個人情報保護について

TRUSTe

更新日: 2016年9月30日

概要

Zoho Corporation(以下、「ゾーホーコーポレーション」)では、Zohoサービスの利用者(以下、「ユーザー」)からお預かりした個人情報の厳重かつ適正な管理に努めています。このページでは、ゾーホーコーポレーションにおけるユーザーの個人情報保護の実践に関して説明します。Zohoサービスを利用する場合、ゾーホーコーポレーションは、ユーザーが本ページのポリシー「Zohoプライバシーポリシー」(以下、「本ポリシー」)に同意したものとします。本ポリシーに同意できない場合、Zohoサービスを利用することはできません。本ポリシーは、Zohoサービスサイト www.zoho.comのみに適用されます。本ポリシーは、今後、改定される場合があります。

ゾーホーコーポレーションによる個人情報の取扱い、またはデータ利用に関して、十分な説明がなされない未解決事項がある場合は、米国の第三者紛争解決機関まで連絡してください。(無償窓口)

また、ゾーホーコーポレーションは、スイスより取得した個人情報に対して、米国商務省により規定される、米国とスイス間のセーフハーバー協定の枠組みに従って取得、利用し、それを保有します。ゾーホーコーポレーションは、通知、方法、転送、セキュリティ、データの整合性、アクセス、実施に関して、セーフハーバーの指針を忠実に守ることで認証されています。セーフハーバープログラムやゾーホーコーポレーションの認証に関する詳細はこちらを参照してください。

 

E.U.と米国間のプライバシーシールド

ゾーホーコーポレーションは、E.U.と米国間のプラバシーシールド フレームワークに準拠し、その認定を受けています。ゾーホーコーポレーションは、このプライバシーシールドフレームワークに則り、E.U.加盟国から取得したすべての個人情報を、フレームワークの適用原則に準拠して取り扱います。プラバシーシールドフレームワークに関するさらに詳しい情報は、米国商務省のプラバシーシールドリストを参照してください。

ゾーホーコーポレーションは、プラバシーシールドフレームワークに則り、取得した個人情報の取扱いに責任を持ち、取得した個人情報を事後に第三者に移転する場合は、その第三者をゾーホーコーポレーションの代理人とし、移転した個人情報に関する責任を持ちます。ゾーホーコーポレーションは、EUより今後取得する個人情報、および、今後第三者への移転責任が発生する情報に関して、プラバシーシールドの原則に準拠して取扱います。

プライバシーシールフレームワークにしたがって取得または第三者に移転した個人情報に関して、ゾーホーコーポレーションは、U.S.連邦取引委員会による調整執行権限に従います。特定の状況下において、ゾーホーコーポレーションは、国家安全に関わる場合や法的機関を含む、公的機関からの法的な照会に際して、個人情報を開示する場合があります。

ユーザーは、特定の条件下にお いて、(詳細はプライバシーシールドのウェブサイトを参照してください)紛争の解決手段が見つからない場合、拘束力のある仲裁協会を通じて解決を求める事ができます。

児童に関する個人情報の保護

Zohoサービスでは、故意に13歳未満のユーザーから個人情報を取得することはありません。

 
個人情報の保有とその利用
    • 個人情報

    ユーザーアカウントを登録するために、ユーザーは、サインアップ(ユーザー登録)時に固有のユーザー名、電子メールアドレス、およびパスワードを入力します。ユーザー名および電子メールアドレスは、ゾーホーコーポレーションからの新サービスやリリース、イベントや本ポリシーの改定に関する情報提供にも利用されます。

    Zohoサービスを利用するために、ユーザーは、サインイン時にユーザー名とパスワードを入力します。ユーザー名とパスワードは、ユーザーアカウントへのアクセスに限定して利用されます。 ユーザーは、サインアップ時に秘密の質問とパスワードの設定を行うオプションを選択できます。これは、ユーザー自身でパスワードをリセットするために利用します。

