カスタムアプリケーションの構築

自社の業務に合わせて、Zoho CRM をもっとシンプルに、使いやすくしましょう。Web SDK 、モバイルSDK を使用すれば、自社の業務に対応した独自のカスタムアプリを作成することができます。

  •  

    モバイル、Web用のカスタムアプリを構築できる

  •  

    Zoho CRM のデータやワークフローと構築したアプリを連携できる

  •  

    Zoho CRM の認証情報を使用して、アプリにサインインできる

  •  

    アプリのバックエンドインフラを自動で処理できる

  •  

    アプリを個別に共有したり、アプリストアで一般配信することができる

モバイルファーストで一歩先を

すべての社員が最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、モバイルファーストの考え方を取り入れましょう。モバイルアプリがあれば、業務環境の条件にしばられることなく、外出先からでもスムーズに業務を進められます。Zoho CRM のモバイルSDK では、iOS 、Android 両デバイスに対応したアプリを開発できます。

Zoho CRM 連携

構築されたアプリは、Zoho CRMのデータとリアルタイムで連携するため、ユーザーはアプリからシームレスにZoho CRMの情報にアクセスし、データを操作できます。また、Zoho CRM アカウントの認証情報を使用してアプリにサインインできるため、安全かつシンプルにアプリを利用できます。

アプリで生産性を向上

カスタムWebアプリを使って、複雑な業務プロセスをシンプルに処理しましょう。Zoho CRMのWeb SDKなら、業務特有のニーズをすべて解決するブラウザベースのアプリを構築できます。特定の業務内容に合わせてアプリを作成し、Zoho CRMアカウントとスムーズに連携させることが可能です。

インフラ管理もZoho にお任せ

Web SDK 、モバイルSDKは、Zoho CRM と同じインフラを使用して自動的に実行およびスケーリングされます。そのため、ホスティング、スキャフォールディング、認証、APIラッピング、バージョンアップ、データモデリングといった専門性を要する作業は不要であり、サーバー処理のためのコーディングも一切必要ありません。インフラ管理を行うことなく、アプリのユーザーインターフェイスの設計と開発に集中することができます。