前後関係が示された会話

お使いのコール管理アプリケーションをZoho CRMと連携させることで、営業チームは毎回の電話でCRMの前後関係が分かります。

一度のクリックでダイヤル

Zoho CRM内から直接電話し、手作業で電話をかける時間を節約しましょう。リードや連絡先を表示しているときに、コールアイコンをクリックするだけで電話できます。

プロンプトリマインダー通知で絶対に電話を忘れない

複数の取引を監視しながら、さまざまな作業をこなさなければならないときに、かけなければならない電話を覚えているのは難しいものです。電話機能のプロンプトリマインダー通知が電話をかける予定を知らせてくれるため、電話をかけ忘れることがありません。

パーソナライズされたカスタマーサービス

電話をCRMに接続すれば、お客様が何百人もいる場合でも、それぞれの名前を呼んで挨拶することができます。各顧客に関連付けられた過去の会話、メモ、タスクを確認し、お客様との関係を築きましょう。

自動コールロギングで時間を節約

自動コールロギングは、手作業でのデータ入力を過去のものにします。コールポップアップウィンドウを使用してメモを追加したり、フォローアップタスクを作成したり、または話をした連絡先を営業担当者に割り当てたりできます。

コール分析

コール分析を使用し、営業チームのパフォーマンスを計測し、パフォーマンスを向上できるように励まします。組み込みのチャートやレポートでコールデータを視覚化することができるため、どのようにして優れたカスタマー経験をもたらすことができるかを判断するために役立ちます。

Michael Wendt氏、Aircall社共同設立者

『効果的な販売を実現するためにLocafoxはZoho CRMの電話機能をどのように使用しているか』

コール管理サービスプロバイダーを選択

Zoho CRMは、Twilio、RingCentral、Ring.io、Ozonetel、Knowlarity、Promeroなどの一般的なPBXやコール管理プロバイダーと完全に連携されています。

PBXプロバイダーまたはコンタクトセンターですか?

Zoho CRMとの連携をお考えですか?

今すぐ申し込む