セルフサービス

素晴らしいサービスを受ける喜びを台無しにするものは何だと思いますか?長い待ち時間です!セルフサービスポータルを設置すれば、顧客が記事の保管庫から回答を検索したり、フォーラムを通して仲間と交流したりできるようになり、待ち時間を短縮できます。

顧客に回答ポータルに続く扉を示して優れたカスタマーサービスを展開

資料内で使用されている用語を集めました。カーソルを動かすと詳細が表示されます。

ヘルプ

顧客は、問い合わせをする前に、よくある質問のリポジトリを検索したり、仲間のコミュニティで質問することができます。ヘルプはそのような行動を後押しする独自のセルフサービスWebサイトです。

記事

よくある質問に対して最も考えられる回答をまとめることができます。そのような回答を記事と呼びます。記事は、非公開でホストすることも、公開することもできます。

ナレッジベース

解決策の記事をカテゴリーで分類してリポジトリとして提供すれば、顧客が検索できるようになります。これがナレッジベースです。

コミュニティ

ヘルプにはコミュニティと呼ばれるセクションがあり、顧客は質問をしたりアイデアを提案したりして、他の顧客と交流できます。

フォーラム

コミュニティの中でトピックを作成できます。顧客はそのトピックに質問、返信、アイデアを投稿できます。

チャット

顧客はヘルプから、対応可能なエージェントとチャットができます。Webサイトや既存のWebページにチャットを埋め込むこともできます。

複数ブランド

複数のブランドを管理する会社の場合、それぞれに独自の顧客対応用ヘルプを構築できます。

ドメインマッピング

Zoho Deskと独自のWebサイトドメインを使用する場合、Zohoとドメインをマッピングします。例えば、以前がhttps://desk.zoho.comの場合、ドメインマッピングによりhttps://desk.yourwebsite.comになります。

Webフォーム

Webページにページ内フォームを埋め込むことで、顧客はWebサイトを離れることなく手軽に問い合わせを送信できます。

記事タグ

記事に関連するキーワードをタグ付けすることで、何についての記事なのかを情報としてZoho Deskに提供できます。

記事(英語)をクリックして詳細をご確認ください。選択した記事をメールに送信して後で読むこともできます。

登録内容が送信されました!