自動化

ぜひ活用したいメールマーケティングの自動化シナリオ

メールマーケティングの戦略でとても重要なことのひとつは、“適切なタイミングで適切な方に届ける”ということです。つまり、見込み客が異なる検討ステージにいる場合には、それぞれの見込み客に向けたコンテンツでアプローチする必要があるということです。

では、限られたリソースでそれを実現するにはどうすればよいでしょうか。
それには、メールの自動化を活用することで、見込み客のステージに合わせたメールを自動で送ることができます。メールの自動化というとハードルが高いように思われることもありますが、一度設定すると自動でフォローを続けることもできます。マーケティング担当者の労力や時間を抑えながら、フォローができるため、ぜひ活用していただきたい手法です。

なお、メールの自動化でいうと有名なものにステップメールがあります。ステップメールはあらかじめ用意した複数のメールを、あらかじめ設定したタイミングで配信することができます。ここでは、ステップメールなど、メールの自動化する際におすすめのシナリオをいくつか紹介します。
メールの自動化に取り組むための参考としていただければ幸いです。

ウェルカムメール

ウェルカムメールは、メールマーケティング戦略における重要な部分です。これは、見込み客が自分の連絡先製品・サービスやメルマガ購読リストに登録したときなどに送信されるメールです。
通常は登録の確認と挨拶が含まれます。このメールにより、見込み客との関係を始められるので、複数回のアプローチを検討しておくことと良いでしょう。
ウェルカムメールを自動化するには、見込み客が登録したというアクションがトリガーとなり、メールが送信されます。あらかじめ用意した複数のメールを一定の感覚で配信する、また、見込み客の反応に基づいたフォローアップメールを自動的に送信したりすることができます。

自動化されたウェルカムメール用のデザイン済みテンプレート

オンボーディングメール

オンボーディングメールは、製品・サービス購入後のフォローとしてメールを送信するものです。製品・サービスに関するヘルプコンテンツやサーポート窓口の情報、製品を使う上での注意点、また、トレーニング・ユーザーコミュニティ情報など購入後に役立つ情報を定期的にお知らせします。そのようにして、製品をスムーズに使っていただくためのサポートをすることができます。

リマインダー通知

皆さんもタスクを忘れてしまったり、後回しにしたりすることがありませんか?
リマインダーメールの目的は、顧客が忘れてしまっているセールを思い出させたりするなど、顧客となる機会を逃さないようにする、また、購入を後押しすることです。事前に一連のリマインダー通知を作成し、それらが自動的に配信されるようにスケジュールすることができます。このようなプロセスを自動化することで、マーケティング担当者の時間と労力を大幅に節約しながら、重要なフォローを続けることができます。

Zoho Campaigns では、あらかじめデザインされたテンプレートから選択することができます

では、どのようなリマインダーメールを自動化すべきでしょうか?

購入に至らなかったショッピングカート(カゴ落ち)
のリマインダー

顧客が商品・サービスをカートに追加しているにも関わらず、購入に至らない場合に、自動でフォローメールを送信することができます。顧客にさまざまな段階で通知することで、注文を完了するための動機付け・後押しとなるように計画します。

※購入に至らなかったカートのリマインダーメールの設定は、オンラインストアとメールマーケティングツールを連携した場合に実現できます

製品・サービス、またはメンバーシップの有効期限に関する通知

適切に有効期限をリマインドすることで、期限切れを防ぐことができます。有効期限より前から定期的に通知することで、スムーズな更新を促しましょう。(有効期限日の30日前、14日前、または1日前など)。

フィードバックやレビューに関するリマインダー

顧客は、購入前にレビューを確認することも多いです。顧客が自社の製品・サービスについてどのような評価をしているのか、ということに注意を払うことは非常に重要です。そのため購入完了後には、購入したサービスや製品を気に入っているかどうか、また、お困りの点がないかなど、顧客に確認することをおすすめします。
これらの製品レビューに関するメールを自動化することで効率的にフィードバックを収集し、ビジネスの改善に役立つ貴重な洞察を得ることができます。

ナーチャリングメール

メールマーケティング自動化の主な目的のひとつは、関係を確立してより強固なものにすることです。単なる連絡先から見込み客へ、見込み客から顧客へ、最終的には顧客から上顧客へ変えることを意識して行う必要があります。

メールによるナーチャリングにはさまざまな方法がありますが、その基本は常に同じです。まず、見込み客の検討ステージや購入後の段階などに基づいて適切なコンテンツを計画します。そして、効果的なコンテンツを作成し、適切なタイミングで適切な顧客に提供することが重要です。
また、ナーチャリングは、興味度の高い顧客だけでなく、休眠顧客にも有効です。メールの自動化により、ニーズの掘り起こしなど休眠顧客に再度アプローチすることができます。

ぜひこの機会にメールの自動化を活用して、効率的なナーチャリングを実現してみませんか?

Zoho のメールマーケティングツール、Zoho Campaigns では、このようなメールの自動化をスムーズに設定できるように、自動化テンプレートを複数用意しています。一から自動化の設定を作成することなく、テンプレートをカスタマイズすることで、容易に自動化を設定することができます。また、テンプレートにあるシナリオを参考に自社のシナリオを検討することもできます。

無料お試しでは実際の操作性を確認できます

毎月最大2,000名に、6,000通までのメールを一斉配信できます。(期限なし)

無料お試しはこちら

【動画】ステップメールなどの自動メール配信・ワークフローを活用しよう

動画を見る

関連リンク:

“製品に関する
お問い合わせはこちら”

お問い合わせ