Outlook PSTの移行

Outlook PSTの移行

管理者はZoho移行ウィザードのOutlook PST移行オプションを使用して、複数のユーザーのメールをOutlook PSTファイルからZoho Mailに移行できます。 

複数のPSTファイルを持つ複数のユーザーのOutlook PSTからの移行

管理者は、さまざまなPSTファイルを異なるユーザーのアカウントに移行できます。移行プロセスの前に、移行先のメールアカウントを同じ組織のZohoに作成する必要があります。複数のユーザーの複数のPSTファイルを移行する必要がある場合は、移行前に次の準備手順に従ってください。

 準備手順 - テキストファイル

移行するアカウントの詳細を含むテキストファイルを作成し、次の手順で説明するように、フォルダーを配置する必要があります。

  1. 複数のユーザーを移行するために、システムに新しい移行フォルダーを作成してください。 
  2. 移行するアカウントの一覧を記載した(1行に1つのアカウントのメールアドレスを記載)新しいテキストファイルをフォルダーに作成してください。
  3. アカウントは、組織の設定においてZohoで作成済みであり、[ユーザー詳細]セクションに表示されている必要があります。 
  4. 移行フォルダーの下に、user1@yourdomain.com、user2@yourdomain.comなどの形式でサブフォルダーを作成してください。テキストファイルに記載されている各アカウントが、移行フォルダーの下にサブフォルダーとして作成されます。 
  5. 各ユーザーのPSTファイルを、作成した各サブフォルダーの下に配置してください。  
  6. テキストファイルの内容とサブフォルダーの詳細をクロスチェックしてください。

フォルダー名 - ベストプラクティス

英語/特殊文字以外:

  • より良い移行結果を得るために、フォルダー名は英語にすることをお勧めしてください。英語以外のフォルダー名がある場合は、ウィザードをインストール/実行するローカルシステムが、PSTファイルに使用した言語をサポートしていることを確認してください。 
  • 特殊文字はフォルダー名ではサポートされていません。特殊文字はフォルダー名から削除されます。 
  • 英語以外のフォルダー名を使用して問題が発生した場合は、移行時に一時的に英語のみのフォルダー名を使用し、移行後にWeb画面で目的の言語の名前に戻すことができます。

システムフォルダーの名前を持つフォルダー:

最上位の階層にシステムフォルダー(Inbox/Drafts/Outbox/Sent)と一致するフォルダー名がある場合、メールはそれぞれのフォルダーに移行されます。ただし、このようなシステム名はサブフォルダーではサポートされていません。

同様に、受信トレイを除き、他のフォルダーにはサブフォルダーを作成すべきではありません。このような予約名のフォルダーがある場合は、より良い結果を得るために、フォルダーの名前を変更するとよいでしょう。 

誤ったフォルダー名 

お勧めの変更例

 Inbox/Drafts

Drafts

テンプレート

$revenue$and%income%

おはようございます

Drafts/references

Inbox/myDrafts

myDrafts

myTemplates

RevenueAndIncome

GoodMorning

myDrafts/References

 パスワードで保護されたPSTファイル:

パスワードで保護されたPSTファイルを持つユーザーがいる場合は、各ユーザーのフォルダーの下にテキストファイル「pass.txt」を作成してください。各ユーザーについて、PSTファイル名のあとにコンマとパスワードを入力して、特定のPSTファイルを開きます。同じユーザーの各PSTファイルの詳細を、新しい行に同じ形式で追加してください。 

特定のユーザーのpass.txtは次のようになります。 

my_email_backup1.pst,passw0rd1

my_email_backup3.pst,passw0rd3

パスワードで保護されたPSTファイルを持つすべてのユーザーに対応するフォルダーの下に、それぞれの「pass.txt」ファイルを作成してください。

複数のユーザーの複数のPSTファイルを移行する手順: 

