従業員にできることは従業員に

従業員について、一番正確な情報を持っているのは従業員自身です。自分のデータにアクセスし、必要に応じて変更できるように設定できます。

住所、婚姻や出産などの家族構成の変化の際に、いちいち紙やエクセルで記入して申請してもらう必要はありません。最新で正確な情報を従業員自身に入力してもらいましょう。常に情報を最新に保つために、定期的に通知を送信することも可能です。

従業員に自分でやってもらえること(=総務人事の負担が減ること):

  • 個人情報の変更
  • 出退勤情報の記録と確認
  • 休暇の取得実績と残日数の確認
  • 工数の記録と確認
  • お知らせの投稿・情報共有
  • 自分のデータのエクスポート
  • 出張申請
  • 研修申請
  • 経費精算
  • 承認状況の確認
  • 福利厚生の確認