メールルーティング

配信の詳細オプション - メールルーティング

詳細なメールルーティングオプション(評価オプション)

最初に、ルーティングを設定するドメインを選択し、必要に応じて他のパラメーターを指定してください。Zoho Mailにメールを配信するようにMXレコードを設定している場合は、配信の詳細オプションを設定して、選択したメール配信オプションに基づいて別の宛先サーバーにメールを転送できます。

配信の種類

分割配信:既存のアカウント以外にのみメールを配信する。

Zoho Mailにアカウントがあり、他のサーバーにもアカウントがある場合は、[分割配信]を設定できます。このオプションを選択すると、Zohoに存在するアカウントに宛てたメールがZohoに配信されます。Zohoに存在しないアカウントにメールが到着すると、メールがバウンスされるのではなく、選択した宛先サーバーにリダイレクトされます。

二重配信:既存のアカウントのみに並行してメールを配信する。  

Zohoの既存アカウントすべてに両方のサーバーのメールを配信する場合は、[二重配信]を設定できます。存在しないアカウントにメールが到着すると、そのメールはZohoサーバーから直接バウンスされ、宛先サーバーには到達しません。基本的に、[二重配信]は、メールのバックアップやアーカイブサービスを別の場所で使用する場合や、さまざまな理由で両方のシステムを共存させる場合に設定できます。

メールルーティング:Zohoのアカウントであるかどうかにかかわらず、すべてのメールをルーティングする。 

Zoho Mailでは、アカウントがZohoで設定されているかどうかに関係なく、自分のメールアドレスに送られたすべてのメールを転送する場合に、[メールルーティング]オプションを設定できます。設定されている場合はZohoアカウントにメールが配信されます。

配信オプションの設定に必要なパラメーター:

宛先サーバー:宛先サーバーは、有効なドメイン名またはメールを直接受信できる有効なメールサーバーです。宛先にドメイン名を指定すると、ルーティングされたメールが宛先として指定されたドメインのMXレコードに配信されます。宛先にMXレコードを直接指定すると、メールは指定されたサーバーに直接ルーティングされます。

SMTPエンベロープを変更:別のドメインを宛先サーバーとして指定した場合(例:mydestination.com)は、そのメールを他のサーバーのuser@mydestination.comに配信できます。SMTPエンベロープオプションが有効になっている場合でメールがルーティングされると、メールが実際にuser@mydomain.comに送信されるときに、そのメールはメールアドレスuser@mydestination.comに送信されます。これは、選択内容と、宛先をサーバー名またはドメイン名として指定するかどうかによって異なります。

宛先へのメール送信が失敗した場合にバウンスを送信する:宛先サーバーへのルーティングを有効にすると、さまざまな理由で宛先へのメール送信が失敗する場合があります。[バウンスの送信]オプションを有効にすると、送信者に送信されるメールが送信されます。このオプションを使用して、送信者へのバウンスメールの送信を有効または無効にできます。

検証用メールアドレス:メールルーティングを有効にする前に、選択した宛先サーバーの有効性を確認するために、検証メールがルーティングされたサーバーに送信されます。検証メールの送信先として有効なメールアドレスを入力する必要があります。メールが正常に配信された場合にのみ、メールルーティングを有効にできます。

グループメンバーのルーティング:一般的に、メールがグループメールアドレスにルーティングされると、メールはグループアドレスのみに配信されます。[グループメンバーのルーティング]オプションがオンになっている場合、各グループメンバーのメールボックスに配信されます。 

配信の詳細オプションのステータス:この項目では、メールルーティング設定を有効または無効にできます。 

外部サービスのメールアーカイブ/保持システムの設定

受信ゲートウェイ/送信ゲートウェイは、通常、メールのアーカイブ、バックアップ、企業ポリシーの保持などのサービスに外部サービス製システムを使用する場合に使用されます。外部サービスは、そのサービスとともにコピーをZoho MailにルーティングするIPアドレスを使用できるように、MXレコードまたはIPアドレスを提供します。

外部サービスから提供されたIPアドレスを[受信ゲートウェイ]として設定する必要があります。同様に、送信メールを外部サービス経由でルーティングするには、そのサービスがバックアップ用にメールを受け入れるMXアドレスまたはIPアドレスを[送信ゲートウェイ]として設定する必要があります。Zoho Mailで利用できるバックアップオプションの詳細については、こちらを参照してください。 

送信ゲートウェイ - 送信メールの中継 

送信メールゲートウェイは、組織のさまざまなドメインの送信サーバーを中継するように設定された別のサーバーです。

サーバーから送信されるすべてのメールを別のSMTPサーバーに中継する場合に送信ゲートウェイを設定します。その他のサーバーは、受信者に指定されたそれぞれのアカウントにメールを配信します。また、バックアップまたはメールの保持のためにメールをアーカイブできます。 

受信メールゲートウェイ

受信ゲートウェイは、メールをZohoメールサーバーにルーティングするサーバーです。ドメインのMXレコードがレガシーサーバーまたはバックアップサーバーをポイントしている場合は、レガシーサーバーからZohoにメールルーティングを設定できます。この場合、MXはZohoをポイントしません。このような場合は、サーバーのIPアドレスを指定する必要があります。これにより、ここでアカウントにメールがリレーされます。これにより、設定されたIPアドレスが組織の正当なものであると見なされ、ホワイトリストに登録されます。 
 

注:

新規登録ユーザー(無料プラン)では、メールルーティングは利用できません。詳細については、こちらを参照してください。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com