  1. デスクトップショートカットを使用してウィザードを起動するか、\Zoho\ZohoExchangeMigration\binフォルダーのインストールパスの下にあるファイル「ZoHosExchangeMigration.exe」を実行してください。
  2. [移行の種類の選択]ダイアログボックスで、[Exchange/PST/EMLからのメールとその他のデータの移行]を選択してください。
  3. Zohoの認証情報を入力するように求められます。管理者の認証情報を入力してください。
  4. [移行対象]ドロップダウンで[複数のユーザー]を選択し、[次へ]をクリックして先に進みます。
  5. [移行オプション]で[PST移行]を選択し、[次へ]をクリックしてください。
  6. [アカウントの確認]ダイアログボックスで[参照]をクリックし、ユーザーのメールアドレスを入力した移行フォルダーに.txtファイルをアップロードしてください。詳細については、準備の手順を参照してください。
  7. テキストファイルに含まれているユーザーアカウントの詳細が表で示されます。
  8. [アカウントを確認]をクリックしてください。[ステータス]列には、ZohoMailに存在しないアカウントが示されます。 
  9. アカウントが「存在しない」と表示されている場合は、アカウントを作成していない恐れがあるため、そのユーザーを作成する必要があります。ユーザーがアカウントを持っているが、メールアドレスが異なる場合は、特定のメールアドレスを持つユーザーのエイリアスを作成できます。
  10. アカウントの確認が終了したら、[次へ]をクリックしてください。
  11. [ユーザーのPSTの詳細]ダイアログボックスで[参照]をクリックし、PSTファイルが含まれているフォルダーをアップロードしてください。詳細については、準備の手順を参照してください。
  12. 各ユーザーの下にPSTファイルの一覧が表示されます。スキャン中に問題が発生したPSTファイルは赤で表示されます。 
  13. 移行プロセスで特定のフォルダーを除外する場合は、ユーザーリストを展開して該当するチェックボックスをオフにしてください。
  14. すべてのユーザーについて、あるフォルダーを例外なく除外するには、[すべてのユーザーのフォルダーオプション]テキストボックスにフォルダー名を入力し、[次へ]をクリックしてください。
  15. [エラー情報]ダイアログボックスが表示され、移行できなかったPSTファイルが示されます。 
  16. パスワードで保護されたPSTファイルにエラーが発生した場合は、パスワードを削除してから[再試行]をクリックして手順14に戻ります。
  17. [移行データオプション]画面で、それぞれのZohoアカウントに移行するデータを選択してください。初期設定では、すべてのパラメーターが選択されています。
  18. 複数のアカウントを選択し、[編集オプション]メニューを使用してパラメーター設定を編集することが可能です。
  19. 特定の期間に該当するメールを移行する場合は、[指定期間のメール]を選択して、[最初の日付]と[最後の日付]を入力してください。[選択したユーザーに変更を適用]をクリックしてください。
  20. アカウントに適した環境設定が選択されていることを確認してください。移行を開始したら、以前の画面を編集したり、画面にアクセスしたりすることはできません。
  21. [移行を開始]をクリックして、移行プロセスを開始してください。
  22. 移行期間全体を通して、インターネットへの接続を確実にしてください。
  23. [ステータス]列には、移行対象のアカウントの詳細が表示されます。
  24. [アカウント名]列の特定のメールアドレスをクリックすると、そのユーザーの詳細な進捗状況を表示できます。
  25. 移行速度は、ネットワーク速度、移行するデータのサイズ、その他の要因によって異なります。移行プロセスが完了すると、プロンプトが表示されます。接続の問題が発生した場合は、インターネット接続を確認し、[エラーを再試行]をクリックしてください。

 単一ユーザーのOutlook PSTからの移行:

単一ユーザーのPSTファイルを移行する手順:

  1. デスクトップショートカットを使用してウィザードを起動するか、インストールパスの下の\Zoho\ZohoExchangeMigration\binフォルダーにあるファイル「ZohoMigrationWizard.exe」を実行してください。
  2. [移行タイプの選択]ダイアログボックスで、[Exchange/PST/EMLからのメールとその他のデータの移行]を選択してください。
  3. Zoho Mailの認証情報を入力してください。入力するメールアカウントは組織の一部である必要があります。 
  4. 管理者でなければ、[移行対象]ドロップダウンは初期設定で[自分]が選択されています。管理者でない場合は[自分]を選択してください。
  5. [移行オプション]で[PST移行]を選択し、[次へ]をクリックしてください。
  6. システムに移行フォルダーを作成し、移行する必要のあるPSTファイルをすべて追加してください。 
  7. [ユーザーのPSTの詳細]画面で[参照]をクリックし、PSTファイルを保存したフォルダーを選択してください。
  8. このユーザーのために保存されているPSTファイルのリストが画面に表示されます。スキャン中に問題が発生したPSTファイルは赤で表示されます。
  9. 移行プロセスで特定のフォルダーを除外する場合は、フォルダーリストを展開して該当するチェックボックスをオフにしてください。[次へ]をクリックしてください。
  10. [エラー情報]ダイアログボックスが表示され、移行できなかったPSTファイルが示されます。
  11. パスワードで保護されたPSTファイルにエラーが発生した場合は、パスワードを削除してから[再試行]をクリックして手順10に戻ります。
  12. [移行データのオプション]画面で、Zohoアカウントに移行するデータを選択してください。初期設定では、すべてのパラメーターが選択されています。 
  13. [編集オプション]メニューで直接設定を編集することも可能です。
  14. 特定の期間に該当するメールを移行する場合は、[指定期間のメール]を選択して、[最初の日付]と[最後の日付]を入力してください。[選択したユーザーに変更を適用]をクリックしてください。
  15. アカウントに適した環境設定が選択されていることを確認してください。移行を開始したら、以前の画面を編集したり、画面にアクセスしたりすることはできません。
  16. [移行を開始]をクリックして、移行プロセスを開始してください。
  17. 移行期間全体を通して、インターネットへの接続を確実にしてください。
  18. [ステータス]列には、移行対象のアカウントの詳細が表示されます。
  19. [アカウント名]列の特定のメールアドレスをクリックすると、そのユーザーの詳細な進捗状況を表示できます。
  20. 移行速度は、ネットワーク速度、移行するデータのサイズ、その他の要因によって異なります。移行プロセスが完了すると、プロンプトが表示されます。接続の問題が発生した場合は、インターネット接続を確認し、[エラーを再試行]をクリックしてください。

システムがクラッシュした場合、またはその他のエラーが発生した場合、移行は一時停止されます。次回のサインイン時に、前回の移行が完了していないことを示すメッセージが表示されます。必要に応じて、一時停止した移行を再開できます。

​​

​​移行レポート

移行したアカウントのレポートを確認できます。サインイン後に[レポート表示]ボタンをクリックするとアクセスできます。移行レポートの表示の詳細については、こちらをクリックしてください。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com