ウィジェットの構築

独自開発したアプリケーションや外部サービスをコンテキストに合わせて Zoho CRM に組み込むウィジェットを作成できます。 Zoho CRM アカウントに新機能を追加することも、 さまざまなアプリとシームレスに連携するインターフェイスを作成することも簡単にできます。

  •  

    アプリやUIコンポーネントをZoho CRM に組み込める

  •  

    Zoho CRM コンポーネントに他アプリをシームレスに組み込める

  •  

    HTML、CSS、JavaScript ライブラリーを使用して、インターフェイスを作成できる

  •  

    Zoho CRM アカウントに機能を追加できる

  •  

    あらゆるREST API に対応したJavaScript ラッパーを使用して、アプリの開発期間を短縮化できる

  • 各種アプリケーションとのデータ連携

    ウィジェットは、他の組み込みアプリのデータをZoho CRM と同期するだけでなく、Zoho CRM 内からアプリを操作して、アカウントのデータをリアルタイムに処理することもできます。

  • インターフェイスを自由にカスタマイズ

    よく使用するアプリをZoho CRM にシームレスに組み込むことができます。Zoho CRM のWidget SDK では、HTML、CSS、JavaScript ライブラリーも利用できるため、ウィジェットのカスタマイズや再設計が必要な場合にも柔軟にUIをカスタマイズできます。

  • 新機能の追加

    各種サービスからデータを取り込み、Zoho CRM 内で処理できるよう独自にカスタマイズできます。Zoho CRM に新機能として追加することもできるので、自社で必要なあらゆる処理をZoho CRM アカウントで行えるようになります。

  • シングルサインオン

    ウィジェットアプリでは、Zoho CRM アカウントと同じ認証情報を使用します。ユーザーがZoho CRM アカウントにサインインすると、SAML SSO 2.0 により、ウィジェットアプリでも自動的にログインできます。

Widget SDK でアプリケーションを開発

Widget SDK では、Zoho CRM のあらゆるREST API に対応したJavaScript ラッパーを使用して、
開発期間と実装サイクルを大幅に短縮できます。

詳細ドキュメントはこちら