• 主催者
  • 参加者

主催者

6つのかんたんステップで、来るビッグイベントに備える

1

詳細を記述する:どこで、何を、どのように?

イベントの名称、日時、場所、ソーシャルメディアのハンドルネームなど、参加者の知りたい情報をすべて入力できます。

2

予定内容の概要紹介

参加者が登録したイベントの内容を紹介しましょう。会場の説明とともに、イベントの詳細な予定表を作成できます。

3

講演者への注目を高める

どのような参加者がイベントに集まるかは、講演者に左右される場合があります。講演者リストをPRし、イベントへの関心を高めましょう。 

4

スポンサーの募集

イベントを後援するスポンサーは、イベントWebサイトにブランド名を掲載して宣伝に活用できます。スポンサーを管理し、Webサイトにリストアップしましょう。

スポンサー管理の詳細
5

チケット販売を効率化する

参加希望者がかんたんにイベント登録できる方法を用意すれば、チケットの販売が促進されます。Zoho Backstageでチケットを販売する場合は手数料が不要になります。

イベントチケットの詳細
6

イベント参加者へのバッジ配布

イベントバッジをデザインし、ニーズに応じてカスタマイズしましょう。お気に入りのバッジテンプレートを選んで、イベントで参加者につけてもらいましょう。

7

イベントWebサイトをデザインする

魅力的なイベントWebサイトを手早くかんたんに作成できます。テンプレートを使用するか、独自のデザインを追加し、作業に取りかかりましょう。

イベントWebサイトビルダーの詳細
 

さまざまなチャネルでブランドアイデンティティを維持

Webサイトのカスタムドメインを取得

イベントWebサイトをカスタマイズし、ブランドイメージに一貫性をもたせましょう。必要に応じて、独自のドメイン名、URL、Webページを作成できます。

独自のブランド名が入ったモバイルアプリを公開

コードを1行も書くことなく、わずか数分で独自のモバイルアプリを作成できます。アプリのコードをダウンロードし、App StoreやPlayStoreに提出して審査を受け、イベントページに掲載するだけです。 

イベントの宣伝に必要なすべてがここに

イベントを宣伝し、登録人数を増やしましょう。イベントのあらゆる段階で参加者に最新情報を提供できます。

イベントマーケティングの詳細
メールで宣伝する

メールを送信する

カスタマイズメールの送信予定を設定し、参加者に情報を共有できます。 

情報を普及させる

口コミを広める

イベントへの注目を高めるために、さまざまなソーシャルメディアチャネルでイベントページを共有できます。 

割引を宣伝する

割引を実施する

期間限定のプロモーション割引を実施し、最初の数名の参加者を獲得できます。

cardio

魅力的なセッションをかんたんに提供する

プロジェクターなしのセッション配信をご体験ください。講演者はZoho Backstageでプレゼンテーションを実施できます。詳細なセッション分析により、セッション後も参加者に意見を求め、講演者のパフォーマンスを分析できます。

参加者との関係強化についての詳細
カーディオ

それぞれの講演者らしいやり方で講演する

セッションを実施する講演者をイベントに招待し、自分らしいスタイルでセッションを実施してもらえます。講演者はプレゼンテーションをアップロードし、オーディエンスとやり取りして、今後の改善点を把握できます。

バーチャルでイベントをホスト

Backstage OnAirを使えばどこからでもイベントを実行できます。セッションのライブ配信、アンケート実施、質問、参加者とのチャットで、最高のバーチャル体験を提供しましょう。バーチャルホワイトボードの使用、スクリーンの共有、ドキュメント、プレゼンテーション、PDFのアップロードにより、つながっている実感が高まります。

Backstage OnAirの詳細
インタラクティブセッションを開催

イベントの主催がかんたんに

Zoho Backstageモバイルアプリなら、イベント管理がこれまでにないほど手軽です。

チケット
チケット
チケット

参加者

1

知りたい情報をすべて提供する

イベント参加にあたって参加者が知っておきたい情報をすべて提供するために、イベントの詳細、講演者リスト、スポンサー、出展者などを総合的に掲載したイベントWebサイトを参加者に案内しましょう。 

2

ニーズに合った予定表を作成する

希望に応じて参加日のプランが立てられるようにしましょう。参加者は参加したいセッションを選んでブックマークしておき、後で確認できます。 

3

イベントの瞬間を共有する

どんなイベントにも、覚えておいて繰り返し反芻したい瞬間が少なからずあります。参加者がこうした瞬間をかんたんに捕捉し、アップロードして楽しめるように準備しましょう。 

4

一括予約

参加者はチケットを一括購入しておき、後で他の参加者に配布することができます。チケット予約はかんたんです。

5

疑問があれば、すぐに質問できる

参加者は流れを妨げることなくセッションに参加でき、疑問があればすぐに質問して回答を得られます。

 

外出先から参加する

快適に持ち歩けるパーソナルイベントアシスタントを参加者に提供しましょう。

チケット
チケット
チケット
チケット