イシュー管理で問題を迅速に修正

Zoho Projectsのイシュー管理モジュールでは、ソフトウェアプロジェクトで発生する問題やバグを登録、追跡、修正することができます。管理者やマネージャーは、必要に応じて問題のライフサイクルのステータスやワークフローを設定できます。

問題の登録と整理

Zoho Projectsのイシュー管理システムにより、管理者はステータスに基づいて権限を設定したり、問題のステータスを変更したり、問題を削除することが可能になります。これにより、イシュー管理のすべてのステップがかんたんになります。

カスタムワークフローを作成

イシュー管理の柔軟なワークフローパターンを使用すれば、プロジェクトごとに異なるワークフローを定義できます。会社固有のニーズを反映したワークフローを、かんたんに設定することができます。

通知の設定

プロジェクト内のイシュー管理ライフサイクルで発生するさまざまなイベントについて、ユーザーにメール通知を送信できます。通知のタイミングと宛先を設定することができます。

ビジネスルールを定義

ビジネスルールを定義すれば、特定の条件を満たした場合に、重大度・優先順位・モジュールの変更やユーザーへの問題の割り当てなどのアクションを実行できます。

重大度の設定

重大度とは、障害がアプリケーション自体やその使用にどの程度の悪影響を及ぼすかを示す値です。独自のラベルを作成して、問題をグループ化することができます。

[マイ課題]ビュー

[マイ課題]ビューには、報告された問題または割り当てられた問題が一覧表示されます。これにより、修正が必要な問題の数を把握でき、すべての問題を覚えておく手間が省けます。