ドリップメールマーケティング

企業をブランドに変えるには、ターゲット層への継続的な働きかけが必要です。ドリップメールマーケティングでは、パーソナライズしたコンテンツを含む一連のメール(ドリップメール)送信を予約することで、適切なメッセージを適切なタイミングで送信できます。読み手の反応に応じて見込み客を評価してから営業チームに回すことで、営業チームはより多くの商談を成立させ、収益を増やすことができます。

ユーザー登録
ドリフトバナー

ドリップメールマーケティングを使う理由

ドリップメールキャンペーンを送信することで、画一的な戦略を避け、適切な相手に適切なコンテンツを適切なタイミングで提供できます。

 

いつでもつながる

ドリップメールキャンペーンを介して関係を構築し、ネットワークを維持しましょう。お客さま用に定義したトリガーやユーザーセグメントに基づき一連のメールを送信することで、ドリップマーケティングを活用して、ターゲット層とつながることができます。

 

時間と労力を節約

指定した時間に、または特定の行動に基づき、事前定義したメールを連絡先に自動的に送信することで、空いた時間と労力をより重要なタスクにまわすことができます。

 

好奇心を刺激

連絡先の関心を高め、御社ブランドへの興味を維持できるメールコンテンツを作成しましょう。投票やアンケート、オファー、コンテンツによるつながりを通じて、より多くのドリップメールを送信し、御社の製品やサービスに対して興味を持ってもらうことができます。

 

行動のターゲティング

Zoho Campaignsが連絡先から集めたデータをインテリジェントに使用することで、メールキャンペーンの有効性を高められます。ターゲット層を理解することで、つながりをより強化する方法で、ドリップメールをカスタマイズし、パーソナライズできます。

ドリップキャンペーンとは?

コラボレーション

ドリップキャンペーンとは、一定期間にわたって、また場合によっては相手の応答に応じて、見込み客へのメッセージを作り上げる、着実で体系的なマーケティングアプローチです。この自動化されていながらカスタマイズ可能なアプローチにより、マーケティング担当者は空いた時間をより重要なタスクにまわせるようになり、今日のメールマーケティングに最適なツールです。ドリップキャンペーンにより、見込み客に継続的にコンタクトし、つながりを維持し、御社ブランドへの関心を高められます。

無料登録
  • 01 焦点を絞る

    見込み客を獲得するには、焦点を絞ったマーケティングを実施する必要があります。購読者の関心事項に注目して、関連性の高いドリップメールキャンペーンを作成しましょう。メールマガジン、最新情報、ブログ記事のどれを送信する場合でも、購読者が必要としている情報を提供する必要があります。

  • 02タイミングがすべて

    適切なタイミングでメールを送信することは、つながりを強化するうえで重要になります。たとえば、クーポンがホリデーのかなり前に届いた場合、相手はまだ購入の準備ができていないかもしれません。Zoho Campaignsが理想的なオープン時期を教えてくれるため、自動ドリップメールの生産性が高まります。

  • 03チャンスを逃さない

    見込み客を大切に考えていることを示しましょう。タイミングのよいリマインダー、季節のあいさつ、誕生日カードを送ることで、相手は御社ブランドのことを心に留めるようになります。また、ドリップキャンペーンを使用して、アカウントの有効期限、支払い、または期日についてのリマインダー通知を購読者に送信することもできます。

  • 04シンプルにする

    新機能リリースや最新情報に関するメールでも、お客さまのクレーム対応のメールでも、メールはすっきりとしていて、読む人を魅了し、読みやすいものでなければなりません。メールをシンプルにすることで、受け手はそのメールを読み、御社のブランドについてより深く理解できます。

  • 05行動につながるメールを送る

    ドリップメールキャンペーンは、見込み客が反応して行動を起こさなければその力を発揮できません。送信するすべてのメールに、行動を起こしたくなる生き生きとした言葉を使いましょう。

ドリップメールキャンペーンを設定するには?

