Mac用OutlookでのZoho Mailの設定 - IMAP

Mac用OutlookでのZoho Mailの設定 - IMAP

OutlookでZoho MailアカウントをPOPとして設定する手順

  1. Zoho MailアカウントにサインインしてIMAPアクセスを有効にしてください(www.zoho.com/mailにサインイン>>[設定]>>[メールアカウント]>>[IMAPアクセス]>>[IMAPアクセス]チェックボックスをオンにして有効にしてください)。
  2. システムでMicrosoft Outlookアプリケーションを起動してください。
  3. [ツール]メニューに移動し、[アカウント]オプションを選択してください。
  4. [その他のメール]オプションを選択してください。
  5. [アカウント情報]ページに以下の詳細を入力してください。
    • [メールアドレス]項目に、Zohoのメールアドレス(user@domain.com、または組織アカウントの場合はメールエイリアス、個人アカウントの場合はusername@zoho.com)を入力してください。
    • [パスワード]項目にZohoアカウントのパスワードを入力してください。
    • ユーザー名:Zohoアカウントのメールアドレス(user@domain.com、または組織アカウントの場合はメールエイリアス、個人アカウントの場合はusername@zoho.com)。
    • タイプ:ドロップダウンリストから[IMAP]を選択してください。
    • 受信サーバー:imappro.zoho.com - 組織アカウント用(ドメインがZohoでホストされている場合)。
    • 受信サーバー:imap.zoho.com - 個人アカウント用(個人用の@zoho.comアカウントを持っている場合)
    • [接続にSSLを使用]チェックボックスをオンにしてください。
    • 送信サーバー:smtp.zoho.com
    • [初期設定のポートを上書き]チェックボックスと[接続にSSLを使用]チェックボックスをオンにしてください。 
    • 送信サーバーの横にあるポート番号項目が有効になります。[ポート番号]を「465」に設定してください。
  6. [アカウントを追加]をクリックしてください。 
  7. アカウントの詳細が確認されると、[アカウント]タブに詳細が表示されます。
  8. [アカウント]タブを閉じると、Mac用OutlookのZoho Mailアカウントにアクセスできるようになります。 

Outlook IMAP固有の手順

送信済みアイテム

初期設定では、SMTPサーバーは送信済みフォルダーに送信済みのメールを自動的に配置してください。ただし、Outlookでメールを送信すると、送信済みフォルダーにもう1つのコピーが保存されます。 

送信済みフォルダーでの重複を回避するには、次の設定を変更してください。

Zoho Mailでの設定: 

SMTP設定で、サーバーによって作成されたコピーをオフにできます。手順については、こちらを参照してください。

ただし、Outlookアプリケーションの設定を変更することもできます。 

Outlookでの設定:

  • [ツール]メニューで[アカウント]オプションを選択してください。
  • アカウントの一覧からZoho Mailアカウントを選択し、[詳細設定]をクリックしてください。
  • [フォルダー]タブで、[送信済みメッセージのコピーを保存しない]チェックボックスをオンにしてください。

メッセージ全体のダウンロード

初期設定では、Outlookはメールを同期する際に送信者、件名、日付情報(ヘッダー)のみをダウンロードしてください。メッセージ全体がダウンロードされるのは、そのメールをクリックしたときだけです。この動作を変更するには、送受信設定を変更してください。  

  • [ツール]メニューで[アカウント]オプションを選択してください。
  • アカウントリストからZoho Mailアカウントを選択し、[詳細設定]をクリックしてください。
  • [サーバー]タブで[ヘッダーのみダウンロード]オプションの選択を解除してください。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com