お申し込みありがとうございました。
お申し込みの受付完了メールを
ご登録のメールアドレスにお送りいたしました。
メールが届かないなど、お困りなことや
ご不明点などございましたら、
seminar@zoho.jp または 0120-007-542(通話無料)まで
お気軽にお問い合わせください。

ウェビナーのお申し込み

* 必須フィールド

視聴はこちら

近日開催のウェビナー

-

-

コロナ禍でもっとも注目されるようになったチャネルは、メールであることをご存知でしょうか。

パンデミックの影響により、訪問営業や飛び込み営業などの対面コミュニケーションが取れなくなったことは、企業にとって大きな痛手でした。これに対し、非対面型の営業アプローチに注目し、営業ワークフロー自体の見直しを行った企業も増えています。

しかし、非対面的なコミュニケーションでは、相手の反応が把握しづらいことから、以下のような疑問が次々と浮かんできます。
「メールは開封し、読んでもらえただろうか」
「こちらの提案にズレはなかっただろうか」
「製品・サービスにどの程度、興味を持っているのか」

顧客の反応が対面に比べ、薄い印象があるからこそ、こういった不安が過ります。
実際、非対面営業では、アプローチ時での顧客の反応が見えづらいため、当たり障りのない内容で行われることが多く、結果「刺さらない」営業となってしまいがちです。

これを解消するには、興味情報の収集とアプローチ内容の改善が必要があり、その鍵となるのが、「メール」です。

両者が一方的にメッセージを送信するメールですが、そこに込めた情報への反応から顧客の感触を探り、アプローチに活かす。また、ウェブサイトでの閲覧ページ情報を利用して顧客の興味レベルや対象を探るなど、オンラインだからこそ隠せない、正直な反応がそこには潜んでいます。

この動画では、アポ獲得率・返信率向上に繋がる「顧客の心に刺さるメール」のポイントと、コロナ禍での効果的な営業アプローチ手法について解説します。

主な内容
  • コロナ禍における最新の営業動向情報
  • なぜメールが重要なのか?
  • 「刺さる営業メール」と「刺さらない営業メール」の違いとは
  • 結果を生み出す営業メールの最短プロセス
  • CRMでのメール管理のポイントと手順
この動画をおすすめする方

下記のような課題を抱えている経営者、営業マネージャーの方におすすめです。

  • 営業メールの業務負担を軽減したい。
  • 営業メールの進捗確認をよりクリアに可視化したい。
  • 営業ワークフローの構築を見直して、営業力を強化したい。
  • マーケティング部門との連携強化を図りたい。

道坂 雄大

ゾーホージャパン株式会社 Zoho事業部 営業部

クラウドサービスがビジネスに与える影響の重要性を実感し、2019年度に入社。 セールス担当としてZoho CRM をはじめとした各種Zoho サービスをベンチャー、中堅、中小企業へ提案。お客さまが抱える課題に寄り添い、ベストな提案を実施することで、多くの企業のクラウド化を支援。趣味はサッカーと筋トレ。クラウドサービスやヘルプデスクツールについてわかりやすい解説を提供します。

近日開催のウェビナー

-

-