ドリップメールキャンペーンの順番を設定するには、ある程度の労力と事前の計画が必要ですが、長い目で見ると、その価値はあります。ドリップメールキャンペーンのルートをマッピングすることで、お客さまをより的確にターゲットにでき、外出先で調整でき、最終的に売上を向上できます。 

ドリフトマーケティングの設定
 

対象者を特定

コミュニケーションマーケティング戦略開発の第1歩は、対象者の特定です。連絡先について、また彼らの求めていることについて理解することで、適切なタイミングで彼らのニーズに合ったメールを送信でき、その結果お客さまに変換できます。 

 

目標を設定

対象とする一連の連絡先を特定したら、ドリップメールキャンペーンの計画を作成します。メールを送信するタイミングやその内容、設定方法を決めることが、キャンペーンの目標設定になります。 

 

キャンペーンを作成

次に連絡先の興味を引くメールを作成します。相手の行動に基づいたコンテンツを作成(パーソナライズ感を追加)し、対応可能なCTAを含め、適切なメッセージがお客さまに伝わるようにすることで、キャンペーンの効果を高めます。

 

キャンペーンを開始

目標を設定し、実行計画を立て、キャンペーンを作成したら、それを実行し、潜在顧客の連絡先に、上顧客になってもらうことを願いながら、一連のメールを送信する準備ができました。

ドリップメールキャンペーンを設定するタイミング

ドリップメールマーケティングを効果的なものにし、あらゆる規模のビジネスに影響を与えるようなドリップメールを送信できる機会は数多くあります。ドリップメールマーケティングが特に有効な状況の例をいくつか挙げます。

1見込み客育成メール

御社の製品やサービスを保有していない、または使用していないけれど、使用する準備ができている見込み客または連絡先に一連のメールを送信します。これらのメールが目を留まると、御社の製品やサービスに関するアイデアを提供でき、購入につながる可能性があります。

2ウェルカムメール

ウェルカムメールは、御社の製品やサービスを紹介するための優れた方法です。初期購入時または登録時など特定のアクションの後にウェルカムメールを自動的に送信する、ドリップメールキャンペーンを設定できます。

3お客さまオンボーディングメール

オンボーディングメールは、お客さまに御社の製品やサービスについて知らせる一連のメールです。御社について、また御社の製品やサービスについてお客さまに知らせることは、上顧客になってもらうための優れた方法です。

4カート中断メール

製品やブランドの選択時に、人々の心は揺らぎ、かんたんに気が散ってしまいます。再度つながるためのドリップメールキャンペーンは、彼らがカートに残したままの製品の入手可能性について思い出させることができます。 

5サブスクリプション更新メール

サブスクリプション更新についての警告メールを、事前に定義した間隔で送信できます。これを設定することで、サブスクリプション更新時にお客さまはお礼のメールを受け取れます。更新しない場合、お客さまは継続してリマインダーメールを受け取れます。 

Zoho Campaignsはどのように役立つか

Zoho Campaignsの自動返信とワークフローは、ドリップメールマーケティングを大幅に効率化する重要な自動化ツールです。

ドリップメールマーケティング

ワークフローは、相手の行動や、予約に応じてさまざまなアクションを実行するためのデータに基づき、連絡先を分類します。たとえば、メールマーケティング戦略全体を開始するため、連絡先に一連のメールを送信する必要がある場合、これらのメールを予約した時間に送信するようワークフローを設定できます。これは、ワークフローで実行できる数多くのアクションの1つの例です。

詳細はこちらワークフロー

購読者のアクションに応じて自動的にメールを送信する機能を自動返信と言います。たとえば、連絡先がメールマガジンに登録した場合、御社のブランドについて紹介し、伝えることで、対話を開始するのが理想的です。これにより、お客さまは御社についてより深く理解でき、その後のメールに関心を持つことができます。自動返信機能を使って設定できるウェルカムメールやオンボーディングメールを送信することで、これを実現できます。

詳細はこちら応答者

ドリップメールマーケティングは、Zoho Campaignsを使用すればかんたんです

ユーザー登録