カスタムアップロードリンクを作成

どのような収集プロセスでも複数の人からファイルを集めることが必要です。WorkDriveでカスタムアップロードリンクを作成するだけで、ユーザーが安全にドキュメントを提出できます。

カスタムアップロードリンクを作成
カスタムアップロードリンクを作成
 
 
どのフォルダーにもファイルを保存
どのフォルダーにもファイルを保存  

どのフォルダーにもファイルを保存

手動で行うメールの並び変え、ファイルのダウンロードや整理が煩わしくありませんか?Workdriveでは、ストレージの場所を選ぶだけで、ひとつの場所で提出物を受け取り、チームがすぐにアクセスできるようにします。

ストレージ容量を管理
ストレージ容量を管理  

ストレージ容量を管理

ユーザーがアップロード可能なファイルサイズとドキュメント数の上限をそれぞれ設定できます。後から、ストレージ容量に基づき、すべての有効な収集リンクの上限を調整できます。

時間枠を設定
時間枠を設定   

時間枠を設定

時間的な制約をかけた収集タスクをかんたんに実行できます。例えば、人事が特定の期間内に従業員から投資証明書を収集したい場合、リンクに有効期日を追加するだけで、提出期限を全員に通知できます。

ドキュメントのバージョン管理の活用
ドキュメントのバージョン管理の活用  

ドキュメントのバージョン管理の活用

あるプロジェクトにおいてユーザーが複数のドキュメントをアップロードする場合、既存ファイルの改定版として同一名称でアップロードするのか、別のファイルとしてアップロードするのかを設定できます。

ユーザーの提出を常に把握
ユーザーの提出を常に把握  

ユーザーの提出を常に把握

組織やチームは、いつ誰がファイルを提出したか追跡を希望する傾向があります。したがって、ユーザーがファイルを提出する度に、WorkDriveはリアルタイムで更新します。

ユーザーデータをリクエスト
ユーザーデータをリクエスト   

ユーザーデータをリクエスト

ユーザー情報の収集はどのような収集プロセスでも重要です。WorkDriveでは、名前、電話番号、メールなどの詳細をかんたんに尋ねて、収集リンクに誰がアクセスしているかを明確にできます。

データの整合性を維持

個人情報でも仕事上の情報でも、収集したデータは必ず保護しなければなりません。WorkDriveでは、ユーザーはファイルのアップロードができるだけで、他の人がアップロードしたドキュメントにはアクセスできません。

データの整合性を維持データの整合性を維持

すべてのシナリオに合わせた収集オプション

 

社内関係者にファイル提出を依頼

人事記録作成用に従業員データの収集が必要ですか?社内収集リンクを作成するだけで、社内のWorkDriveユーザーからファイルを受領できます。

 

外部ユーザーからドキュメントを収集

財務情報を収集する資産管理の専門家や入札を募る建設会社が、外部収集リンクを使用してインターネットで誰からでもファイルを受領できます。

Zoho WorkDriveを使用して誰からでもファイルを収集

無料登録