Zoho Exchange移行

Microsoft Exchange Serverからの移行

Exchange移行ウィザードを使用して、社内のExchangeサーバーまたはホスト型Exchange環境から直接メールを移行できます。ウィザードがすでにインストールされている場合は、インストールプロセスをスキップし、指示に従ってExchangeサーバーからデータを移行することが可能です。

クライアントマシンの管理者権限を持っていることを確認し、ウィザードをインストールして実行してください。また、メールの移行先となるメールアカウントがZoho Mailで作成されており、ユーザーがアクセスできることを確認してください。Exchange環境からユーザープロビジョニングを開始する場合は、ウィザードでユーザー移行オプションを選択し、その指示に従ってください。

Zoho Mailは、Webを介したExchange Serverからの移行をサポートするようになりました。Exchange Serverの移行オプションは、Zoho Mailのサービス画面で提供されています。Webを介した移行の場合、移行ウィザードをダウンロードする必要はありません。詳細については、こちらのヘルプページを参照してください。

Exchange Serverにオンラインアクセスがある場合はWebオプションを使用して移行することを強くお勧めします。Webオプションは非常に高速で、移行をより適切に制御できます。

 Exchange移行ウィザードの実行手順:

  1. デスクトップショートカットを使用してウィザードを起動するか、\Zoho\ZohoExchangeMigration\binフォルダーのインストールパスの下にあるファイル「ZoHosExchangeMigration.exe」を実行してください。
  2. ようこそ画面で[Exchange/PST/EMLからのメールやその他のデータの移行]を選択してください。
  3. 次の画面で、移行のためにZoho管理者認証情報を入力し、サインインをクリックしてください。下のドロップダウンから[複数のユーザー]を選択し、[次へ]をクリックして次に進みます。 
  4. Exchange Serverから移行するには、データ移行オプションから[Exchangeからの移行]を選択してください。
  5. Exchangeへの移行は、社内のExchange Serverのみでなく、ホスト型Exchangeサービスからも実行できます。
    1. 社内のExchange Serverから移行する場合は[いいえ]を選択し、Exchange Serverの名前、Exchange管理者のユーザー名、Exchange Serverのドメインの詳細情報を入力してください。 
    2. ホスト型Exchangeから移行する場合は、[ホスト型Exchange][はい]を選択してください。移行ウィザードが実行されているシステム内のOutlookプロファイルの詳細が、ドロップダウンに表示されます。
    3. 移行するアカウントを関連付けたプロファイルを選択してください。 
  6. [認証済みのドメイン]ドロップダウンには、Zohoアカウント(手順3で指定)に関連付けられているドメインが表示されます。メールの移行先のドメインを選択し、[次へ]をクリックしてください。 
  7. ここで、メールを移行するために、移行元メールアカウントと移行先メールアカウントを関連付けする必要があります。 
  8. 移行元の詳細は、テキストファイル/グローバルアドレス一覧(GAL)を使用して、またはLDAPサーバーから直接関連付けできます。 
    • テキストファイルからの移行元アカウント 
      1. 移行元アカウントの詳細を含むテキストファイルを使用するには、[テキストファイル]オプションを選択してください。 
      2. ファイルダイアログを参照して、テキストファイルを選択してください。 
      3. 詳細を正しくインポートするには、移行元アカウントが新しい行に一覧されている必要があります。 
      4. テキストファイル内のデータに基づいて、ユーザーの一覧が取得されます。 
    • GALからの移行元アカウント 
      1. GALからの移行元アカウントを一覧するには、[GAL]を選択してください。
      2. [タイプ]/[ドメイン]を選択し、フィルター条件を指定してください。
      3. フィルター条件に基づいて、ユーザーの一覧が取得されます。 
    • LDAPからの移行元アカウント(LDAPから移行元アカウントを選択できるのは社内のExchange Serverから移行する場合のみであり、ホスト型Exchangeの場合は選択できません) 
      1. LDAPから移行元アカウントを取得するには、[LDAP]を選択してください。 
      2. ベースDNと対応する、LDAPクエリーを指定してください。 
      3. LDAPクエリーに基づいて、ユーザーが取得されます。 
  9. これらの方法のいずれかを使用して、インポート済みの移行元アカウントの一覧を、Zohoで設定したユーザーアカウントに関連付けできます。 
  10. メールが移行されるのは、移行先アカウントが有効なメールアカウントで作成され、Zohoのユーザーがアクセスできる場合のみです。
  11. [アカウントの認証]をクリックして、取得したアカウントを認証してください。[ステータス]には、Zoho Mailで作成された組織アカウントの中で、特定のアカウントが使用可能であることが示されています。 
  12. いずれかのアカウントが「存在しない」と表示されている場合は、ユーザーを作成していない恐れがあるため、そのユーザーを作成する必要があります。ユーザーがアカウントを持っているが、メールアドレスが異なる場合は、特定のメールアドレスを持つアカウントのエイリアスを作成できます。 
  13. アカウントの認証後、ウィザードは指定されたExchangeサーバーの各メールアカウントに接続し、フォルダーの一覧を取得します。
  14. フォルダー名の横にある選択ボックスを使用して、フォルダーの一覧を表示し、フォルダーを移行に含める/除外することができます。 
  15. Exchangeでは、何らかの理由でアカウントにアクセスできない場合、そのアカウントはエラーメッセージとともに赤色で表示されます。 
  16. このようなアカウントがある場合は、権限、設定、アクセス権を確認し、移行に使用するExchange管理者アカウントからアクセスできるようにしてください。
  17. [次へ]を選択して表示される画面には、エラーのある移行元アカウントの一覧が表示されます。アカウントの権限/設定を変更した場合は、[再試行]を選択して手順15に戻ってください。 
  18. これらのアカウントをスキップして、他のアカウントの移行プロセスに進むには、[続行]をクリックしてください。
  19. 次の画面で、移行を実行する項目を選択してください。初期設定では、すべてのアカウントのすべてのデータが選択されます。 
  20. 予定表、連絡先、タスク、メモは含めることも、除外することも可能です。また、アカウントの特定の期間のメールデータのみを移行することもできます。 
  21. 画面下部の移行オプションを使用して、項目を確認/変更することもできます。 
  22. 移行を開始すると、選択したオプションを変更できなくなります。 
  23. 移行プロセス全体を通じて、移行元サーバーがアクセス可能であり、オンラインになっていることを確認してください。 
  24. [移行の開始]をクリックすると、選択したすべてのユーザーの移行プロセスが開始されます。 
  25. [移行ステータス]ページには、現在の移行プロセスの詳細が表示されます。 
  26. [ステータス]列には、Exchangeサーバーからデータを抽出/処理するアカウントの詳細が表示されます。 
  27. [アップロード]画面には、抽出してZohoサーバーにアップロードした、アカウントの詳細が表示されます。 
  28. [アカウント名]列の特定のメールアドレスをクリックすると、そのユーザーの詳細な進捗状況を表示できます。
  29. すべてのファイルをアップロードしたら、移行プロセスが予約され、Zohoサーバーで実行されるので、移行ウィザードを終了できます。 
  30. すべてのユーザーのすべてのファイルがサーバーに完全にアップロードされるまで、移行ツールによる処理が行われ、ネットワークに接続していることを確認する必要があります。
  31. 各アカウントの抽出と進捗の詳細も、表で監視できます。
  32. すべてのファイルが抽出され、サーバーにアップロードされたら、移行ウィザードを終了できます。

移行レポート

移行したアカウントのレポートを確認できます。サインイン後に、[レポートの表示]ボタンをクリックするとアクセスできます。移行レポートの表示の詳細については、ここをクリックしてください。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com