Zoho CRM REST API バージョン2.0ガイド

Zoho CRM REST API バージョン2.0

概要

Zoho CRMには、会計、ERP、eコマース、セルフサービスポータルなどの外部アプリケーションとCRMを連携させる、REST API(アプリケーションプログラミングインターフェイス)が用意されています。

REST APIでは、GET、POST、PUT、DELETEなどの単純なHTTPメソッドを使用します。これらのメソッドを使用すると、エラーを含めたCRMデータをJSON形式で抽出できるため、アプリケーションの新規開発や既存ビジネスアプリケーションとの連携が容易になります。

Zoho CRM REST API バージョン2.0の詳細については、英語ページをご参照ください。

注:

APIへのリクエストはすべて、HTTPSを使用して行う必要があります。APIのリクエストとレスポンスは、JSON形式で行います。

ソフトウェア開発キット(SDK)

Zoho CRM API用SDKは、Zoho CRM API用ラッパーを提供します。そのため、クライアントアプリケーションからのZoho CRM API呼び出しは、単なるメソッド呼び出しとなります。

詳細については、SDKのヘルプドキュメントを参照してください。

前提条件

  • 有効なZoho CRMアカウントを持っている必要があります。
  • APIサービスにアクセスする権限が必要です。
  • 特定のAPIにアクセスするには、相応の役割が必要です。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohocrm.com