休暇管理の手間を省く

人事担当者の受信トレイは、承認待ちの多くの休暇申請であふれていることでしょう。今後は、組織の休暇タイプや手当をカスタマイズすることで、面倒な作業から解放されます。

固有のルールを作成

休暇管理をカスタマイズできるということは、システムを必要に応じて設定できます。また、休暇手当、PTO、持ち越し日数、未払い金の計算もかんたんになります。複数の地域や国にオフィスがある場合、ロケーションごとに休日を設定できます。

休暇を取りやすく

従業員は、休暇取得日数、休暇残日数を確認し、Webまたはモバイルから休暇を申請できます。オフィスにいる人、オフィスにいない人を従業員が知ることができ、ミーティングのスケジュールが立てやすくなります。

直接レポート

Zoho Peopleを使用すると、各従業員の休暇取得日数、休暇残日数をまとめた包括的なレポートにアクセスできます。LOPと給与計算レポートにより、各従業員の給与支払い対象日数や対象外日数を計算できます。管理者とマネージャーは、組織全体や部門全体のレポートも取得できます。

欠勤も忘れずに記録

自動スケジューリング機能により、欠勤を休暇に変換できます。これにより、人事が休暇持ち越し対象者または給与減額対象者をかんたんに特定できるようになります。

部署ごとの勤怠状況の確認

部署単位で休暇のカレンダーを表示できます。誰が出勤して誰が休暇をとる予定かを一目で確認し、ミーティングの日程調整や仕事の割り振りを効率的に行えます。