    ユーザーは、Zohoサービスの利用に際し、第三者の個人情報をZohoサービスの連絡先やデータベースに保存することがあります。それらの情報には、第三者の名前、電子メールアドレス、住所、電話番号などが含まれる可能性があります。このような個人情報は、ユーザーの要望に従ってZohoサービスの一環として利用されます。いかなる場合でも、販促目的で外部に提供されることも、ユーザーが明確に同意していない目的で利用されることもありません。

    「ブログ」や「ユーザーフォーラム」などにコメントを投稿する場合には、ユーザー名と電子メールアドレスを入力します。

    ZohoサービスおよびWebサイトを友人に紹介する機能では、ユーザーは、その友人の名前と電子メールアドレスを入力します。提供された情報を元に、Zohoサービスからその友人に一度だけ電子メールが送付されます。 友人が自身の個人情報をゾーホーコーポレーションのデータベースから削除したい場合は、こちらへ英語で電子メールを送付してください。

    ユーザーの事前同意を得た上で、Zoho サービスに関するユーザーからの「称賛の声」をWebサイトにて紹介しています。公開内容には、名前などの個人情報が含まれることもあります。このような場合、ゾーホーコーポレーションは、公開された個人情報、および、公開された結果に関して責任を負いません。

    ユーザーアカウントの利用情報ユーザーのアカウント利用情報(時間、頻度、利用期間、利用分布、利用した機能、ストレージ利用容量など)が記録されます。これらの情報は、ユーザーのZoho サービスの使いやすさの向上、可能な限り最良のサービスの提供に利用されます。

    • ユーザーアカウント内のコンテンツ

    ユーザーアカウント内に保存されたファイルやドキュメント、ToDoリスト、電子メール、その他のデータは、米国にあるゾーホーコーポレーションの設備にて保有し、管理されています。Zohoサービスを利用する場合、ゾーホーコーポレーションは、ユーザーが自分のアカウント内のデータが国外に保管されることに同意したものとします。また、エラーやシステム障害によるデータ損失の防止のために、ユーザーアカウント内コンテンツを含むデータのバックアップが保管されています。ユーザーアカウント内コンテンツは、ユーザーアカウントの削除や利用停止後もゾーホーコーポレーションのサーバー上に残存する可能性があります。ゾーホーコーポレーションは、法的義務、紛争解決、権利行使に従い、必要に応じてユーザーの個人情報とアカウント内のデータを保有し、利用します。このような場合でも、本ポリシーやZohoサービス規約で言及される場合を除き、ユーザーアカウント内コンテンツに対して、他のユーザーへの公開やゾーホーコーポレーション社員による不必要な分析のないことを保証します。また、ユーザーアカウント内コンテンツは、宣伝等に利用されることはありません。

    • クレジット決済情報

    有料Zoho サービスのオンライン購入時に、ユーザーはクレジットカード情報など決済処理に必要な情報を入力します。これらの情報は、決済処理に限定して利用され、クレジットカード保有者の名前と住所、クレジットカードの有効期限、及びクレジットカード番号の下4桁の数字を保存し、それ以外の情報は、保存されることは一切ありません。契約更新ごとの決済処理で必要となる場合には、ユーザーの事前同意を得た上で、本ポリシーを順守する、安全で信用でき決済代行業者のセキュリティ管理されたサーバーに名前やクレジットカード番号、有効期限などユーザーの情報を、暗号化して保存します。

    • 訪問者情報

    Webサイトへの訪問者に関して、インターネットプロトコルアドレス、ブラウザーの種類、ブラウザー言語、参照URL、アクセスしたファイル、発生したエラー、タイムゾーン、OS等の情報が収集され、ログファイルに保管されます。これらの情報は、傾向分析やWebサイト管理、訪問者の動向把握、Webサイトの改良のために利用されます。このように自動的に収集された訪問者情報は、ユーザーに関して収集される他の情報と紐づけられます。

     
Cookieとその他のトラッキング技術について

Zohoサービス利用の利便性を向上するために、サインインの際にCookieを利用しています。利用するCookieは、テンポラリーCookieとパーマネントCookieです。テンポラリーCookieは、ブラウザー終了時に消滅します。Zohoサービスへのサインインで、「サインイン状態の維持」オプション(英語版のサインインのページでは「Keep me signed-in」)を選択すると、ユーザーのコンピューターにパーマネントCookieが保存され、ユーザー名やパスワードを入力することなく、Zohoサービスの利用が可能です。Cookieがブロックされている場合、このオプションは無効です。「サインイン状態の維持」オプションが選択されると、Cookie情報をユーザーの電子メールアドレス情報と紐付けて保持しています。

