送信フィルター

送信フィルター

Zoho Mailの送信フィルターを使用すると、送信メールを整理できます。また、送信メールに対して特定の処理を自動的に実行することもできます。

新しいフィルターの作成

  1. Zoho Mailにサインインしてください。
  2. [設定]アイコンをクリックしてください。
  3. [フィルター]に移動してください。
  4. 複数のメールアカウントが設定されている場合は、必要なアカウントを選択してください。
  5. [送信メールフィルター]タブを開きます。[新規フィルター]をクリックしてください。
  6. [フィルターの作成]ダイアログボックスが画面に表示されます。このダイアログボックスで、名前、フィルター条件、処理を入力する必要があります。
  7. フィルターを識別するための名前を指定してください。
  8. フィルター処理の実行方法を選択してください。
    • いずれかの条件が一致する場合(「OR」に基づくフィルター) - 条件のいずれかが一致する場合でも、処理が処理されます。
    • すべての条件が一致する場合(「AND」に基づくフィルター) - 指定されたすべての条件が一致する場合にのみ、処理が処理されます。
    • すべての受信メッセージ - 条件が一致するかどうかに関係なく、すべての受信メッセージに対して処理が処理されます。
  9. [条件の種類]に対して必要なパラメーターを選択し、特定のパラメーターに対して[条件]を指定してください。 
  10. 指定した条件を連結させるための照合パターンを選択してください。選択したパラメーターによって、利用可能なオプションは異なります。 
    1. 例:[差出人]パラメーターの場合、パターンは、[次を含む]、[次で始まる]、[次で終わる]などになります。 
    2. [優先度]パラメーターの場合、照合パターンは、[次に一致する]、[次より大きい]、[次より小さい]となります。
  11. 必要な条件を追加した後、フィルターに設定する処理を選択してください。
  12. [フォルダーへ移動]、[フラグ付け]、[タグ付け]処理の場合、処理項目の横のドロップダウンメニューから、適切なフォルダー、タグ、フラグを選択してください。
  13. 他のフィルターの実行を停止するには、[他のフィルターの処理の停止]を選択してください。
  14. [保存]をクリックして、フィルター設定を保存してください。

条件と処理

条件

作成されたフィルターは、条件の種類の範囲内で指定した条件に一致するすべてのメールに適用されます。送信フィルターで使用可能な条件と動作パラメーターは次のとおりです。

条件動作パラメーター
[差出人][次を含む]、[次を含まない]、
[次で始まる]、[次で終わる]、
[次に一致する]、[次に一致しない]
[件名]
[宛先]
[Cc]
[宛先]/[Cc]
優先度[次に一致する]、[は次より小さい]、[は次より大きい]
[間][日付]、[時刻]

処理

次に示すのは、フィルター条件に一致するメールに対して実行される処理です。

  • フォルダーへ移動 - フォルダーを選択して、メールをそのフォルダーに移動できます。新しいフォルダー名を入力して[作成]をクリックし、新しいフォルダーを作成することもできます。
  • フラグ付け - 選択したフラグ(情報/重要/フォローアップ)がメールに適用されます。
  • タグ付け:選択したタグがメールに適用されます。
  • Ccに自動的に追加 - 指定した連絡先が、メールの送信時に自動的にCc項目に追加されます。
  • Bccに自動的に追加 - 指定した連絡先が、メールの送信時に自動的にBcc項目に追加されます。
  • 署名の追加 - 選択した署名が、条件に一致するメールに追加されます。

    注:

    [署名の追加]フィルターを設定する際は、次のルールに従う必要があります。

    • フィルター条件に一致するメールの内容には、送信前に署名を含めることはできません。
    • フィルターの作成時に選択した署名は、どのメールアドレスにも関連付けることはできません。
  • 開封確認 - メールについて[開封を確認する]または[確認しない]オプションを選択できます。
  • 優先度の変更 - メールの優先度として、[高][中]、または[低]を選択できます。

この記事をシェアする : FacebookTwitter

必要な情報は見つかりましたか?

メールお問い合わせ窓口: support@zohomail.com