Zoho Peopleでは、データや操作に関する権限を設定できます。データは様々なフォームに保存されています。このため、どのフォームに誰がアクセスできるかを設定することは重要です。Zoho Peopleでは、フォームだけではなく、フォームの中の項目、また、データに対する操作ごとに権限を設定できます。役職に応じて異なる権限を設定可能です。データの操作については、表示、追加、編集、削除の権限を設定できます。権限を付与された従業員のみが、該当のフォームにデータの表示、追加、編集、削除が可能です。

設定できる権限は次のとおりです。

  • 役職の設定&役職ごとの権限の設定
  • フォームへのアクセス権限の設定
  • データの表示/追加/編集/削除の権限の設定
  • 組織階層に応じたデータへのアクセス権限の設定(自分のデータ、部下のデータ、自分+部下のデータ、すべてのデータ)
  • フォーム内の項目ごとの権限の設定
  • フォーム内の複数の項目の権限の一括設定
  • インポート/エクスポートの権限の設定
  • 管理者以外のユーザーへの管理者権限の付与
  • 操作ごとの権限の設定
  • IPアドレスによるアクセス制限