埋め込み分析とは

Gartnerによると、埋め込み分析とは、別のアプリケーションへの切り替えを必要とせずに、ユーザーのワークフロー内でデータ分析を実行できるデジタルワークスペース機能です。

埋め込み分析の例 - Zoho Analytics
アイコンアイコンアイコンアイコンアイコンアイコン

埋め込み分析の適合性

  • アイコン今日の目まぐるしく変化するビジネス界では、マネージャーやエグゼクティブが実用的な洞察をすぐに利用できる必要があります。かつてのように何時間あるいは何日も待つ余裕はありません。ほとんどの場合、使用しているビジネスアプリケーション内で洞察を得る必要があります。そこで、埋め込み分析の出番です。
  • アイコン埋め込み分析に関してよく聞かれる質問は、従来のBIや分析とどのような違いがあるのかということです。その答えは、コンテキストです。埋め込み分析は、マーケティングの最適化、売上への転換、財務予算などの特定プロセス内でコンテキストに応じて導入できます。
  • アイコンビジネス上重要なポイントで、アプリケーション(ERP、CRM、HRなど)やプロセス内に分析を埋め込むことで、情報に基づくリアルタイムの意思決定が定期的に行われるようになります。
  • アイコン埋め込み分析は、分析をビジネスアプリケーションワークフロー内にさらに深く融合させることで、洞察とアクションの両方を同時に把握できるようにすることを目的にしています。ビジネスソフトウェアアプリケーションを構築または導入する組織には、大抵の場合、埋め込みが必要です。
  • アイコン今日、埋め込み分析は、ソリューションプロバイダの提案でも、「あれば便利なもの」から「必需品」へと変化しています。技術の進化は、ビジネスアプリケーションにおける分析の可能性に対する認識の高まりと相まって、あらゆる業界のさまざまな顧客による埋め込み機能に対する需要の伸びに拍車をかけています。
  • アイコン独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)ベンダー、クラウドサービスプロバイダなど、業種を問わず、埋め込み分析に関して業界の期待を実現できれば、市場投入までの機関が大幅に短縮され、収益の成長、市場の拡大、競争優位性の維持が大きく進展します。
  • アイコンインタラクティブ分析を埋め込んで、より深い洞察を提示し、情報のコラボレーションを強化し、最終的にエンゲージメントを向上させることで、Webとモバイルのユーザー体験が強化されます。

Zoho Analyticsの利用方法

こちらの動画では、Zoho Analyticsの概要全体を簡潔にご紹介します。

その他の動画
Zoho Analyticsの利用方法アイコン

Zoho Analyticsの埋め込みBIサービス

Zoho Analyticsは、埋め込み分析プロバイダに必要なすべての機能を提供します。

その他の動画
Zoho Analyticsの埋め込みBIサービスアイコン

埋め込み分析の利用方法

5つのチェックリストでは、ソリューションプロバイダが分析プラットフォームをアプリケーションに埋め込むときに注意すべき5つの事項について説明しています。また、Zoho Analyticsの埋め込みBIサービスについての詳細も紹介しています。

ぜひご検討ください。無料お試し登録はこちら

無料登録