ゾーホーコーポレーションやそのパートナー(リセラーパートナーなど)、関連会社、サービスプロバイダー(分析サービスプロバイダーなど)は、Cookie、ビーコン、タグ、スクリプトといったトラッキング技術を利用します。これらのトラッキング技術は、傾向分析、ウェブサイト管理、ユーザーのウェブサイト内での行動追跡に利用され、ゾーホーコーポレーションのユーザーベース全体の統計情報の収集のために利用されます。これらの技術を利用して、関連会社が作成したユーザー単位や統計情報のレポートを、ゾーホーコーポレーションが受け取ることがあります。

コンテンツ情報やユーザーの好みを蓄積するために、HTML5のようなローカルストレージオブジェクト(LSO)を利用しています。ゾーホーコーポレーションのパートナーである第三者が、HTML5のようなLSOを使って情報を収集・保管する機能をウェブサイトに追加をし、ユーザーのサイト閲覧行動に基づいた広告を掲示しています。HTML5 LSOを削除する専用の管理ツールを提供しているウェブブラウザーもあります。

行動ターゲティング/リターゲティング

ゾーホーコーポレーションは第三者と提携し、外部サイトで広告を掲載しています。提携パートナーは、Cookieなどの技術を利用し、ユーザーの本ウェブサイト内や外部サイトでの行動について情報を収集することがあります。ユーザーの閲覧行動や興味に基づき広告を提供する目的で、情報が収集されます。ユーザーの興味に基づく広告掲載の目的で情報収集することを停止したい場合はこちら(EU圏では、こちら)ことで停止できます。ただし、外部サイト上 一般に掲載される広告に関しては表示を停止することはできません。

外部リンク先の個人情報の扱い

Webサイトの一部では、外部のWebサイトへのリンクをしているページがあります。外部のWebサイトにおける個人情報の取り扱い、管理については、その外部Webサイトの個人情報保護のページを参照して下さい。​

連合型認証

ユーザーは、Facebook Connectのような連合型認証を利用してZohoサービスにログインできます。これらのアカウント認証サービスにより、ユーザーのID認証と、名前やメールアドレスなどの特定の個人情報をゾーホーコーポレーションに共有し、Zohoサービスのサインアップフォームに自動入力することができます。

個人情報の利用範囲

ゾーホーコーポレーションは、専らZohoサービスを提供するという目的のために、関連会社、リセラー、サービスプロバイダー、ビジネスパートナーに対してユーザーの個人情報とアカウント内のデータを提供する場合があります。ゾーホーコーポレーションがサービスプロバイダー等にユーザーの個人情報やアカウント内のデータを開示する目的には、データストレージ、データベース管理、ウェブ分析、支払処理などがあり、また、これに限りません。サービスプロバイダーはこれらのサービスを提供する場合に限り、ゾーホーコーポレーションから委任され、ユーザーの個人情報とアカウント内のデータを利用します。この場合、ゾーホーコーポレーションは、これらの関連会社、リセラー、サービスプロバイダー、ビジネスパートナーが当規約に応じ、適切な守秘義務と安全対策を採用している事を保証します。Zohoサービスの提供と直接に関係しない目的のため、ゾーホーコーポレーション外の人物に個人情報とアカウント内のデータを開示する場合、ユーザーからの明確な許可を事前に取得します。本ポリシーに記載された方法に限り、ユーザーの個人情報を第三者に提供します。第三者にユーザーの個人情報を販売することはありません。一方、訪問者やユーザーの個人情報を特定できない一般的な統計情報については、ゾーホーコーポレーションのビジネスパートナーやスポンサーに提供する場合があります。

