従業員の勤怠を記録

従業員の欠勤をリアルタイムで把握し、その日の計画を立てます。IPとロケーションの制限によって、モバイルの従業員はどこからでも出勤をマークすることができます。生体認証端末や他のAPIと連携させて従業員の勤怠を規則化し、より適切な決定を下すために役立つレポートを作成します。

動画を観る

ユーザー登録

安全で簡略化した勤怠管理のための顔認証

自撮り写真を撮るだけで、出勤をマークすることができます。多くの組織が利用しているリモートワークで、顔認証により従業員がどこからでも出勤をマークできるようになります。Zoho Peopleでは、Zohoのモバイルアプリで顔を認識し、AIによりその画像をプロフィール画像と自動照合します。

Zoho Peopleの顔認証が役立つ点

  • オンサイトとリモートの従業員が出勤をマークできます。
  • 従業員の出勤を確認し、なりすましを防止します。
  • 出勤の偽装や悪意のある行為を防止します。

どこからでも時間を記録

従業員に、ウェブとモバイルのどちらからでもチェックインやチェックアウトを行えるアクセス権を与えます。Zoho Peopleにより、従業員はより早くよりかんたんに時間を記録できます。

ロケーション追跡機能で従業員がモバイルで作業可能

従業員が常に移動している場合はどうなるでしょうか?勤怠管理システムに組み込まれたロケーション追跡機能により、従業員はどこからでもチェックインすることができます。

休憩の明確化と管理

異なるシフトで異なる休憩時間を設定します。有給または無給に分類します。手動または自動を設定します。シフトスケジューリングを完全に管理し、勤怠の規則化を自動化します。

柔軟なユーザーベースの設定

柔軟なユーザーベースの設定で、各従業員の詳細を確認できます。各従業員のシフトの設定や、IDの生体認証端末へのマッピング、従業員の勤怠記録の維持、勤務表の管理など、すべてZoho Peopleから行うことができます。

欠勤スケジューラー

直感的な欠勤スケジューリングで、時間と労力を削減します。かんたんに欠勤を休暇に変換できるため、貴重な時間を費やして不必要なデータをチェックする必要がありません。

生体認証端末と連携

Zoho PeopleアカウントとZOHOが提供するAPIを連携させることで、生体認証端末やその他の勤怠端末 を使用して従業員のチェックインとチェックアウトを把握できます。

さまざまなレポート

日ごとまたは時間ごとの勤務状況の要約を示すグラフィカルなレポートが用意されています。個々の従業員またはチーム全体のレポートを参照できます。カスタムの日付範囲やシフト、ロケーションなどのフィルターを使用すると、より詳細なドリルダウンが可能になります。

人事プロセスをシンプルに従業員を支援

ユーザー登録