Zoho Peopleは組織の規模を問わず従業員情報を幅広く管理できます。 主な設定と概要は一覧を御覧ください。

ユーザーの追加ユーザー情報はシステムへの直接入力、ユーザーへの招待、インポートによって追加できます。ユーザーに関するすべての情報を一元管理することでいつでも簡単にデータ取得が可能になります。 組織の設定企業名、Webサイトのアドレスや所在地など組織の基本情報を追加します。特権管理者を決め、組織のロゴをアップロードします。
アクセス制限役職を追加し役職ごとのアクセス権限を決めます。項目の閲覧可否やIPアドレスによる制限を設定します。  休暇申請・管理就業規則に則して休暇の種類を設定します。休暇の取得状況などレポートを利用して従業員の休暇管理を効率的に行います。
工数管理それぞれの作業にどれだけの時間が費やされているか、簡単に記録できます。日々や週ごとに履歴を残しカスタムレポートを作成します。 勤怠管理従業員の勤務時間や出退勤状況、残業時間などを把握します。
   ファイル組織の公的な書類から個人作成のものまで様々なファイルを共有できます。    リマインダーフォームの日付フィールドを選択することでリマインダーを送信します。送信日時も設定可能です。
フォームと項目のカスタマイズテキストボックスやラジオボタン等、フィールドを選択してドラッグ&ドロップするだけで独自フォームを作成できます。各フィールドの表示順序を変更したり、編集・削除も簡単に行うことができます。データの一覧&レポート連携指定の基準にあったレコードのみ抽出するフィルター機能やダッシュボードでレポートを表示するためのカスタマイズができます。
メール通知自動メールの送信を設定し、申請の確認や承認、ステータスの更新などやらなければならない作業をリマインドします。    承認すべてのフォームで承認経路の設定が可能です。承認経路は複数の承認段階をもつことができます。
チェックリスト総務や人事業務のプロセスで実施しなければならない作業をリスト化し、どこまで対応が進んでいるかをチェックします。作業スケジュールを設定することでより効率的に業務を進めることができます。お知らせ従業員向けお知らせを投稿します。お知らせはセルフサービスの画面に表示され、従業員が最新情報を確認できるようになっています。
Webサイト連携フォームをWebサイトに公開することで、Webサイトから直接Zoho Peopleへデータが追加されるようにします。   モバイルアプリモバイルアプリを使って社外から出退勤を記録します。