REST API

社内に散在する顧客データを一元管理

Zoho CRM のREST API やSDK を使用することで、さまざまなアプリやデータベースに散在する顧客データをZoho CRM に一元管理できます。顧客とのやりとりの履歴をはじめ、顧客に関するあらゆる情報をZoho CRM に集約して効率化しましょう。Zoho CRM に蓄積された豊富な情報を営業活動に活かして、

顧客満足度の高い営業パフォーマンスを発揮できるようにアシストします。

詳細はこちら

Deluge関数

Deluge 関数を使用したデータ処理

Zoho CRM のデータを処理するサーバーレスのイベント駆動型コードDeluge 関数を利用して、Zoho CRM のデータや設定を管理しているインフラ上で処理を実行することができます。関数のパフォーマンスやエラーをモニタリングするダッシュボードも用意されており、実装もワンクリックで行えます。

詳細はこちら

ウィジェット

ウィジェットの追加

Zoho CRM のデータやワークフローをリアルタイムで処理するウィジェットを追加して、Zoho CRMのユーザーインターフェイスや機能を拡張できます。Zoho CRM のSDK ウィジェットを使用すれば、さまざまなオープンソースを利用してUIコンポーネントを構築し、コンテキストに合わせてZoho CRM のページやレイアウト、ボタンに組み込むことも可能です。

詳細はこちら

モバイルSDKとWeb SDK

Webやモバイルに対応した独自アプリを開発

顧客、営業、その他従業員など、それぞれのニーズに応えるアプリを開発できます。Zoho CRM をアプリのバックエンドとして使用すれば、インフラやスケーリングを考慮することなく、リアルタイムに同期されたデータを活用できます。アプリの公開範囲をコントロールするのも簡単で、ユーザーのみに共有することも、一般公開することもできます。

詳細はこちら

Developerエディション

実際に使って学べるDeveloper エディション

Zoho CRM のすべての機能が無料で使えるDeveloper エディションをお試しください。Developer エディションなら、本稼働用のデータに影響を及ぼすことなく、Zoho CRM の設定、データモデルなど、開発者としてのツールの使用方法を理解しながら開発が行えます。

詳細はこちら

サンドボックス

共同作業と変更の実装をコントロール

サンドボックスでは、外部の開発者がZoho CRM のメタデータで作業している場合でも、本稼働用データや重要な顧客情報は保護されます。事前にすべての変更をテストして、どの変更を反映するか細かくコントロールすることもできます。

詳細はこちら