前後関係が分かるメール管理で生産性を向上

営業担当者にとって、リード、見込み客、連絡先とやりとりする最良の方法を知ることは重要です。連絡先や見込み客からより良い返事を得るためには、メールと前後関係が示されたCRM情報と分析を統合し、強力でパーソナライズされた内容を書く必要があります。

CRM内で顧客のメール

一日の大半をCRMに費やしているとき、見込み客の誰かがメールに返信したかどうかを知ることは重要です。関係する取引や連絡先からのアラートを直ちにZoho CRM内で受け取りましょう。メールにすぐに返信し、フォローアップを追加し、必要に応じてメモを追加することもできます。

詳細

メールの見落としをなくす

Zoho CRMのレポートを利用すれば、メールがいつ配信されたか、メールが開封されたかどうか、そしていつ読まれたかが分かります。また、Zoho CRMはすべてのメールを該当する顧客レコードと関連付けるため、次のフォローアップメールを送信するために、大量のメッセージの山をかきわける必要がありません。

ステータスに基づいたメールのフィルター

フォローアップを戦略的に計画し、アドバンスフィルターを使用して一定の期間内に返信しなかったリードを特定します。

ドラッグ・ドロップ・デザイン

テンプレートを使用すれば、メールを素早くかんたんに用意することができます。貴社のスタイルに合ったテンプレートをデザインしたり、厳選されたテンプレートのギャラリーの中から選択したり、カスタマイズしたりすることもできます。テンプレートエディターを使用し、テキスト、画像、表、列などの要素を好きな場所にドラッグ&ドロップします。

開封率が高いメールを特定

レポートを使用すれば、どのテンプレートが一番メールが開封される確率が高く、どのテンプレートがクリックされなかったかが正確に分かります。開封率が高いものの中からテンプレートを選択したり、既存テンプレート内のコンテンツを更新したり、新しいバージョンを作り直したりすることができます。修正したテンプレートを同僚と共有しましょう。

チームの状況を把握

管理者は、誰のパフォーマンスが良く、誰に改善の余地があるかを知る必要があります。各営業担当者のアカウントに関するZoho CRMの分析を使用すれば、各営業担当者が一日、一週間、一か月に送信したメール数に基づいて個々のレポートを作成できます。

受信トレイ内で思考

Zoho SalesInboxとの連携により、メールの受信トレイをCRM内に持ち込むことができます。使用するメールクライアントにかかわらず、SalesInboxはCRMパイプラインに基づいてメッセージを整理するため、重要な取引を確実に取り仕切ることができます。列の間でメールをドラッグ&ドロップし、連絡先を追加したり、取引を作成したりできます。受信者がメールを開封したときにリアルタイムで通知を受け取ることができます。また、リマインダー通知を設定し、返信がない場合に再度フォローアップすることもできます。 

詳細

使い慣れたメールシステムと互換

Gmail、Yahoo!、Outlook、Zoho Mailなど、希望のメールアカウントからメールを送受信できるため、メールを見逃すことがありません。標準のメール構成を使用し、すべての受信メールをCRMにリンクしましょう。

メールキャンペーンの連携

CRMアカウントとZoho Campaignsを連携させ、リード、連絡先、見込み客に一括メールを送信できます。大量メールキャンペーンを開始し、開封率とクリック率に関するレポートでパフォーマンスを分析し、そしてすべてのリードと連絡先をZoho CampaignsからZoho CRMにインポートできます。

詳細