ゾーホーコーポレーションが運営を行なっている地域の準拠法に応じて、ゾーホーコーポレーションは司法手続きもしくは法的強制力のある政府の要請に従い、ユーザーの個人情報およびユーザーが保有するアカウント内の情報を司法当局に提供する義務を負う場合があります。

また、ゾーホーコーポレーションが単独かつ無条件の裁量権により、ユーザー全体やゾーホーコーポレーション社員、もしくは一般市民を保護するために必要だと判断した場合、ユーザーの個人情報およびユーザーが保有するアカウント内の情報を司法当局に提供する場合があります。ゾーホーコーポレーションの合併、買収、事業や資産の売却に巻き込まれた際に、ユーザーへ本ポリシーのユーザーの個人情報の管理権限や利用に関して変更があった場合は、事前にメールかつ/またはウェブサイト上で通知します。また、同時に個人情報に関して具体的な方法についても同様に通知します。​

個人情報の安全な管理

Zohoサービスのユーザーアカウントにてユーザーが作成したデータや、Webサイトから登録されたユーザー名や電子メールアドレス、パスワードやトランザクション等の個人情報は、厳重かつ適正に管理され、不正アクセス、不正利用、破壊、漏えい、改ざんなどの危険からの保護に努められます。ゾーホーコーポレーションの社員は、守秘義務契約を締結しており、サービス提供上必要な場合に限り、ユーザーの個人情報へアクセスします。​

個人情報の利用停止

ゾーホーコーポレーションは、ユーザーに対してZohoサービスに関するサービスリリースやイベントの情報をメールで配信しています。ユーザーは、ゾーホーコーポレーションからのニュースレターや各種案内やお知らせの電子メールの配信を停止することも可能です。ユーザーは、ゾーホーコーポレーションから送付されるニュースレター等の電子メールに記載された、「購読停止」(英語版の電子メールでは「unsubscribe」)リンクから、それらの通知メールの配信を停止することができます。ただし、本サービスの管理上の通知、本ポリシーの変更等のお知らせに関しては、本サービスの運営上重要であるため、受信を停止することはできません。

また、万が一、本ポリシーに記載された目的以外でユーザーの個人情報を利用しなければならない事由が発生した場合、必ず、ユーザーの事前同意を取得します。

個人情報の開示、訂正、削除

ユーザーからの要求に応じて、ゾーホーコーポレーションは、ユーザーに関する個人情報を保有しているか否かを、ユーザーに回答します。ユーザーは、ゾーホーコーポレーションが保有するユーザーの個人情報を訂正したい場合、削除したい場合には、ユーザーアカウントにアクセスして設定変更を行うか、または、相談窓口まで連絡してください。ユーザーの個人情報には、ユーザーが直接提供した、あるいは、フォーラムで公開された、あるいはサイト上でお客様の声として公開された情報も含まれます。お問い合わせに対しては、ゾーホーコーポレーションより30日以内に一次回答をします。また、回答後、お問い合わせによる個人情報の変更が有効になるまで、最大48時間が必要です。​

違法行為の捜査等の特別な状況

違法行為、サービス規約の違反などの疑いがある場合、ユーザーの個人情報、ユーザーアカウントのコンテンツをゾーホーコーポレーション社員またはサービスプロバイダーに提供することがあります。このような場合でも、ゾーホーコーポレーションは本ポリシーに従い、かつ必要な機密保持などのセキュリティ対策を行ったうえで、上記の情報を提供します。​

個人情報保護についての相談

ゾーホーコーポレーションでは、Webサイトからお預かりしたユーザーの個人情報とユーザーアカウントのコンテンツの取り扱いに関して、本ポリシーの順守を確認するために定期的な審査を行っています。ゾーホーコーポレーションの個人情報の取扱いに関する本ポリシーの順守や、サービス提供目的での個人情報の利用方法に関して不明点等のある場合には、相談窓口へ連絡してください。ゾーホーコーポレーションは、依頼者に連絡したり、必要に応じて、司法当局と協力したりして、問題解決に努めます。​

