ファイルに複数の条件を設定

同一ファイルに対して複数のリンクを設定したりカスタマイズしたりして、組織外部のさまざまなメンバーやグループとファイルを共有できます。共有相手を分かりやすく分類しておけば、誰がどのリンクにアクセスできるか識別できます。

 

徹底した管理

リンクごとに個別のアクセス権、パスワード、有効期限を設定して安全に管理できるとともに、ファイルのダウンロード権限も制限できます。ユーザーの名前、電話番号、メールアドレスを入力させることも可能です。

ファイルを監視

外部共有リンクに関するユーザーの行動を個別に追跡できます。誰がいつ、どれくらいの頻度でファイルを閲覧、ダウンロードしたのか、統計的に把握可能です。

 

アクセス権を自由に取り消し

ファイル共有の停止もかんたん。外部共有リンクを削除すれば、そのリンクの対象となる特定のメンバーやグループのアクセス権を取り消せます。

外部共有の制限

外部共有が許されない機密性の高いファイルがある場合も、チーム全体または特定のチームフォルダーに対して外部共有を無効にすれば、チームメンバーが組織外部の誰かとファイルを共有することはありません。

今すぐコラボレーション