必要なすべてが揃ったイベント管理ツール

複数のイベントを一元管理

Zoho Backstageでは、ポータルで複数イベントをシームレスに管理でき、カタログとしても活用できます。イベントの分類、作業の分割、重要情報の管理を簡単に行えます。

 

各イベントに個別ポータルを作成し、独自ブランディング。

 

複数イベントを特定のポータルに分類して、管理をより簡単に。

 

ポータルに同僚を追加。作業負荷を下げて工数を短縮。

イベント用のWebサイト

直感的に使用できるビルダーで、Webサイトをサッとデザイン。既存のテンプレートに、カスタムレイアウト、イベントギャラリー、周辺のホテル、会場へのアクセスなど、豊富な情報を盛り込めます。サイトはモバイル対応が可能です。

 

イベント用のカスタムWebサイトを作成。

 

参加者に合わせて、Webサイトをローカライズ。

 

Googleマップと統合して、会場へのアクセスや周辺のホテルを参加者に紹介。

チケットの販売と受付

Zoho Backstageは、有名なチケット販売プラットフォームのEventbriteと連携しています。登録手続きは必要なく、アプリ接続だけですべてが連動します。

 

EventbriteアカウントとBackstageを連携してチケットを直接販売。

 

チケットの売上と登録者数を追跡。

 

チェックイン機能を使用して、参加者数を把握。

複数トラックの予定表

予定表を作成し、イベントを複数トラックに分割。参加者がスケジュールを個人向けに調整できます。

 

イベント独自の動的なスケジュールを作成。

 

カスタムセッションタイプのリストから選択。

 

各セッションに複数のトラックを設定。

 

特定のゲストや基調講演者をアピール。

参加者との交流

イベントの開催前後でも、参加者と積極的にやりとりできます。掲示板、メールキャンペーン、通知などの組み込み機能で、さまざまなコミュニケーションが可能です。

 

バーチャルQ&Aの実施、スライドの「いいね」付けが可能。

 

掲示板を使用して議論を促進。

 

詳細情報や直前の変更を参加者に通知。

 

興味対象を絞り込んでメール送信。

実用的な分析

Backstageのリアルタイム分析を活用すると、イベントのパフォーマンス評価、イベントの参加者数、参加者の関与度、チケット販売状況などを一目で明確に把握できます。

 

リアルタイムでイベントを細かく分析

 

セッションの参加者の関与度を、詳細な指標で把握。

 

プレゼンやワークショップのフィードバックを収集。

スポンサー管理

Webサイトで直接スポンサーを募集できます。申請の追加、変更、追跡を一元化できます。

 

スポンサーカテゴリーを独自に設定。

 

スポンサー提供のメリットを提示。

 

スポンサー申し出の受諾/却下。

参加者にツールを提供

参加者は、Backstageのモバイルアプリで、イベントのすべての段階に関与できます。更新情報の通知、スケジュールの調整、ディスカッションやプレゼンへの参加などが、すべてアプリでできます。

魅力的なイベントを開催しましょう!

無料登録