変更通知

本ポリシーに関して変更があった場合は、サービス通知や電子メールによりユーザーに案内し ます。ユーザーの権利に関わる重要な変更については、変更が実効となる30日前にユーザーに 電子メールで通知します。ユーザーは事前通知を受け、Zohoサービスの利用に関連してユー ザーの権利に大きな影響を与える方法で本ポリシーが変更されたと確認できる場合、対象とな るZohoサービスの利用を停止できます。本ポリシー変更の実効日を過ぎてもサービスを継続利 用しているユーザーは本ポリシーの変更に同意したものとみなします。 本ポリシーに関する些細な変更内容に関しては、メールによる通知は行いません。ゾーホー コーポレーションのユーザーの個人情報の取り扱いに関しては、定期的に本ページの記載を確認してください。​

ブログとユーザーフォーラム

Webサイト上に、ブログやユーザーフォーラムなど、ユーザーが情報を投稿し情報共有を行うことができる公開の場が提供されます。情報の投稿には、ユーザーは、Zohoサービスへサインアップを行います。投稿された公開情報は、ユーザーやWebサイトの訪問者は、だれでも閲覧することができます。ブログやユーザーフォーラムは、公開の場というサービスの性質から、サービス内で公開された個人情報は、ユーザーへの広告メールや同意を得ない電子メールの送付に悪用されるおそれがあります。ゾーホーコーポレーションは、ユーザーがブログやユーザーフォーラムにおいて不用意に個人情報を公開しないことを推奨します。ユーザーが公開した個人情報に関して、ゾーホーコーポレーションは責任を負いません。

また、Webサイト上ではFacebookやTwitterのボタンなどの第三者製のウィジェットがサポートされています。これにより、ユーザーは異なるプラットフォーム上の記事やその他の情報を共有することができます。これらのウィジェットはユーザーのIPアドレス、ウェブサイト内の閲覧ページを取得します。Cookieを設定してウィジェットが適切に機能するよう有効化します。これらのウィジェットは、単に情報共有の利便性のために機能し、ユーザーの個人情報を収集または保有することはありません。これらのウィジェットを利用した通信は、ウィジェットを提供する企業の個人情報保護方針に基づき管理されます。​

個人情報保護に関する苦情、相談、お問い合わせ

ゾーホーコーポレーションの個人情報の取扱いに関する苦情、相談、またはお問い合わせは、下記相談窓口に連絡してください。ゾーホーコーポレーションは、ユーザーから受け取ったお問い合わせに対して、ユーザーの特定を行った上で30日以内に回答します。

【相談窓口】 ​

Zoho Corporation Privacy Policy Enquiries(※英語のみ) ​

Email: legal@zohocorp.com

ゾーホージャパンZoho事業の個人情報保護については こちら をご参照ください。

情報処理における開示

この認証は、ゾーホーコーポレーションがウェブサイト(www.zoho.com)やZohoサービスを通じて取得した情報の、取得と利用と開示に関して適用されます。Zohoサービスを通じて取得された情報は、Zohoサービスをユーザーに提供する目的以外に利用されることはありません。

ユーザーは自身の個人情報にアクセスする権利を有します。ゾーホーコーポレーションはユーザーの個人情報を取り扱いますが、個々のユーザーと直接的な関係を保有していません。ユーザーは個人利用としてZohoサービスを利用している場合、ゾーホーコーポレーションに直接連絡し、不正確なデータの修正、是正、削除を行うことができます。その他の場合、自身の個人情報にアクセスし、修正、是正、削除を行うには、その依頼を、Zohoサービスのデータコントローラーである管理者に依頼してください。ゾーホーコーポレーションは削除要求を受領後、合理的な期間のうちにその要求に対する対応を行います。ゾーホーコーポレーションはユーザーの代理として取り扱う個人情報に関して、Zohoサービスをユーザーに提供するために必要な限りにおいて、その情報を保持します。また、ゾーホーコーポレーションは法的措置、紛争解決、同意事項を遵守する必要がある場合に、個人情報を保持する場合があります。

Zohoサービスを提供するために必要な場合において、サードパーティーサービスプロバイダーに個人情報を移転する場合があります。情報移転先の第三者は、ユーザーへの告知とユーザーによる選択、及びサービス利用規約において、本プライバシーポリシーと同等の規約を適用されます。