して、レポートで進捗を追跡することができます。日常のタスクを自動化し、組織のニーズを満たすようにインターフェイスをパーソナライズしましょう。

問題

分類オプションやリマインダー通知オプションなどの詳細を設定して、バグをかんたんに登録できます。他の管理機能からバグをインポートしたり、スプレッドシートにエクスポートしたりすることが可能です。カスタムビューを作成して、プロジェクトにとって緊急度の最も高いバグに注力しましょう。問題ごとに作業時間を記録し、レポートでステータスを確認できます。

詳細

自動化

イベントの実施中は、問題の作成・更新日時などの情報を自動メールで共有しましょう。ビジネスルールを設定すれば、ルールがトリガーされたときに、問題の詳細の更新、Webhookを利用した外部サービスアプリケーションへの通知、カスタム関数を使用した必要なビジネスロジックの実施が可能になります。SLAを自動化することで、顧客との取引条件を満たすことができます。

詳細

カスタマイズ

外部Webサイトから直接問題を記録したり、要件を満たす独自のフィールドとステータスを定義したりすることができます。独自のワークフローを設定し、関連する問題をリンクして、プロジェクトを円滑に実施しましょう。また、メールをカスタマイズして、受信者に知らせたい正確な情報がメールに含まれるようにすることも可能です。

詳細

カンバン

チームの全員に行うべきことを認識させましょう。カンバンはバグをカードで表し、バグのステータスごとに列に並べたものです。ワークフローに基づいて、カードをカスタマイズしましょう。

詳細

SLA

目指す目標を定義し、エスカレーションの相手とタイミングを指定して、保証内容を必ず守るようにしましょう。

詳細