業務を円滑に運ばせる

ビジネスが成長するにつれて、プロセスを順調に進めることが難しくなります。顧客サービスにおいても、顧客の慣れ親しんだ予測可能性、一貫性、適時性を保つのが難しくなります。そんな時は、Blueprint(ブループリント)が役に立ちます。

 

組み立てかんたん

Zoho DeskのBlueprint Builder(ブループリントビルダー)は、アクションを目で見ながらドラッグアンドドロップで順番に組み立てることができます。指示が出されると、お客様の意図したとおりにBlueprintの各ステップが実行されます。

 

オーダーメイドのプロセス

すべてのビジネスでは独自の方法で物事が進みます。Blueprintがお客様の設計するすべてのプロセスの最後の最後まで、詳細をカスタマイズできるようにしているのはそのためです。満たす必要のある特定の条件やカスタム通知の送信などを設定すれば、Blueprintがそれらすべてを実行します。

 

良く整備されたマシン

複数の従業員やチームを同じBlueprintに加えることができます。介入や監督の必要はありません。Blueprintではいつ、だれが、なにを行ったのか、そのすべてのアクションが明確になるため、ボトルネックの特定と解消がかんたんにできます。

 

新人へのトレーニング

入社したばかりの新人は、プロセスを学習する必要があります。心配は無用です。 Blueprintが代わりに説明します。Blueprintが新人エージェントに各アクションを通じて優しく注意を促すので、新人研修で時間を無駄にすることはありません。 

誰にでも使いやすく、かんたん

Blueprintでは、すべての関係者が各段階でプロセスに沿ってかんたんに業務を進めることができます。自分に適用されるアクションのみが表示され、必須のアクションがすべて完了しないと次に進むことができません。

 

プロセス内のボトルネックを特定、管理

意思決定者はBlueprintのダッシュボードで、Blueprintの各段階にある問い合わせの件数、SLAを超過した問い合わせの件数、最もSLA違反の多い項目、その他の関連指標を確認できます。この指標からボトルネックを見極め、その解消に向けてプロセスを調整します。

ワークフローと何が違うの?

ワークフローは特定のルールに従って、メールアラート、業務の割り当て、フィールドの更新を自動的に行います。一方でBlueprintは、問い合わせが解決されるまで、段階を進める一連のアクション全体に関わるものです。 ワークフローとは異なり、Blueprintは問い合わせが解決されるまでのすべてのアクションを定義します。

Blueprintでがんばらないプロセス管理を

  • 採用活動
  • 返金

採用活動

返金

業務を推進

今すぐ登録