WordPress用Zoho Mailプラグイン

WordPress用Zoho Mailプラグイン

WordPress用Zoho Mailプラグインを使用すると、WordPressサイトでZoho Mailアカウントを設定できます。Zoho Mailアカウントを使用して、WordPressからメールを送信できます。

Webサイトからのメールが有効で本物であると見なされるようにするには、承認されたサーバー構成のみを使用してメールを送信する必要があります。Webサイト用にメールサーバーを構成するのは、専門的で複雑すぎる場合があります。WordPressサイトでZoho Mail Word Pressプラグインを直接インストールすると、Zoho Mailのアカウントを使用してシンプルにメールを送信できます。 

WordPress用Zoho Mailプラグイン - 要件

WordPress用Zoho Mailプラグインを使用するには、自己ドメインでホスティングしているWordPressサイトが必要です。 

  • Zoho Mailアカウント
  • 自己ドメインでホスティングしているWordPressサイト
  • PHP 5.6以降

WordPressにZoho Mailプラグインをインストールする方法

  1. 自己ドメインでホスティングしているWordPressアカウントにサインインし、管理ダッシュボードに移動してください。
  2. 左側のメニューから[プラグイン]>[新規追加]セクションに移動してください。
  3. 検索バーを使用してZoho Mailプラグインを検索し、プラグインの横にある[今すぐインストール]ボタンをクリックしてください。
  4. Zoho Mailプラグインは、ここからインストールすることもできます。 
  5. プラグインを有効にするには、[プラグイン]>[インストール済みプラグイン]セクションに移動してください。
  6. Zoho Mailプラグインに対応する[有効化]ボタンをクリックしてください。
  7. これで、WordPressアカウントでZoho Mailプラグインが有効になります。

パラメーター - Zoho Mail WordPressプラグイン

パラメーター説明
クライアントドメインZohoアカウントデータが存在するドメイン  (Zohoでホスティングされている有効なドメインの1つ)
クライアントIDDeveloperコンソールでアプリケーションを登録するときに割り当てられたクライアントID(Zoho Developerコンソールで生成)
クライアントシークレット登録済みアプリケーションのクライアントシークレット(Zoho Developerコンソールで生成)
承認されたリダイレクトURIクライアントIDを作成するためにサイトから取得したコールバックURI(WordPress設定ページから使用可能)
送信者メールアドレスすべてのメールの送信時に使用されるメールアドレス(Zoho Mailアカウントの送信者メールアドレス/メールエイリアス) 
送信者名WordPressからすべてのメールを送信するときに表示名として表示される名前

Zoho Mailプラグインの設定

プラグインをインストールしたら、WordPressでZoho Mailアカウントを設定し、Zoho Mail API経由でメールを送信する必要があります。

  1. プラグインをインストールすると、左側のメニューにZoho Mailプラグインのタブが表示されます。このタブの下にあるZoho Mailアカウントの設定ページに移動してください。 
  2. そのページに記載されている承認済みリダイレクトURIをコピーしてください。 
  3. Zoho Mailアカウントにサインインし、Zoho Developerコンソールにアクセスしてください。
  4. [クライアントIDの追加]をクリックして、新しいクライアントIDとクライアントシークレットを作成し、Zoho Mail APIにアクセスしてください。
  5. WordPressアカウントからコピーされた承認済みリダイレクトURIと、適切なクライアント名クライアントドメインを入力してください。
    ​​
  6. [作成]をクリックして、クライアントIDとクライアントシークレットを受信してください。
  7. WordPressダッシュボードのZoho Mailアカウント設定ページに移動して、プロセスを完了してください。
  8. このページで、取得したクライアントIDクライアントシークレット送信者のメールアドレスと名前を入力してください。

    「FromEmailId」は、クライアントシークレットが生成された同じアカウントの送信者メールアドレス(初期設定のメールアドレス/メールエイリアス)にする必要があります。 
  9. [承認]をクリックしてください。
  10. Zohoアカウントデータへのアクセス権限を求める同意画面が表示されます。[承諾]をクリックしてください。

これで、Zoho Mailアカウントを使用して、WordPressサイトからメールを送信できるようになります。

プラグインのテスト 

WordPressアカウントでZoho Mailプラグインを設定したら、テストメールを送信してプラグインの機能を確認できます。

  1. WordPressダッシュボードの左メニューで、[Zoho Mail]>[テストメール]に移動してください。
    ​​
  2. 次の詳細を入力してください。
    • 宛先:受信者のメールアドレス
    • 件名:メールの件名
    • 内容:メールのメッセージまたは本文
  3. [メールを送信]をクリックしてください。

テストメールが送信され、プラグインの設定に使用したZoho Mailアカウントの[送信済み]フォルダーに入ります。初期設定では、アカウントの送信元アドレスを使用してメールが送信されます。 

注:

  • 設定した送信元アドレスと宛先アドレスが同じであれば、プラグインを介して送信されるメールの返信先アドレスを設定できます。
  • HTMLメールは、Zoho Mailプラグインでサポートされています。HTMLメールは、コンテンツタイプがヘッダーで適切に設定されている場合、メールを開始するプラグインによって送信されます。詳細については、こちらをクリックしてください。 
  • Zoho Mail経由でのメールの送信は、利用規定の制限の対象となります。詳細については、利用規定ページを参照してください。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com